酵素カフェ

高齢猫の大往生とホメオパシーとフラワーエッセンスの違いと抗生剤の使い方

高齢猫の大往生とホメオパシーとフラワーエッセンスの違いと抗生剤の使い方

“天寿を全う” “大往生” は、遺族側が使う言葉で、お悔やみ席にふさわしいないそうですが、

ワンニャンワールドでは、まず、そんなケチなことは気にしないでしょう。

クレちゃん20歳、10月15日深夜1時半頃、即身成仏、大往生しました〜
img002

これは子猫の頃、兄弟ネコのマメちゃんは5歳で、「先天性の心臓病?」で、突然に天使になりましたが、

突然だろうが、長患いだろうが、

「それぞれのタイミングで天寿を全うする」ということを、4匹目を看取って、しみじみ実感しました。

10月10日の土曜日、いつものように夕食のテーブルに上がって来て、
DSC_2165旦那の手から水炊きの鶏肉を少し食べたのが、最期の固形食でした。

通常、土日は清里に行くのですが、
DSC_4205

10月10日は仕事の都合でパスになり、翌日、日曜日は珍しく1日中二人とも家にいて、クレちゃんと和んでました〜

で、日曜日はまだ元気そうでしたが、
DSC_4112

翌朝12日の様子で、突然「ヤバイかも?」状態を察知しました。

だから、たった3日間だけの非常事態でしたが、スグにバッチフラワーを飲んで良かったです。

DSC_4274

自分用には、

悲観的にガッカリしないように・・ゲンチアナ
不安なエネルギーを放射しないように・・レッドチェストナット
ショックなトラウマが残らないように・・スターオブベツレヘム

楽に逝けるようにクレちゃんにもスプレーしてました。
DSC_4276動物はレスキューだけでも十分ですが、
DSC_4275うちは、フルセット常備してるので、

泌尿器系ケアに・・クラブアップル
楽に逝けるように・・ホリー

を入れておきました。

で、浄化のクラブアップルのせいか、最期までトイレもバッチリで、

10月13日、ニャンと鳴くから、抱いて連れて行ったら、最期の長ーい「おしっこ」を勢いよくしました。

ホリーは怒りに対応するレメディですが、人間の場合、安らかな気持ちで逝く「臨終レメディ」として使われます。

ホリーは「すべてを愛する」に導くレメディで、最期に残ってる怒りを消し去りますが、

クレちゃんにホリーが必要だったかわからないけど、自分には効いたようで、

昨夕、ちょっとだけ買い物に出たら、突然、「無限の愛以外は幻である」というアイクさんの言葉がこだまして、

こんなにもワンニャンが愛おしいのは、人間だけが「無限の愛」から切り離されていて、ワンニャンは、ちゃんと繋がっているんだと実感しました。

14日の午後、クレちゃん「まだ息をしてるか」微妙な線だったのですが、

時々ひょっこり動いたり、
DSC_4303モーツァルトをかけたら、うるさかったのか、もぐっちゃいました!
DSC_4305犬の鳴き声に呼応して、「ニャン」と一言文句言ったのが最後のお声です。

全然、苦しそうではありませんでしたが、少しづつシャットダウンしていくのが目に見えてわかります。

旦那さんが深夜12時過ぎに帰宅してクレちゃんに触ったら、ビクッと反応。やはり待ってたのかな?

で、寝床に連れて行こうと抱っこした際、まだ息があったような気がするのですが、

寝室で確認したら、かすかだった心臓の音が消えてました。

ほんとうに見事な大往生でしたが、

また朝日が昇り、
DSC_4309もうクレちゃんの「ニャー」が聞けないのは、やはり寂しく、

DSC_4313バッチフラワーを飲み、DSC_4317たくさん泣きました・・

ホリーだけでなく、バッチフラワーのマイナス感情状態はすべて、「無限の愛以外は幻である」の幻ですが、

今、感じてることは幻ではなく、動物たちも悲しんだり、怒ったりしますが、その感情と同一化ぜずスグに流します。

覚醒した精神科医のホーキンズ博士は、

「感情の病は、それが自分の性格だと思い込む信条が原因しているのです」

と述べてますが、

人間だけが、幻と自分を同一化して、自分の性格を嫌ったりするのです。

そして、感情を抑えると、どんどん幻が妄想化してめんどうになります。だから、即、感じて、流すのが一番いいのです。

ありがたいことに、今朝ブログを開いたら、こちらの記事で、

素敵なコメントを頂いてました・・

2015/10/14 09:09

いつも、とても楽しみに読ませていただいています。ありがとうございます。

我が家でも、柴犬を飼って13年。今年の夏の終わりに病死で亡くなってしまいました。

あっと言うまでしました。

知り合いの獣医さんが、乳がんだろうから、そのままにしてあげて、と言われ、重湯を作ったり、

リジュベラックを混ぜた物を食べさせたり、しました。

注射や、薬は、かえって小さい体には、弱らせ、苦しませることに、と言うアドバイスでした。

そばには、私の両親がいました。私の親も70代でして、老老介護でした。

それで、ホメオパシーのアルニカ他、何か助けになるものと一緒に出していました。

ところで、ここの記事で、ホメオパシーのレメディーが、レベルが低かったのが、気になるのですが。

フラワーエッセンスと同類の物かと思っています。

時として、レメディーの一つにホメオパシーは、結構愛用しています。

抗生物質より取らない方がいいという考えになっているのでしょうか。

タイムリーな心暖かい体験談に慰められました〜

それに、ホメオパシーの件ですが、昨日ちょうど、クレちゃんの横でコレを読んでまして、

バッチ博士は、ホメオパシーでエッセンスを作ろうとしたけどNGだったのです。

ホメオパシーの方法によってこれらの植物を希釈し、尿のチンキを作り、薄め、リズミカルに振った。けれども、毎回結果は失望に終わった。いかにして植物の隠された治癒力を一定の基準で分類すべきなのか?おそらく新しい希釈方法が必要なのかもしれない。・・

で、その新しい方法は、希釈せずにタダ水に浮かべて太陽を当てたり、熱を加えるかのシンプルな方法です。
images

太陽法

透明のガラスのボウルに250ccのミネラルウォーターを入れ、太陽のあたる場所に置き、花に直接手を触れないようにして花を浮かべます。午前9時から正午まで、そのまま太陽にあてて、手で触れないように花をとりのぞきます。

煮沸法

やはり午前9時前には花を摘む場所に行き、ホーローかステンレスの鍋に、花と枝、そしてかきまぜるための長めの枝を入れて、持ち帰り、その鍋に1リットルのミネラルウォーターを加え、火にかけ沸騰させ、30分煮沸します。

こうして出来た水(エッセンス)に、同量のブランデーを混ぜてマザーエッセンス(母液)が作られます。

つまり、ホメオパシーとは根本的に原理、考え方が違っていて、

フラワーエッセンスは、微細なエネルギー療法であるのに対して、ホメオパシーは物理次元で身体に効くので、

ホメオパシーと西洋医学は仲が悪くて、叩かれたりしますが、

ホメオパシーで効果を上げてる友人もいますので、ドグマ的にならなければイイものだと思います。

いずれにせよ、自分もホメオパシーの意識レベルは意外でしたが、

科学(臨床)

臨床キネシオロジー、600
エネルギー療法(手当て療法、鍼治療、気功など)、460
精神分析(フロイト)、460
精神分析(ユング)、460
アメリカの最高の病院、450
薬理学、450
医学、440
内科、440
外科、440
ホリスティック医学、440
精神医学、440
はり、405
東洋医学、395
臨床心理学、380
ホメオパシー、200

ホメオパシーと「フラワーエッセンス」とは全く別モノだと認識してます。

そして、どんな療法でも、使う人や治療士の動機が「無限の愛」から来ているか否かで、西洋医学でもエネルギー療法でも、「200以下」になる場合はあるのです。

ですので、

「抗生物質より取らない方がいいという考えになっているのでしょうか。」

については、

ケースバイケースですが、自分はホメオパシーは使ってないので、本当に必要な際は、短期間だけ抗生剤を使うカモで、その場合、浄化のクラブアップルを一緒に飲んでおきます〜

気持がクリーンだと、尿がよく出て、抗生剤の害が流れるのです。

ちなみに我が家では「びわの葉エキス」を抗生剤がわりに常備して使ってます。

抗生剤を乱用する医者は「幻」派なので、くれぐれも用心した方が良さそうでーす。


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 4 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. じゅんぺーちゃん

    イルカさん、こんにちは。

    いつも(勝手に)お世話になっております☆

    クレちゃん 天に帰ったんですね。 

    ひと仕事終えた彼らが、満たされた思いでいてくれるのを祈ります。

    私も猫(8歳7歳4歳)と一緒に生活しているので、ブログに登場してくるクレちゃんの出来事は

    他人事とは思えず、なんとなく身近に感じていました。

    3年前に13年連れ添ったワンちゃんを亡くしてから 「ペット」の理想の死に方が何なのかを

    考えるようになりまして、クレちゃんはとてもいいな と思った次第です。

    私は4年位野口整体(正確には「整体協会」といいますが)に通ってるのですが、フラワーレメ

    ディーがワンちゃん猫ちゃんに応用するのにとてもいいのに比べて、こちらは人体でも難しいの

    に・・・といった感じです。

    かと言ってホメオパシーも今一つなので、イルカさんの情報を参考にバッチフラワーを試してみた

    いと思いました。

    あ、私自身 これまたイルカさんのを参考にしてホロスコープでのフラワーレメディーを友達に

    作ってもらったんです☆本当にいつも素敵な情報をありがとうございます。

    そして

    クレちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

    イルカさんも 朝晩の寒暖の差が出てきましたので どうぞご自愛くださいませ。

    • じゅんぺーちゃん、暖かいお言葉ありがとうございます。

      ぼーっとしてて(普段からですが・・)、コメント、今、気づきました〜

      <私も猫(8歳7歳4歳)と一緒に生活しているので>

      いいですね〜パラダイスですよ♡

      <「ペット」の理想の死に方が何なのか>

      大切なことをたくさん学ばされますよね。ペットが先生です。

      <野口整体>

      長らく通っていたヨガ先生は野口整体を基本にしてましたよ。このヨガ先生にバッチとペルーの先生を紹介してもらいました〜

      バッチのことは、一般の人はあまり興味ないかと思ってましたが、これを機会にどんどん書いていきますので、今後ともヨロシクお願いいたします。

      ほんとうに、ありがとうございました!!

  2. じゅんぺーちゃん

    イルカさん

    バッチフラワー情報、楽しみにしています♪

    実は3年ほど前にフルセット購入したのですが、未だに未開封です。。。

    賞味期限とっくに切れてますよね。。。 なのでいつも友達に作ってもらっています。

    あ、、私事でアレなんですが 今月キネシオロジーのセッションを受けてきます。やはりイルカさ

    んの記事で興味がわき、長年抱えていた悩みの糸口をつかめるかも!と思った次第でございます。

    セッションの日まで黙って待つのも悩ましいので、デイビット博士の本も読んでいるところです。

    世界は広くて どうがんばっても私が知る世界はたかが知れていますが

    それでもイルカさんのお蔭で、腑に落ちる色々をいただいています。

    とてもありがたいです。

    • <実は3年ほど前にフルセット購入>

      それはもったいない、使えば使うほど効いてきますよ!

      <世界は広くて どうがんばっても私が知る世界はたかが知れていますが>

      自分を知れば、世界は制覇出来る・・らしいですよ♫

      こちらこそ、読んでくれて、ありがとうございまーす。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top