酵素カフェ

ウォーターサウンドな水の記憶と周囲に敏感な人のためのバッチフラワー

ウォーターサウンドな水の記憶と周囲に敏感な人のためのバッチフラワー

 

この宝石みたいなピンクの輝きを見ていたら、カラーセラピーで肌を若返らせる方法を思い出しました。

手のひらからピンクの光線が出るのをイメージして顔にあてるだけで、お肌がキレイになるそうですから、この写真を使ってやってみましょう!

10923301_785199488230073_880556425057236831_o赤ちゃんには、男児でもピンクがいいそうです

3月25日の長野の朝はマイナス8度だったそうで、氷の結晶が写真家の手にかかるとファンタジーの世界になります。
10551666_785199498230072_3774965736655509728_o 聡明さと浄化のブルーは、日本人のオーラに多くみられる色です

水は「記憶を保持」し、特定の周波数音により紋様を変化させることが実験で確かめられています。

water-sound-images.jpg

ドイツ人のアレクサンダー・ラウターヴァッサー著

翻訳者の増川いずみさんは、マサチューセッツ工科大学で量子力学の博士号をとってる方で、米国ではハイソな方々は普通の肉を決して口にしないそうです。

マクドナルドの肉より怖かったケンタッキーのチキン話

102.528ヘルツの音の振動で水に現れる紋様
102-528-Hz
34.35ヘルツの音の振動で水に示される形
34-35Hz.jpg
24.25ヘルツの音の振動で水に示される形
24-24Hz2.jpg
こういった水の特質を使って、植物の周波数を水に転写させたのがバッチフラワーですが、
最近の研究で、植物と人間はスポンジのように「周りの環境から吸収している」ことが指摘されています。
  『人間が他人からエネルギーを吸い取ることができるのは、植物と同じ」

ドイツのビーレフェルト大学の生物学研究チームが、革新的な発見を行った。植物は、代替のエネルギー源として他の植物からエネルギーを吸い取るというのである。

花は成長するために水と光を必要とするが、これは人間も同じである。私たちの肉体はスポンジのようなもので、周りの環境を吸収している。

Olivia Bader-Lee医学博士:

「エネルギーや感情がミックスされた特定のグループ設定の中で、居心地の悪さを感じる人が一部いるのは、まさにこれが原因なのです」

Olivia Bader-Lee医学博士:

「数年の間にエネルギーに関する研究がもっと進歩すれば、最終的にはこの原理が人間の場合にも適用されるかどうか、確認することができるようになるでしょう。

人体は植物と非常によく似ています。感情の状態を満たすために必要なエネルギーを吸収し、感情の誘因によって異なりますが、基本的にこれによって細胞にエネルギーを与えたり、あるいはコルチゾールが上昇し代謝作用で細胞を分解したりします。」

Bader-Lee博士によると、バイオ・エネルギーの学術現場は今、これまで以上に発達しており、植物や動物の世界に関する研究によって、エネルギーの形而上学者らが理解していることだ。

つまり、人間も植物と同様に、エネルギーを移動させるだけという単純さでお互いを癒しあうことが可能であるということが、もうすぐ翻訳され、実証されるだろう。

Bader-Lee博士:「人間は、他の人間や動物、また自然なものであれば何でも通して、吸収し癒すことができます。自然の中にいると、気持ちが高揚し、元気になる人が多いのは、それが理由なのです」

http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11885869274.html

 

医師であったバッチ博士は、80年以上も前に、こういった事に気づき、マイナス感情を癒す38種類の植物を特定し、7つのカテゴリーに分類しましたが、

・恐れと不安
・内心の不確かさ
・淋しさと孤独
・現実の事態への無関心
・人や周囲に敏感すぎる
・失意と絶望
・他人のことを気にし過ぎる

下記の「他人のことを気にしすぎる」と「人や周囲に敏感すぎる」人たちは、スポンジ状態のネガティブな影響を受けやすいかもしれません。

そんな時、該当するバッチフラワーを使うと「自分のエネルギーを呼び戻す」助けになりますよ〜

5 他人のことを気にしすぎる

行動の指針が、常に外側(他者)であり自分から目をそむけている状態です

3番 ビーチ
beech
他人や世の中に対して批判的な気持ちになってるのに、それを押し殺してしまう・・
自分は正しく、他は間違っているという高慢な気持ちから、批判的な気持ちになる人たちです。面白いことに、しばしば、一見寛容そうで、内心、常に批判している場合があります。この無意識的な「受け入れたくない」という拒否反応が、花粉症などのアレルギーを引き起こすことがあります。
8番 チコリ
chicory
愛する家族や友人をコントロールしたくて、自分の思い通りにならないと寂しくて自己憐憫にかられる・・
見返りを期待する愛で他者に働きかけます。親子関係で多く見られ、問題行動で親の注目を引く子どもや、自立しようとする子どもを引き止める母親などのケースがよく見られます。
27番 ロックウォーター
rockwate
他者の手本になろうと、かたくなな理想主義で自分を抑圧する・・
聖職者や指導的立場にある人が、しばしば陥りやすい状態で、精神的な硬直状態でリラックス出来ません。又、厳格な食事療法など、自然なニーズを無視してまで、ストイックな生活を送ります。
31番 バーベイン
vervain
熱中した状態が止められなかったり、他者を説得したくてたまらなくなる・・
正義感、集中力が強く、鉄のように熱く燃え、衝動的で過度に活動的な人たちです。世の中を変えたり、他者を説得しようする気持ちにかられます。
32番 バイン
vine
リーダーとして他者を支配したがり、他者の意見を聞かない・・
権力志向で、威圧的に他者を支配します。厳格な王様のように、自分のやり方に周りの人を従わることを好みます。意外なことに、たいへん有能な専業主婦の方に、しばしば現れる状態です。

6 人や周囲に敏感すぎる

環境に過敏に反応しすぎて、強いストレスを感じている状態です

 
1番 アグリモニー
agrimony
一見、元気なようでいて、内心は心配事や痛みで苦しんでる・・
自分の本当の気持ちを感じることが苦手な人たちで、いつも問題のないような顔で、陽気に振る舞うことを好みます。自分の気持ちを感じる事が出来るように、まずアグリモニーを飲むことを勧める臨床家もいます。
4番 セントーリー
centaury
いい人でいたくて、イエスマンになってしまう・・
お人好しで、自分の意志よりも他者の都合を優先してしまいます。自分の気持ちを感じていても、それを主張することができず、自分の個性を伸ばすことが出来ません。
15番 ホリー
holly
他者の成功や幸運が妬ましくなったり、強い怒りや嫌悪感を感じる・・
愛憎に関係して起こる、猜疑心やジェラシー、攻撃的な感情です。ストレートな怒りであり、お酒を飲んで荒れる人や、子どもやペットに嫉妬の問題が起きている際によく効きます。日本人の場合、「ホリー的な怒り」は、抑圧されてる場合が多く、好転反応として「怒り」が外に出て、変容のきっかけになる事がしばしばあります。
33番 ウォールナット
walnut
人生の変わり目の時期だったり、いつも環境からの影響を受けやすい・・

周囲からの影響を取り込んでしまう敏感な人たちが、身を守る殻を持つためのレメディです。また、AからBという状態に移行する不安定な時期にいるため、ストレスを強く感じる場合にも使います。思春期、更年期、離婚や転職、歯の治療など、あらゆる変化の時期に助けになります。

 


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 誰が言ってたのか忘れちゃったけれど(゚o。)?
    ピラミッドや巨石文明とかも音で作ってたらしいですネ。

  2. <ピラミッドや巨石文明とかも音で作ってたらしいですネ。>

    音のちからに最近興味ありありでーす。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top