酵素カフェ

天皇生前退位の裏事情とヒラリー・クリントンの「皮質下血管性認知症」

天皇生前退位の裏事情とヒラリー・クリントンの「皮質下血管性認知症」

もうすぐ米国の大統領選ですが、ヒラリー・クリントンさんの「様子」がオカシイそうで、

こちらの動画の8分過ぎのあたりで、突然「フリーズ」してしまうヒラリーさんに、

医師であるシークレット・サービスが駆け寄って来る場面がありますが、彼女はナント、「皮質下血管性認知症」と診断されているそうで、

「皮質下血管性認知症」は、ゆっくり進行するので、初期では記憶障害が目立たないのですが、

「実行機能障害、思考速度遅延、意欲低下」などが特徴的であり、

身体症状としては皮質型のような局所神経症状は目立たず、偽性球麻痺、尿失禁、血管性パーキンソニズムを伴うことが多いそうです。

そんな「ご病気」の方が、「世界の警察」を自負する米国大統領になったらどうなるかと思われますが、

第二次世界大戦当時の日本の最高権力者は「アスペルガー」だったという説もあり、

アスペルガーの人は純朴ですから、とても騙されやすく利用されやすい傾向があります。

最近、現在の天皇陛下が突然「生前退位」を言い出しましたが、

imga0b38fe7zik4zj

「体調が悪い」というお気持ちは本当なんだけど、

このことが「日本を中国に併合できるように、なるひと親王を天皇として即位させる」という、

ヒラリーさん勢力が中国を懐柔する「うその手段」に使われてるそうで、

しかしながら中国側は、それが「中国を米国との戦争に誘い込もうとしている」罠であることを見抜いてるという、

かなり複雑な裏事情があるようです。

ベンジャミン・フルフォードニュース 2016年8月9日
Khazarian mafia offer ASEAN, Japan and Korea to China
August 9, 2016
Author: Benjamin Fulford

中国の習近平首相の部下である高官が先週白竜会(WDS)の代表に語ったところによれば、ヒラリー・クリントンは、中国が彼女の米国大統領当選を支援するのなら、”中国連合”形成を助けるために、韓国、ASEANおよび日本を提供する、と申し出た、とのことである。クリントンは中国に、このプランを実現し、中国を世界第一のスーパーパワーにするには、米軍との間の短く、激しい戦争が必要だろうとも述べた、とこの高官は言っている。

WDSの代表は中国に、ヒラリーのようなカザリアンギャングは人々が聞きたいことは言わず、機会があれば、いつも人をだますと告げた。彼はまた、米軍では、中国との全面戦争のシミュレーションを行う都度、常に世界人口の90%の死、北半球の居住不能という結果になるとも言われた。

英国情報部の諜報によると、ジョージ・ブッシュ・シニアが2007年にウラジミル・プーチンと魚つりに出かけた時、中国破滅プランに加わるよう彼を誘った。ブッシュが描いたシナリオは、米国とロシアが新たな冷戦を始め、これによってロシア、米国、ヨーロッパおよび日本の軍備更新の言い訳ができ、この冷戦の間、ロシアは中国の友人の振りをするが、終いには、NATO、ロシア、日本、韓国の全てが中国を攻撃し、中国が西側勢力の脅威にならないように、この国を6分割するというものだった。

この高官は、クリントンはブッシュ・ナチマフィアの一部なので、彼女が何を約束したとしても、時間をかせぐだけで、このプランの実行が可能になるように中国から資金を引き出すことだけが目的なのだと告げられた。この話し合いの結果、この中国の高官はクリントンを支持はしないことに同意した。

このほかにカザリアンマフィアが行ったことは、中国にとって縁起が良い8月8日に、自分たちの操り人形である日本の天皇に退位を宣言させることだった。

中国には、日本を中国に併合できるように、なるひと親王を天皇として即位させるためだと告げられた。なるひとはロックフェラーの奴隷である大和田ひさしの娘である大和田雅子と結婚している。これは、日本におけるカザリアンマフィアの傀儡政権を中国に手渡すことで中国を買収しようとしていることを意味する、と中国に告げられた。

さらに、皇族はこのようなプランには決して従わないので、これは単にカザリアンマフィアのうそなのだ。天皇は健康問題で退位するだけであり、日本での貯蔵金をめぐる争いにはかかわりたくないのだ。その結果、WDSは中国に対して明確に、これはカザリアンマファイアが仕組んだわなで、中国を米国との戦争に誘い込もうとしている、と説明した。

WDSと中国はまた、米ドルと世界の金融システムの将来について話し合った。中国代表団は、中国のプランは、米ドルをビットコインに切り替えるというものだと語った。彼が言うには、最近のビットコインのハッキングはこのプランの問題だが、新世代の中国のスーパーコンピューターならビットコインの安全性を十分に確保できるとのことだった。

WDSは中国に既存の国際的なドルインフラストラクチャー国際金融システムの改革の一部として米国用の新通貨を国際的な金本位通貨で置き換えることがより現実的だと語った。

ペンタゴンのソースは、彼らの方で、米国財務省のジャック・リューが旧米ドルの代わりに金本位の国際通貨の発行を推し進めていることを確認している。
条件は熟し、中国は二、三ヶ月以内に、新通貨のために、(デリバティブでも関連する金融商品でもない)真の世界的取引をベースにした全ての米ドル通商を行うことによって米軍とホワイトハットと協力しこれをうまくやり遂げるだろう。中国軍とアジアの王族は、この動きを金で裏づけする準備を済ませている。最高で、200カ国中20カ国がこのプランに従わないだろう、と彼らには告げられた。これは今月の夏休暇で首脳が話し合うべき問題なのだ。

WDSはまた、先週南米のドラッグカルテルから接触を受け、もはやCIAのブッシュ/ナチ派を通してはビジネスができないので、ドラッグマネーの取り扱いの助けがほしいと言われた。日本における中国政府のエージェントによると、中国軍がこれを助けることによってブッシュ/クリントン犯罪ファミリーの崩壊を助けられるかどうか考えている、とのことである。

WDSが言うには、この答えはドラッグビジネスの合法化だと言った。中国代表団が明らかにしたもうひとつの興味深いことは、女性の指導者は中国の支配をより容易にするので、(今では放棄されている)ヒラリー・クリントンを権力の座に据えて、種々の国に女性リーダーを配置させることだ。

彼が言うには、この理由から、日本の安部普三首相を女性政治家であり、中国人の血統である、村田蓮紡と交代させるという決定がなされたとのことである。

彼が言うには、蓮紡は単なる操り人形に過ぎない、とのことである。

いずれにしても、中国に日本を支配させるというカザリアンマフィアのたくらみは宗教(神道、仏教、クリスチャン)団体の、カザリアンに買収されている政治家との戦いによって、日本の権力構造内部での戦いにつながっている。この戦いの一部として、安部普三政権の対抗勢力はかれらの候補者である小池百合子を東京都知事に据えることに成功した。これは彼らに首都圏の警察力に対する支配権を与え、カザリアンマフィアに組して動いているやからの逮捕が始められるということである、とこのソースは言う。

この内側の戦いは米国で起きている重要な権力闘争の鏡である。米国の将軍のトップである、ジョセフ・ダンフォードが7月31日にトルコを訪問した時、彼はトルコでの最も不安な事項は、殆どの世界のテロ騒動の背後にいて米国内で操っている者たちだ、と言われた。トルコ人はこれに関して何かが行われたら、米軍との協力関係を更新するだけだと言った。

ダンフォードは8月1日に米軍に、政治的から遠ざかり、政党には組みせず、憲法遵守への誓いを尊重するようにと呼びかけた。
ペンタゴンのソースが言うには、軍部がヒラリー・クリントンの排除に向けて動くことが彼らの行動規範だと言っている。前統合参謀本部長のマーティン・デンプシーも7月30日のワシントンポストに発表された意見で同様なことを呼びかけている、とペンタゴンのソースは言っている。
さらに、このソースが言うには、オバマは8月4日に査問のために防衛委員会に呼びつけられ、米軍はISISだけに反対するのではなく、”ドナルド・トランプの暗殺のような、あらゆる偽旗作戦、投票の操作、食料暴動、など大統領選挙中断あるいは戒厳令の施行のような努力にも反対するだろう、”と告げられた、とのことである。

CIAのソースは8月または9月のいつかに、アトランタ、ジョージアで11月の大統領選挙の延期のたくらみで、スカラー武器を利用した数千の人達の殺害事件が起きるだろうと警告している。選挙の延期はカザリアンの権力構造救済のための世界戦争の前哨である。
さらなるしるしとしてのイベントは制御不能になって漏洩してきたカナダのブリティッシュコロンビアの直接のソースからのもので、彼らが先週カナダで違法に飛行していた、米国の武装ドローンを撃墜したことである。

アジアにおけるCIAのエージェントによると、カザフスタンとの国境地帯でケミトレールを散布していた無印の航空機を撃墜した、との最新情報が中国にもたらされた、とのことである。この航空機はブッシュのCIA エージェントが操縦し、豚インフルエンザ生物兵器のコンテナーを満載していた、と彼らは言っている。
インドネシアからも報告をうけていることだが、数千の人達が死亡しているのが見つかったことが、世界人口を彼らにとって制御可能なレベルにまで減少させるために生物兵器を使うという、カザリアンによる新たなたくらみの確かなしるしである。

これら全てのイベントは、この世界がある混乱の時期に入っていて、死に掛かっている野獣カザリアンの絶望的な戦いを見ていることを示している。私たちが懸命に絶え間なく戦えば、このモンスターを秋までには間違いなく打ち負かせるだろう。ドナルド・トランプを権力の座に据えることが、勝利への重要な鍵になるだろう。サウジ王室の没落も懸案となっているが、南シナ海などからの世界戦争の勃発の防止が緊急の重要課題である。

最後に、読者へのご注意だが、当記者は夏休みのために今週からカナダに滞在するので、来週のレポートは重大事件が起きない限り、あらかじめ書いてある原稿によるものとする。定期の週間ニュースは8月29日から再開する。

実際、天皇陛下は8月8日「お気持ち」を表明し、政府も動き始めましたが、

ダウンロード (36)
同じ8月8日、アメリカンな清里ROCKが全焼し、


「ロックフェラーへの報復か?」とか言う人もいて驚きましたが、可能性はなきにしもあらずでのようで、

それにしても蓮紡とか小池百合子さんとか、
images (48)

日本政界のマドンナ達の背後でも権力闘争が繰り広げられるようですが、「操り人形」のままでいると、
images (47)
人知れず「認知能力」の低下が起きるようなので、ご注意ください!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top