酵素カフェ

後藤健二さんが隠していた湯川遥菜さんとの関係と自民党との関係

後藤健二さんが隠していた湯川遥菜さんとの関係と自民党との関係

湯川遥菜さんは、父、正一さんに新しい仕事が見つかったことを意気揚々と語っていたそうですが、

まさか、こんな顛末になるとは思ってもみなかったでしょう。

「息子が迷惑をかけた・・」と詫びる湯川さんの姿に「やはり日本人はスゴイ・・」という声も上がってるようです。

ところで、「後藤健二についてマスコミが隠して報道しない事実がある」とか・・・

後藤健二さんは、昨年8月のテレビ出演の際、湯川遥菜さんとは、あたかも初対面だったように語っていたそうですが、

湯川遥菜さんは、昨年4月にシリアに初めて潜入をした際から、全く英語がしゃべれないこともあり、後藤健二さんと常に同行してたそうです。

この事件は、後藤健二さんが湯川遥菜さんを助けに行って自身も捕らえられた構図で、なぜ2度までも助けに行ったのかが不思議でしたが、こういうことらしいです。

動機なり背景としてあるのは、本当に個人的な責任感だけなのだろうか。私はそうは思わない。後藤健二による湯川遥菜の救出行動は、単独の冒険的なものではなく、日本政府が何らか背後についていて、政府関係者と入念に相談した上で、言わば日本政府のエージェントとして動いたものだと思われる。

「自己責任で行ってきます!」と、言いおいた後藤健二さんのビデオ姿は勇敢でしたが、

つまり、後藤健二は何も事前に情報のないままイスラム国(ラッカ)に入ったのではなくて、イスラム国側のコーディネーターの手引きに従い、イスラム国側との打ち合わせに従って、本人の主観からすれば、湯川遥菜の身柄を引き取りに行ったのだ。現地で時間をかけて捜索するのではなく、調整した約束どおりに素早く身柄を引き取って戻ってくる予定だったのだ。

こちらの記事からの抜粋ですが、

もし事実なら、後藤さんも湯川さんも何者かに利用されていたのでしょうか?

父親の証言とブログの日記で明確に判明することは、昨年12月までは、湯川遥菜はただのプータローで、無一物の貧困青年だったということだ。海外に頻繁に渡航する資力などない。今年になっての数回の渡航は、父親がカネを出したわけではない。スポンサーがいる。有力なクライアントがいる。それが誰であるかは別にして、その客観的事実だけは与件として確定させようではないか。

事件当初から、湯川遥菜さんと後藤健二さんの組み合わせが、妙にアンバランスな感じがあったのですが・・

後藤健二が熟練の戦場ジャーナリストで、確かな取材をしていた仕事師であることは事実だが、ジャーナリストで同時にCIAの要員という人間はいくらでもいる。学者でも記者でもいる。スノーデンも平素の身分はDell社の社員で、東京で日本法人に勤務していた。

後藤さんがスノーデン?!

トンでも説ではあますが、一応、視野に入れておきましょう。

<追記>

この問題についての続報です。

2015年02月11日

「テロ=茶番劇が見抜かれ、特権階級と普通の人々の断絶が決定的になる」

イスラム国による人質事件については、様々な議論があるが、全体的な見取り図は

A)テロ事件を日本に拡張することで、日本をより統制国家にし、かつ戦争への資金源としたい追い詰められた金貸し勢力の暗躍。軍事利権の拡大を本音としながら、金貸し勢力に乗せられたのか、乗ったのか、は不明だが、完全に使い走りとなり、日本人の生存の安全すら売り飛ばしている安倍自民党政権。

B)他方、安倍政権を批判しながらも、人権派・平和主義のジャーナリストとして後藤氏を支持することによって、金貸しが描く「テロとの闘いか、それとも平和≒テロに屈するか」という対立構図にまんまとはまり、有効な突破口を示せない、左派勢力

C)そんな状況を見ながら、冷めた目でイスラム国のインターネット映像をパロディ化し、クソコラグランプリといったユーモアで笑い飛ばそうとしているネット大衆。

D)実はイスラム国はアメリカによって作られた仮想敵国であり、「テロとの闘い」全体が茶番であると認識し、金貸し→マスコミによる世論操作からの脱却を呼びかける少数のネット世論。

という4つの言論に分類できると思う。Dは勿論、Aとは対立するが、Bのように後藤氏を神聖化する言論には組しない。後藤氏が(自覚的か否かは別として)裏で金貸しにコントロールされている可能性を否定できないし、事実、朝鮮半島系のキリスト教カルトを媒介に、後藤氏と安倍自民党はつながっていると考えるべきだろう。

http://blog.nihon-syakai.net/blog/2015/02/4774.html

「後藤氏と安倍自民党はつながっている」とのことで、これも視野に入れておきましょう!


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 8 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 日本はスバラシイけどソーリは安倍ちゃん。。。

    田中さんは「ISISに捕まった日本人を救出するため、日本政府はISISに関する情報を多く持つ(ってかISISの生みの親である)イスラエルや米国防総省、米タカ派議員など「軍産イスラエル複合体」に頼る傾向を強めざるを得ない。日本政府が、米イスラエルとISISとの裏のつながりを察知した上で、米タカ派やイスラエルと協調するならまだしも、そうでなく米イスラエルとISISとのつながりを陰謀論扱いして無視して動いているように見えるだけに懸念がつのる。」と言っておりました。

    例の記事が削除されるのと入れ替わりにイスラエルがシリアのイスイス(と見せかけてアサドさん)を爆撃というのが出ましたけど、これからはイスラエム国と呼びまショッカー!(>_<)/イ~ス!

    スイスもイスイスと似てるのでスイスラエル金融テロかもしれないですネ。

    • それと言い忘れちゃったけどINDEEPさんのこの↓記事を見たんですが
      http://oka-jp.seesaa.net/article/413106525.html
      ホーキンさんが言ってた人類の平均意識が200以上に上昇したというのは
      このコトが関係してるような気がしました(知的障害のおかげで心はきれい路線)

      • <米イスラエルとISISとのつながりを陰謀論扱いして無視して動いている>

        どっちが陰謀論なのか!って感じの映画じみた展開ですよネ。自衛隊をどうのこうのとか、安部ちゃんが、ここまでバカだったとは・・さすがの性善説もくじけております。

        INDEEPさんの記事は、気にかけてましたが、それが200越えに関係してるという発想はなるほどです。この邦人人質事件も、災い転じて福になればいいですがね〜

        • けさ早く後藤さんコロ助新画像ニュースがネットに出て、今テレビはそのコトで持ちきりな感じですが、コメンテーターはフォローしてるけどこれで安倍ちゃんが日本を守る能力がないとの判断で(イシバとかが騒ぎ出して)もっと残忍なタイプに選手交代があるかもですネ。

          たぶん安倍ちゃんは橋渡し的な役割(ただバカなダケ)でこれは予定どおりなんでしょうけど、でも今回のキテレツなコロ助に関してはデビ夫人があんなコト言ったのからみても色んなご都合から予定変更になった路線みたく感じます。

      • <分断してコントロールする>

        今やバレても、バラバラになればいい作戦みたいですね。

        <中上級者向き>

        これは家族療法の世界ですね・・難しそーな。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top