酵素カフェ

坂本美雨が火をつけたペット売買のモンスターな現状

坂本美雨が火をつけたペット売買のモンスターな現状

坂本龍一と矢野顕子を両親に持つ坂本美雨さんは、無類の猫好きだそうで、

20130622_nikaidou_23

正月早々、ペットが「初売り」されてる現状に問題提起し、話題になってますが、

外食産業と同じく、ペット業界も経済効率優先の「ひどい」現状が加速してるようで、

こちらの本に対する、

Amazonレビューには、胸を打たれました・・

犬を飼いたい人読むべき

投稿者 kero 投稿日 2013/9/4

初めてこの本を読んだ夜、ショックが大き過ぎて眠れませんでした。

あまりにひどすぎる日本の犬流通の現状。
なぜこんなことが平成の世に至るもまかり通って来たのか。
私もずっと犬猫と暮らしていながら、こうした悲惨な実情を全く知らずにいたこと、
ペットショップの犬猫を見て、何となく心が痛みながらも「かわいい」と眺めていた自分を恥じました。

かわいい彼らがどこから来てどこへ行くのか、売れ残った彼らがどのような運命をたどるのか疑問に思うべきだったのに、
どこかで思考停止していた気がします。この本は、その思考停止していた部分を否応なしに揺さぶります。

売る側の問題はもちろん大きいのですが、小さいもの、可愛いものにやたらと価値を置きたがる日本人の潜在的な意識にも問題がありそうです。
やっと動物愛護法の改正をみましたが、それでもまだまだ甘い・・・。
きちんとしたブリーダーの育成と行政側の把握と監視、飼う側の意識を変えて行くことも同時進行で行われなければならないと思います。
震災における被災動物達のこともクローズアップされている現在、いまだかつてなく「命」が問われている今だからこそ、
この本は多くの人に読まれるべきだと思います。

ウチの子も確実に殺されてたね

投稿者 Amazon Customer 投稿日 2013/12/15

ペット流通の闇については、ネットと噂程度の知識しかありませんでした。

2013年に肝臓がんで死んだ愛犬は、この本でも紹介されているインターネットオークション・ビッダーズにて2004年に購入しました。
同一ブリーダーで出品されている犬が20匹ほどで10万(純血種)〜3万(ミックス犬)ぐらいの値段でした。
他の子がどんどん落札されていく中で、最後まで1匹だけ売れ残ったのがウチの子。1万まで値段が下がっていました。
今、落札しないと殺されるだろうなということで落札。
ワクチン接種した後配送。ワクチン接種料等で落札料に15000円追加。

犬は宅配センター引取の宅急便扱い。即座に病院に行った所、アカラスとケンネルコフ持ちで、耳にはダニ、腸に虫もいました。
劣悪な環境にいたのは明白です。ワクチン接種も嘘。

運良く、健康で頭もそれな入り良い犬で、急性がんで死ぬまでこれといった病気もなくすくすく育ってくれました。
この子には、人生にも精神的にもすごく救われました。感謝しています。
次の子は愛護センターからもらってくるとします。

2番目のレビューの方のように、知らないで劣悪なペットショップから購入してしまっても、

心優しい「飼い主さん」に巡り会えたワンコは幸せで、生身の「経験」が学びとなります。

このワンコ達は、以前メール頂いたカリフォルニア在住の日本人の方がシェルターから引き取ったそうですが、
IMG_2972
命拾いしたワンちゃんの幸福そうな姿に癒されます♡

ウチの最初の愛犬ゴールデンリトリバーは、八王子の小さな個人ペットショップ「ロンドン」で購入しましたが、
1362118537UcIBtoGdIf0lIIhy_post

元教師のオーナーさんがイギリスから輸入して長野県飯田のリンゴ農家の預けて繁殖してるとのことで、

今思うと、「ジョーカー」さんばりの展示方法で、比較的良心的なペットショップだったのかもしれません。

bn_store_futako

ジョーカーでは1998年6月、当時のペットショップでは当たり前だったケージでの展示販売を取りやめ、「パピーラン」「キティラン」といった日本初となる広いスペースの展示システムをジョーカー二子玉川店に採用しました。
このスペースを「ワンニャン幼稚園®」と称し、毎日子犬・子猫の健康管理に加え、社会性を身につけるしつけトレーニングを行っています。 この環境で育った子犬・子猫たちはとても飼いやすいと多数のお客様から高い評価を頂いております。

※「ワンニャン幼稚園®」はジョーカーの商標登録です

http://www.joker.co.jp/contents/feature/index.html

「ロンドン」から来たゴールデンリトリバーのガープは、病氣もなく、健康そのものの優しい気質で、誰からも愛されましたが、ちょっと「分離不安」があり、

結局、この本に出てくる事件に巻き込まれて早死にしてしまったのは、

2ヶ月以内に親犬と離されてしまった「トラウマ」が起因していたかもしれません・・

20年以上前の話で、その頃はまだバッチフラワーを知らなかったのですが、

子犬のトラウマケアには、スターオブベツレヘムやレスキューレメディを最初に飲ませておくとイイです。

2014年に14歳で天使になったトイプードルの蘭ちゃんは、

IMG_0689

義姉のところで生まれて2ヶ月以上、

poo-kuro-face1w

父母犬&兄弟と十分コミュニケーションがアリ、問題行動は全くありませんでした。

ジョーカーさんには、蘭ちゃんをトリミングしてもらってて、

個人的にも仲良くなったトリマーさんは、花束もってお焼香に来てくれたりして、
DSC_7298

少なくともジョーカーさんでは、売れ残りを処分するようなことはナイそうですが、

最近の若い人は平気で「返品出来なきゃ、保健所に連れて行く」とか言ってくるそうで、

生後早い時期に親犬から離され、

可愛い子犬をペットショップで衝動買いさせるシステムは「?」ですし、

ペット業界に悪質なモノが多いのも確かです。

犬の「大量遺棄事件」はなぜ起きたのか?弁護士が指摘する「ペット業界」の構造的問題〔2014年12月29日〕

「大量遺棄事件、業者の経営状態の悪化が要因のひとつ」(弁護士)

栃木県の河川敷や山林で2014年、ミニチュアダックスフントやトイプードルなどの人気犬種約80匹が遺棄された状態で見つかるという事件が発生。ペットの問題に詳しい細川敦史弁護士も、「ペットを飼う人が減り、売れる数が少なくなって、業者の経営状態が悪化したことが大きな要因」と指摘している。

そして、信じられないような「身の凍る」現状が・・

研修開始から3、4日後のこと。彼は店長が生後約6か月のビーグルの子犬を〈生きたままポリ袋に入れている〉のを目撃してしまう。店長は、この研修生にこう言ったという。

「このコはもう売れないから、そこの冷蔵庫に入れておいて。死んだら、明日のゴミと一緒に出すから」

 このコはもう売れない──。たった生後6か月でも、ペットショップでは売り時を逃した不要犬となってしまう現実。

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20141120/Litera_644.html

前述のこの本に記されている内容ですが、

レビューの方の、

「初めてこの本を読んだ夜、ショックが大き過ぎて眠れませんでした。」が納得です。

ジョーカーのトリマーさんの話では、「生き物」を扱っている以上、スタッフは休み返上でケアとのことで、実際、店長さんが自宅に連れ帰ったりもしてましたので、この話が全てではないにしろ、

ペットショップも動物病院も、法律的には単なる「サービス業」ですので個々の店の方針に生体の命は委ねられているわけです。

最近ではこの現状に「見て見ぬフリ」が限界な人達も多くなってるようで、

昨年10月、小林聡美さんが映像ディレクターとなり、こんな映画も上映されました。
pic_top_topimg

ショーウィンドウでペットを売るシステムは米国でも同じで、

南アフリカ出身の美人女優、シャーリーズ・セロンは、
645768f1e4cae7783ac59efd84e920d0

「モンスター」という女性連続殺人犯を演じてオスカーを受賞しましたが、

ご自身が悲惨な幼年期を過ごしたことから、悲惨なペット産業を支えているのは「消費者」であることを正々堂々述べています。

「モンスター」のようなペット業者は、「見て見ぬフリ」しない人達が増えればアットいう間に消えるのかもしれませんね!


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 4 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. こんばんはー

    うちは四人子供がいるので、自然と昆虫や、めだかを手始めに、亀やインコもいて大所帯です。やはり、猫や犬は別格で、何度か検討しましたが記事のような現実に打ちのめされお迎えには至っていません。

    シェルターの保護犬を当たったら、子供がいる家庭には譲らないとか、傷ついた仔は問題行動を併発しやすいから大人だけの家庭が理想だそうで、命を預かる責任の学びになりました。

    エキゾチックアニマルが好きなんですが、こちらも、まーひどい状況なので二の足を踏んでいます。

    でもでも、動物たちが素敵すぎて、やっぱり一緒にいたいなっと思う魅力がありますね。

    声をあげていくことで、気がつく人が増えたら本当にモンスターも消滅ですね!

    • こんばんは〜スズキさん、

      <四人子供がいるので、自然と昆虫や、めだかを手始めに、亀やインコもいて大所帯です>

      4人とはスゴイ!国宝級ですネ。

      <猫や犬は別格で、何度か検討しましたが記事のような現実に打ちのめされお迎えには至っていません。>

      今の時代、特に犬は、安易に飼わない方がイイようですので、それはそれで賢い選択だと思いますよ。

      コントロールして「飼う」というより、共存していく世界になるとホント、モンスター消滅ですネ!

      • 写真イヌ画像のセリフ
        売れ残ったからって冷蔵庫に入れられちゃかなわんワン!
        やってられないからさすらいの旅にでるんだワン。

        おかげ様で神奈川県はワンニャン殺処分ゼロになり、悪徳ペットショップも撲滅されそうな勢いですヨ。
        まあわたしは捨てイヌ捨てネコ、ノラ専門でペットショップで買ったコトはないですけど、取りあえずペットを飼いたければ保健所とかに行ってほしいですネ。
        それで無度さんによるとビニール袋に冷蔵庫でコロ助なのはおそらく日本人ではないんじゃないかとか言っておりましたが、確かに普通の日本人だったら上司?から「やれ!」と言われてもとても出来るもんじゃない気がします。

        • <売れ残ったからって冷蔵庫に入れられちゃかなわんワン!>

          上手い!、ふてくされた顔がピッタリだと思ってセレクトしたんですよ!

          <おかげ様で神奈川県はワンニャン殺処分ゼロになり、悪徳ペットショップも撲滅されそうな勢いですヨ。>

          いい流れですね〜

          人間が「飼う」という問題を真剣に考えはじめると世界が変わるかもですネ。

          <確かに普通の日本人だったら上司?から「やれ!」と言われてもとても出来るもんじゃない気がします。>

          やはり食べちゃう文化の方々ならではの発想かもね〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top