酵素カフェ

農薬と砂糖の害を除去する方法とアンチエイジングな桃の酵素ジュース

農薬と砂糖の害を除去する方法とアンチエイジングな桃の酵素ジュース

桃の産地、山梨県でお得なB級の桃をGETしたので、桃の酵素ジュースを作ってみました。

「邪気をはらう不老不死の果樹」として中国で珍重されている桃は、

紀元前二世紀頃の弥生時代から食されていたそうで、抗菌及び殺菌作用、抗癌作用、そして疲労回復や便秘改善、細胞の老化を防ぐと言われおり、

甘くて美味しい上に、優れたアンチエイジング果物なのです。

DSC_7010
農薬が気になる場合は、1分ほど重曹水に浸けて、水で洗い流します。

重曹の量はボールに小さじ1杯ほどで、浸けすぎるとビタミンが流失しはじめますので注意しましょう。

なぜ、重曹がいいかというと、農薬の塩素化合物が重曹のナトリウム(炭酸水素)に付着して塩化ナトリウム、つまり塩に変化することで農薬を除去できるとのことです。

DSC_7011適当な大きさに切って、あとは、いつもと通りに砂糖サンドにするだけ。

酵素の詳しい作り方について

DSC_7015
気温が高くなったせいか、発酵がはやいです。

半日でこんな感じになったので、かき混ぜまず。
DSC_7161

手作り酵素は、手の常在菌がいい働きをして腸内環境を整えます。
DSC_7218

2週間後、ちょっと贅沢な桃の酵素ジュースの出来立ては絶品な美味しさでしたが、

お砂糖の害を完全に抜くためには、1年以上「寝かせる」ことが肝要です。

酵素は「生きて」いるので、発酵し続けることによって砂糖の害がなくなっていくのですが、

実験的には最低1年はかかると、酵素作りの先輩から教わりました。

まあ、少量ならスグ飲んでもイイと思いますが・・・酵素作りには砂糖をたくさん使いますので、押さえておきたいポイントです。

少々痛んでいてもお得な素材を見つけたら、計りと砂糖、そして「待つ時間」さえあれば、DSC_7132白砂糖の「害」をも除去出来る酵素ジュースが簡単に出来ますよ〜


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 美味しそうですね。
    作ってみたいと思っていました。
    ヤマモモの木に実がなりだしたので熟したら作りたいとおもいます。

    その前にトマトは赤い物も筋肉にはいいのでしょうか

    • こんにちは、プリンさん。

      ヤマモモがアルなんて素敵ですネ。

      <トマトは赤い物も筋肉にはいいのでしょうか>

      筋肉に関しては、青いトマトに特有の成分がアリますが、赤いトマトは栄養&抗酸化作用たっぷりなので、結果としては筋肉アップにつながると思いますよ〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top