酵素カフェ

松居一代さんの「九州への奉仕」と13パターンな「台風5号」の行方

松居一代さんの「九州への奉仕」と13パターンな「台風5号」の行方

このところの天候は予測が困難なようで、週末に日本に接近する「台風5号」の進路は、

各国の専門家の予想が13パターンにも割れてるとのことで、
ダウンロード (1)最新科学でも、このところ頻繁なゲリラ雷雨を予想するのは困難なようですが、

コートダジュールでは、バカンス中に火事を見物する事態になっており、

大規模な火災に見舞われている南フランス 2017年7月25日
fa-julyいまだに鎮火せず、beach-fire-france01こんなハズじゃなかったのに・・状態でしょうが、

第6密度からのラー情報によると、

ネガティブな事柄への最大の「備え」は、「あらゆる瞬間」に感謝することです。

(ネガティブ側の勢力らに対する)防御作業とは、非常にシンプルなものであります。 その方法とは、”それぞれの瞬間に対して感謝を捧げる事”であります。 ”自己と他自己(迫害者)を、共に創造主であると認識する事”であります。 ”その心・ハート(緑色光線中枢)を開き続ける事”であります。

 ”常に光を識別して見失わずに、其れを礼賛し続ける事”であります。 此れらが、其処で他勢力からの影響が存在する場合に、その防御の為に必要とされる事柄の総てであります。

http://space.geocities.jp/humblemessages/topics.html

「感謝が一番」というのは、全てのスピリチュアルな教えが強調してますが、

「常に光を識別して見失わずに」というのが中々難しかったりで、

光を求めるハズの「宗教」が、争いの元になったりするパドラックスは、

「マツイ棒」信仰にも適応出来るようで、教祖、松居さんは、今、九州にいるようです。

今、ちょうど
東京から…
1000キロのところまで
きました

目的地は、九州

だって……
豪雨で、大変だったでしょう
だった、ではなく
今も大変ですよ

https://ameblo.jp/matsui-kazuyo/theme-10100115116.html

離婚騒動の最中、松居さんは「ご奉仕」に行くようですが、

安倍総理も九州豪雨の「お見舞い」には行きましたが、
6

災害の最中、肝心な時は帰国せず、奥さんと北欧に行っちゃってたそうです!

G20が閉会したあとの予定は、スウェーデンとフィンランド、デンマーク、エストニアへの訪問という緊急性のない日程だ。事実、北欧への訪問は4月にも予定されていたが、北朝鮮情勢を理由に取りやめている。しかも、今回はすでに大きな被害が出ているのだ。だいたい、国のトップが国内での災害発生を受けて訪問を中止したり外遊を切り上げることは普通にあることで、訪問先の国々もそれで文句を言うことなどない。 にもかかわらず、安倍首相は昭恵夫人とともにドイツから北欧に旅立ってしまったのだ。

http://lite-ra.com/2017/07/post-3301.html

先のラー情報によると、

奉仕には2種類あり、

①「自己への奉仕」・・・自分の「お得のための奉仕」

②「他者への奉仕」・・・見返りを求めない「無私の奉仕」

そして今、地球は、この奉仕活動による「収穫」の時期を迎えているとのことで、
170201earth_sun_moon

そのせいで、天候も不順だったりしてますが、

収穫に至る条件とは、

①「自己への奉仕」系の人は、95%以上が徹底して「自己への奉仕」であること(ネガティブな収穫)

②「他者への奉仕」系の人は、51%以上が「他者への奉仕」であること(ポジティブな収穫)

とのことで、

「収穫」された人々は第3密度から第4密度へ進級しますが、

第4密度では「自己への奉仕」系と「他者への奉仕」系の人は、別々に「仕分け」され、
059dd0e96ab4116d4f38d4a79a303f34第4密度になると、互いに混じることはないそうです。

そして、今のところ、地球の大多数の人が「収穫に至る条件」に達してないとのことで、

収穫の時期になっても、どちらの収穫の条件を満たしてない場合は、進級出来ずに留年ということになります。

ですので、一生懸命「ネガティブな収穫」を目指している人達の邪魔をしないのも、大切な學びなのかもしれませんが、

「他者への奉仕」系の人の場合は、ほんのチョット、他者への気遣いを多くすればイイのに対して、

「自己への奉仕」系の人は場合は、チョットした「ほころび」で95%を割ってしまう「イバラの道」なのに、

政治家を含め、有名人には「イバラの道」を好む人が多いようで、ご苦労なことです。

しかしながら、宇宙的な比率からすると、ネガティブな収穫は少数派とのことですから、

日本列島に予測不能な台風が向かう中、九州に上陸した松居さんの「ご奉仕」が、
matsui-kazuyo1

はたしてどちらのタイプなのか、

①「自己への奉仕」・・・結局は自分の「お得」のため

②「他者への奉仕」・・・自他は一つであることを知っている

「光」の識別力を磨くチャンスですね!


Return Top