酵素カフェ

後藤健二さんの安否と年収1億円のイスラム国兵士たち

後藤健二さんの安否と年収1億円のイスラム国兵士たち

安否が気遣われる後藤健二さんは、イスラム圏紛争地帯において、子どもの命が日常的に犠牲になっている事を世に訴えかけていましたが、

もう20年以上前のことですが、パレスチナ問題の専門家から、「パレスチナ自治区において、イスラエルは、あえてパレスチナの子どもを狙って攻撃している、と聞いたことがあります。

子どもを狙う理由は、パレスチナの子ども達が大人になる「復讐の戦士」になるからだそうで、こういった「加害者と被害者」のシーソーゲームが、戦争を終わらなくさせています。

覚醒した精神科医、ホーキンズ博士によると、あらゆる「義憤による内的な”ハイ状態”や”正しさ”の主張、敵への憎しみは、すべて空虚な勝利への幻想を招き、結局は失望することになる」そうです。

Q:では、自我は加害者であるのと同時に被害者なのでしょうか?

A:そうです。自我は自らの犠牲者なのです。厳密に内省してみると、自我はただ喜びとゲーム、生存のために、やみくもに”ラケットを振り回していることがわかります。そして、本物の”あなた”は敗者なのです。自我は、褒美として与えるための数限りない賞を持っています。自我は貪欲に、正義感や犠牲者の誉れ、殉教者の悲しみや喪失感といった感傷主義に飛びつきます。また、勝利や獲得の興奮と同時に、欲求不満の苦痛も与えます。さらに注目を引いたり、同情を買ったりして肥大化します。このように、感情はそれ自体が報酬となっています。

ディヴィッド・R・ホーキンズ著 <わたし>真実と主観性 より抜粋
DSC_8665
ところで、後藤健二さんは、クリスチャンであるというだけでなく、統一教会の方だという説がありますが、統一教会といえば、イケメン俳優の息子さんを持つ、小泉元首相についても、こういう話がありました。

 新川 甘い見方かも知れませんが、希望を込めて言えば、小泉首相が誕生したら、少しは日本の政治が変わるのではという感じを持っています。場合によっては、自民党を割るぐらいの気持ちで改革に取り組んでほしいと思います。

藤原 彼に課せられた使命は、自民党を潰すことではなく、森政権を支えた張本人だったので、日本を潰すことだとアメリカでは見ています。日本人は誰も知らないが、アメリカでは彼は”隠れ統一教会”と見られています。5、6年前のデータですが、統一教会がアメリカの大学を出た優秀な連中を400人ほど、自民党の議員秘書に送り込んでいます。つまり、ここ数年、表面的には自民党政治が行われていたのですが、裏では統一教会が動いています。そこへ公明党が連立を組んでいる。これは私だけの見方ではなく、日本にいる外国人特派員たちの見方でもあります。

(この対談は、「日本の政治を再生する法」と題して経済誌『財界にっぽん8月号』に掲載されたものです)

http://blog.goo.ne.jp/c-flows/e/0c131dff4c132b9d22c9d1985b8ae21e

あの小泉さんが、アメリカでは「日本を潰すこと」を使命にした、”隠れ統一教会”だと言われていたとは驚きです!

どーりで、郵政民営化とか、日本に不利な政策をしたわけですね・・
560px-Postal_service_privatization_of_Japan
郵政民営化で 国民の得はナッシングで、公務員×国民の対立構造が深まり、税金が上がりました

2005年の「郵政解散」翌日のフィナンシャル・タイムズに「日本はアメリカに3兆ドルをプレゼント」と題する記事が掲載されたように、民営化は、「郵貯」を外国に献上する政策だったようです。

隠れ統一教会といえば、10年程前、「自然治癒力の科学的解明」というセミナーに参加した事がありまして、タキオンエネルギーや超ひも理論を、素人でもわかるように説明してくれる、イケメンな好青年が講師でした。
500px-Tachyon04sドイツの物理学者アルノルト・ゾンマーフェルトはタキオンエネルギーという超光速粒子の概念を提唱しました

そのセミナーは、ボランティア活動みたいな良心的料金でしたが、「とても純粋な人だけども固定観念にはまっている」苦手なタイプの好青年だったので、自分は2回しか出なかったですが、その後も参加し続けた知人の話では、ナント、その好青年の講師の方は統一教会で、結局「勧誘」してきたそうです。

芸能人にも、まさかの「隠れ宗教」の方って結構多いようですが、インドネシアのように、「何でもいいから信心する心が大切」だとする大らかな宗教観ならともかく、ホーキンズ博士が言うように、”正しさ”を主張するあまり、他の宗教を批判したり叩くのはイヤですネ。

しかしながら、前述のパレスチナ問題の専門家の話では、イスラエル(ユダヤ教)とパレスチナ(イスラム教)での争いの本当の理由は、実は宗教対立ではなくて、経済の問題だと指摘していました。

この傾向は、20年後の今、さらに顕著になっているようで、何でもイスラム国の兵士は、年収1億円で雇われているそうです。

彼らは年間1億円の報酬と性奴隷の女性たちを与えられるという条件で、イスラム国のメンバーになったそうです。彼らは(殆どが)敬虔なイスラム教徒ではなく世界中から寄せ集められた外国人(特に欧米人)だと言われています。これはアルカイダも他のテロリスト集団も同じです。彼らは米、英、イスラエルなどのシオニスト集団の諜報機関に雇われたテロリストです。そしてシオニスト集団は、テロ事件の現場で被害者を演じる人たちも雇っており、毎回、彼らを使っているそうです。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51949619.html

戦争はお金のための猿芝居?
yjimage

イスラム教とキリスト教(ユダヤ教)の対立構造の幻想をつくり、ちゃっかり儲けているのは誰か?を見極めるのが大切なようです。

イスラム国とコーランの関係

ハリーポッターの仕掛けとネガティブなアトラクター

ソルフェジオ周波数のジョン・レノンの曲と二人のデヴィッド

覚醒した精神科医の歴史的概要①

ホーキンズ博士について

意識のマップについて

 

 

 

 


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 小鼠劇場のときも色々あったけど、そのハイライトだったのが「りそなインサイダー痴漢冤罪事件」で、リアルタイムで見てると凄くわかり易くて勉強になりました。

    ところでアイクさんの本で声の主さんが「自分がいま地球の上にいると思ってるのか?う~~ん、それは錯覚だ!」とかいってたのを覚えてますか?

    世界の動向さんは他の記事でこの関係の記事を書いてましたヨ。
    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51949185.html

    • <「自分がいま地球の上にいると思ってるのか?う~~ん、それは錯覚だ!」>

      何気に覚えてますが、記事の説だと、月どころか、空もマトリックスですね!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top