酵素カフェ

蓮舫の二重国籍疑惑とヒラリーのクローン疑惑の共通性

蓮舫の二重国籍疑惑とヒラリーのクローン疑惑の共通性

2016年の秋、日本列島は台風続きで、台風16号は、19日夜から20日未明にかけて西日本に接近・上陸するとのことで、

「局地的に猛烈な雨が降るおそれ」に警戒を呼びかけてますが、
k10010692261_1609190951_1609190953_01_02

このところの大雨は、いつも「局地的」であるのが大きな特徴のようで、

「局地的」でおさまっている限り、日本はまだまだ安泰ですが、

17日、ニューヨークのチェルシー地区では「局地的」な爆発事件があり、

チェルシー地区は、最新アートの発信地でギャラリーなどが多く、自由でのんびりとした感じが人気の地区でして、
chelsea1217

ゲイも多い、チェルシー地区での爆発は、

テロというより、大統領選を前に人々の気持ちを「揺さぶる」ための偽旗っぽい感じがします。

こちらは9月16日付けの米国記事の翻訳ですが、大統領にヒラリーがなっても、トランプがなっても、

米国が増々混乱していくことが示唆されています。

様々な出来事が次々と起こっています。国内がカオス状態になるように仕向けられています。
アメリカの経済が崩壊すると人々は革命を起こそうとするかもしれません。丁度、選挙期間中にこのような状態になるように計画されています。

人々は政府や現体制に対する信用を失い、反体制運動を始めるでしょう。こうなるように仕向けることが人々を統制するための手段を得るということです。
国土安全保障省は今回の大統領選の管理・監視を行うことになり、公正な選挙は不可能になりました。

彼等はメディアを使って有権者を彼等の都合の良い方向へと導いています。

メディアの誘導によって何百万人もの有権者が強烈にトランプ氏を嫌うようになりました。そのためオバマが大統領選をキャンセルしなければ、トランプ氏が大統領になる危険性があり、全米で反トランプの暴動が勃発する恐れがあると人々はメディアに教え込まれるのです。

同じように、ヒラリーが大統領になってしまったなら、市民戦争が勃発し、アメリカは非常に深刻な事態となると教えられます。

オバマが大統領選をキャンセルするために最も考えられるシナリオは、ヒラリーが健康上の問題から大統領選を辞退するということです。(オバマは大統領の地位を維持したくてしかたない。)

ヒラリーが重病であるため選挙を戦えないということなら、オバマは大統領選を延期する口実ができます。しかしそうなっても、一部の集団による暴動が勃発するでしょう。

警察国家となったアメリカは経済が崩壊すると、食料を得るための市民暴動を抑える体制が整っています。その場合は、戒厳令を敷き、厳しい支配体制下で秩序を維持させるでしょう。

しかしカオスと秩序が周期的に繰り返され、国内が益々不安定となり徐々に衰退していきます。その結果、社会全体が堕落し人々は被害を受けやすくなります。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51993427.html

さて、体調不良で死亡説まで出ているヒラリーさんですが、

先日の9.11式典で倒れた際、再登場したら別人だったという噂があり、

噂はともかく、影武者に必要な「クローン技術はとっくの昔にすでに確立されている」ということは事実のようです。

<クローン技術はとっくの昔にすでに確立されている>
.
   『ディスカバリー・マガジン』の1998年5月特別号には、人間のクローニングと複製についての特集記事が掲載された。当時、スコットランドの科学者がクローン羊、ドリーをつくり出し、それに続いてアメリカの科学者たちも牛やアカゲザルのクローニングを成功させた。そのため、にわかに世界中で、特に政治家たちの間で、人間のクローニングに関する倫理上の問題についての議論が沸騰し、これを禁止するか、制限するための法律の制定が検討されていた。その様子はまるで、馬が逃げた後で、あわてて厩舎(きゅうしゃ)の扉を閉めようとしているかのようだった。
.
   そしてすでにアメリカだけでなく世界各地のいくつかの研究所が、人間のクローンの実験を開始したと明言していた。その雑誌記事には、クローン人間が可能であることが最初に科学者によって名言されたのは1930年だったと書かれていた。しかしその後、何の音沙汰もなく、最近になって哺乳類の動物を使った研究成果が発表されるまで何の報告もなかった。だがこの40年間、誰も何も研究していなかったなどと、人は信じるだろうか? すでに1930年代に初めてクローンの可能性が確認された後、科学者たちが何も研究してこなかったなどと、本当に信じられるだろうか?
.
   私は、今起こっているような大騒ぎを怖れて、科学者たちは秘密裏に実験を続けていたのは間違いないと思う。彼らは倫理上の論争が起こることを予想していたのだろう。今の仕事をしていて私にはっきりとわかったことは、研究機関、それも特に政府の関係する研究施設では、多年にわたり実験を続けて完成させた技術を、ずっと後になって今頃に公表しているという事実である。つまり彼らは、情報を少しづつ小出しにし、人々をそれに慣らしてから、やっとすでに何年も前に完成していたものを(少し)発表するのである。
.
   彼らは、人間のクローンは普通の人と見分けがつかないと言う。
   そうであれば、すでにそういう人間が私たちに混じって多数存在しているのかもしれない。同じことが、宇宙人と人間の混血児にも言える。その雑誌の記事には次のように書かれていた。「人々は彼女(クローン人間)に向かって、『お母さんにそっくりね』と言うだろう。だが、真実は誰にもわからない。少なくとも彼女が16歳になって、自分の身の上話を大衆紙に売る決心をするその時までは」

http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-0e54.html

我々庶民にはうかがいしれない世界が展開しているを、一応「知っていた」方が良さそうで、

一度はお腹痛くて辞めたのに、総理大臣にカンバックした安部チャンなんかも「怪しい?」とか思っちゃいますが、
985eaa7a

整ったお顔の見た目がちょっとクローンっぽいのは、最近話題の蓮舫さんで、
%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-20
ヒラリーのクローン疑惑に比べたら、「二重国籍疑惑」なんてフツーのようですが、

後に、「二重国籍疑惑」で大統領になる資格がなかったことが判明したフジモリは、
32f7ec44

「完全なる米国の操り人形」で、数々の自作自演テロを演出していたと「ペルーの先生」から聞いてましたので、

やはり「出自」がはっきりしていることは、政治家の最低要件であり、

少なくとも「クローン」や「二重国籍」に政権を握られて、

「局地的」な大雨やテロの被害が、全国的、全世界的に広がることは阻止したいものです!


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. クローン人間についてここに詳しく書いてあります。

    http://moritagen.blogspot.jp/2016/10/blog-post.html

    • ミコスさん、

      遅くなりましたが、情報ありがとうございます。参考になりました!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top