酵素カフェ

iPhone6の発表日とMacとビートルズのリンゴの関係

iPhone6の発表日とMacとビートルズのリンゴの関係

スティーブ・ジョブズが1984年に初代Macを発表したカリフォルニア州のフリントセンターで、現地時間9月9日午前10時、日本時間では翌10日の未明午前2時、アップルの発表会が行われる予定で、その招待状には、「もっと言えればいいのですが」(Wish we could say more)という、何だか意味深でタイムリーな言葉が記されています・・

リベンジなMac生活まだ3ヶ月ですが、もうすっかりインテルさようなら〜で、ワクチン好きのビル・ゲイツのウィルスから逃れた感アリアリなんですけど、iPhone6はどれくらい大きくなるのでしょうか?140829niphone666
9月9日というのがまたまた意味深で・・
140829appleaiphone

タイムリーというのは、昨日Amazon特急便でこれが届きまして、
DSC_8139さわりを読んだだけでも、これを契機に「もっと言えればいいのですが」的なディスクロージャーがどんどん増えて、地球のOSまるごとバージョンアップの内容で、

内海医師の言うとおり、知らなきゃ生き残れないかも?って感じなのです。

エボラもテング熱もワクチン開発中だそうで、漫画みたいな事態が進行中みたい。内海医師は、自分の子どもが生まれてから「キチガイ医師と呼ばれてもいい」と本気になったそうで、そういえば、ペルーの先生も「子どもの頃からやらなきゃダメだ・・」と、言ってましたね。それにはまず親から始めなきゃ・・とも。

ペルーの先生からインボー論を聞かされたことはないけど、こういうことを全部ふまえた上での発言や治療だったと思います。アイクがプラグインと呼ぶ、宇宙につながった場所が、ペルーのプーノで、先生が治療士になったきっかけが、プーノの市長さんを治療したことだったので、面白い偶然です。

で、アイクは、PCの進化と人間を対比させ、人間の身体はマインドーボディ・コンピュータであり、病気とか不健康は、振動ないし波形の不調和が反映したもので、ウィルスがOSを蝕んでいる状態だと言っています。

ところで、アップルを創業したスティーブ・ジョブズ氏とスティーブ・ウォズニ アック氏が自宅ガレージで開発したアップル1は回路基板のみで、1976年に666ドルで販売されました。
3b02b162-s
超ビンテージなMacは世界に6台あり、1台がオークションに出品され、668,000ドルでアジア人が落札したそうです。

当時の666ドルは200万以上になりますが、どーして666なの?

そして、どーしてiPhone6が、9月9日なの?

105787381478c0270e82d6f17725e236aa493a1f_89_2_9_2_1これは古代エジプトのヒエログリフなんですが、6と9が鳥でそっくりさんです。

中国の易では、9は将来8になり6は将来7になり、陰と陽が逆転します。はたしてスティーブ・ジョブズ氏が666の値段をつけたのはタダの偶然なんでしょうか?

ところで、アップルのミステリアスな予告って以前もあったようで・・

「特別な発表」の内容が明らかになりました。なんと、ビートルズのアルバム・楽曲のiTunes Storeでの販売が本日2010年11月17日午前0時(日本時間)から世界同時に開始されるというだけのもの。

世界的に見てCDが売れなくなってきている昨今ですが、ビートルズだけは別物的に売れ続けているそうです。

そういえば、ビートルズもAppleでしたね。
DSC_8148初代IMac、まだ生きてます。DSC_81531968年にビートルズの設立した会社名がアップル。

アップルといえば、3日前、旦那が偏頭痛するというので、これを飲ませました。
DSC_8171クラブアップルは、浄化のためのバッチフラワーです。

大型ショッピングモールに行った直後だったので、何となく気になってオーリングしたらヤタラ強かったので、原液を直接舌に垂らしたら、速攻で効きました!すごいぞバッチ。

人間の身体はマインドーボディ・コンピュータであり、病気とか不健康は、振動ないし波形の不調和が反映したもので、ウィルスがOSを蝕んでいる状態・・by ディビッド・アイク

高いパワーのアトラクターパターンは、脳のエンドルフィンを放出して、すべての臓器を活発にさせるので、体は強く反応します。逆に、低いエネルギーパターンによる刺激は、アドレナリンを放出して免疫反応を抑圧するので、即座に体は弱く反応し、そして刺激によっては特定の臓器に支障を引き起こすことさえあります・・by ディビッド・ホーキンズ博士

クラブアップルって、病院とか、汚れ仕事の後とか、人混みに行った後とかで、何となく自分が汚れてしまったように感じる時に使うと効果抜群なんだけど、アイクによれば、「リンゴ」ってインボーの人達にとっては、人間を奴隷化する世界支配のシンボルだそうです。

えっー、「リンゴ」大好きなんですけど!
DSC_7210

バッチフラワーのクラブアップルは誰でも使いやすいレメディで、猫の泌尿器系の予防にすすめる獣医さんもいました。エネルギーレベルで、血や尿を清純に保つ作用があります。

バッチ博士は、品種改良されてないリンゴの原種の花で、この、内的にも外的にも穢れて不純になったように感じる神経質な人達のためのレメディをつくったのですが、

古代ペルシャ人は、悪魔の影響を清めるために、できるだけたくさんの野性の植物を栽培したそうで、それが栽培リンゴの始まりだそうです。しかし、一方で、赤くジューシーなリンゴは、罪に汚されたシンボルでもあり、相反した意味になってます。

はたしてリンゴは、清めか悪のシンボルか?
105787381478c0270e82d6f17725e236aa493a1f_89_2_9_2_16と9と同じく、極まれば反転するのでしょうか?

ちなみに、人類に赤いリンゴをもたらした元締めのキング・アヌはよく鳥の頭で描かれています。

だから、アップル1が666ドルで、iPhone6の発表会が9月9日で、スティーブ・ジョブズ氏が1984年に初代Macを発表したカリフォルニアで行われるというのは、ちょっと気になるお話でした。

いずれにせよ、PCの進化と人間の進化が正比例するか反比例かは、私たち人間の使い方次第なんでしょうね〜

*1962年、ビートルズのデビューを決めたEMIスタジオで行われたデモ録りは、6月6日で、ラテン音楽の「ベサメ・ムーチョ」と、オリジナルの「ラヴ・ミードゥ」「P.S.アイ・ラヴ・ユー」「アスク・ミー・ホワイ」の4曲がレコーディングされたそうです。


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 4 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. この本にはアイクさんの生い立ち(イギリス・レスター出身)が少し書いてありましたが
    イギリス中で「キチガイ」として有名になったころ、ワンネスとかについて話したら誤解されて
    「デーヴィッドアイクは自分のコトを神だとかキリストだとか思ってる」と激しく非難された時に
    イギリスの有名なコメディアンがテレビで「デーヴィッドアイクがキリストの筈がない。なぜならレスターには賢者も処女もいない。」とか言ったんだそうで、それを観てたアイクさん一家はしばらく爆笑の渦に巻き込まれて、お陰でだいぶ気持ちが楽になったそうです。

    それと比べると日本のキチガイさんは、普通の人には知られていないし、知られているのはそういうのが好きなひと達(支持者)だったりして「キチガイ」をある種の売り物にしてるのに「自分はネットではキチガイ医師、トンデモ医師と言われているようである」とかいって、なんかどっちが二枚舌かって感じで、こういう人に絶賛されて、いわゆる「ほめ殺し」みたいにならなければ良いけれど。。。と、思ったりもしました。

    • <日本のキチガイさんは、普通の人には知られていないし>

      このガイキチさんは、グー民とか、皆カルトとか、医者はくずだと言いながら、医師の肩書きでモノを言うことを自ら利用していると書いてましたが、まあ、若気の至りかもしれませんが、かなりナーバスで病んでいる人かもしれないと感じました。しかし、日本人が医者の言う事に弱いのは確かで、これこそMKですね!

      • >若気の至り~かなりナーバスで病んでいる人かもしれない

        @インボーは大抵ヒドイ話なので、真実を知るのは良いけれど、それで健康を害したりしてもイケナイので知るタイミングも重要ですネ。
        それに自分のコトは棚に上げちゃったり、自分は真実(正しい)を知る者だと自らを高みに置いてしまい、それを知らない人をグーミンとかいって馬鹿にしたりもし勝ちになるので気をつけないとイケナかったりと色々とムズカシイんですよネ。

        ところで久々に絵文字みたいの登場ですけど、4ってなんだかいま話題のエボラウイルスの顕微鏡写真と似てたりしてるし、その他にも4絡みのコトが色々とあって、例えば何故今までぜんぜん話題にならなかったのかが不思議なぐらいですが、日食、月食とかについて月は太陽の1/400(つまり4)の大きさで、同時に地球から太陽までの距離の1/400の近さに位置しているのでピッタリと重なっちゃたり、自転速度も月は地球の1/400なので、いつも同じ面ばかりを地球に向けているのとかは、偶然にしては出来過ぎだし、さらにそれがこんなにキリのいい数字になる確率ってありえない程ひくいハズなので、何かあるんだと思います。

        • <@インボーは大抵ヒドイ話なので、真実を知るのは良いけれど、>

          ほんと、悩ましいですよね。私の場合は今まで感じてた謎がクリアになって良かったとは思うけど、自分に中のレプちゃんを認めることと、「知らないということを知っている」というソクラテスのスタンスが大切ですね。

          <日食、月食とかについて月は太陽の1/400(つまり4)の大きさで、同時に地球から太陽までの距離の1/400の近さに位置しているのでピッタリと重なっちゃたり、自転速度も月は地球の1/400>

          これは以前から気になってたので、アイクさんのムーン説でハッとしました。ペル先生の「4とその倍数」につながるよーな気がします。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top