酵素カフェ

ロビン・ウィリアムとアーロン・ルッソの早すぎる死にハリウッドの闇を知る

ロビン・ウィリアムとアーロン・ルッソの早すぎる死にハリウッドの闇を知る

2014年の9月11日は、9.11から13年目で、ロンドンオリンピック開催日(2012/7/27)から777日目、ダイアナ暗殺(1997年8月31日)から444週と444日目で、さらに、

いまだ消息不明のMH370マレーシア航空撃墜(2014年3月8日)から3ヵ月と3日目だそうです。そういえば、イヤルの月とかいうイスラエルの祭典は、この9月、10月にありますね・・

sukkot-and-passover-2014-2015

で、名優ロビン・ウィリアム氏の逝去が8月11日で、

まあ、そこまで疑うのは何だけど、ハリウッドのふざけた事実を知った今、100%自殺とは言い切れない気がします。

どんなに才能ある人でも、美形でも、アルコールや麻薬に逃げたくなるような闇がアメリカの娯楽産業を巣食ってるのです。

例えば、日本で大人気だった、この美少年。
yjimage涼しい目元がいいですね〜
しかし、今現在の姿は・・
img流し目の角度に面影があるっちゃ、あるような・・

まあ、外見のことはともかく(それは誰にもあることですから)、6歳の息子をコカインにさらして訴えられたというのは衝撃的な話です。

映画『ターミネーター2』のジョン・コナー役で知られるエドワード・ファーロング君、やっぱりこんな映画に出てしまったのが転落へのアトラクターパターンを形成したのでしょうか?
1461映画中のワンシーンにナント、「9-11に注意」と書かれていました!
johnkona_911_2こういった仕掛けは、あの「マトリックス」にもあって、劇中提示されるキアヌ・リーブスのパスポートの有効期限が2001年9月11日となっています。そして、「スーパーマリオブラザーズ」の一場面では真っ黒なツインタワーが崩壊。

さらに、こんなアニメーションにまで・・
1-911米国アニメ「シンプソンズ」のエピソード「ニューヨーク市 vs 家でくつろぐシンプソン」モロに暗示的な絵ですね。

ターミネーター2は、1991年
スーパーマリオブラザーズは、1993年
シンプソンズは、1997年
マトリックスは、1999年

いずれも2001年9月11日以前ですので、

映画を通して「予告していた」のですが、

「何でわざわざそんな事するか?」と、普通の人なら思いますが、

異常な方々特有の「自分たちが支配している」という自己顕示欲のあらわれです。

で、こういった9.11疑惑が、単なるインボー論でないことは、ベット・ミドラー主演『ローズ』(1979年)やエディ・マーフィ主演『大逆転』(1983年)等で大成功を収めた映画プロデューサーで、

かつ、州知事に立候補するなど政治活動に意欲的だったアーロン・ルッソは、

ロックフェラーさんから、9.11が起きる11ヶ月前に、はっきりと予告され、「仲間にならないか?」とリクルートされた事実を証言しています。

「ローズ」は傑作で、アカデミー賞にも4部門でノミネートされました。

この曲は『おもひでぽろぽろ』の主題歌で、「愛は花、君はその種子」として邦訳されています。

問題のインタビュービデオは、すぐに削除されてしまうようです・・

アーロン・ルッソは、ニューヨーク下町生まれで、ナイトクラブ開業から始めて、ザ・フーなど60~70年代を代表するロック・アーティストのステージを相次いで打ち、彼らの人気確立に貢献しました。

晩年は、政治に関心を向け、2004年には自由党から大統領選に立候補し、2006年には、ドキュメンタリー映画『America: Freedom to Fascism』(日本未公開)を自ら製作・監督し、

連邦準備銀行 (FRB) が政府機関ではない民間の銀行であり、そもそも中央銀行の存在自体、合衆国憲法に違反している、という、最もアブナイ事実を主張したのであります。

リンカーンをはじめ、「自国で紙幣を発行しよう!」と言い出すと、何故か必ず暗殺されるのです。ルッソの言う通り、世界の経済は国ではなく私企業の思惑で操作されてます。

このアーロン・ルッソさんは、半端なくナイーブなお方で、

ウーマンリブ運動は、①女性から税金を取ることと、②家庭を崩壊させて子ども達をマインドコントロールしやすくすることが目的であり、ロックフェラーやCIAが資金提供していた・・

と、聞かされて、大ショックでした。

で、ルッソさんは、先の政治的信条から、「米国の所得税は私企業である連邦準備制度 (FRS) の設立の結果導入されたもので、FRSを廃止すればただちに不要になる」と主張してましたので、彼をスカウトしたのは、脅しの意味もあったのかも知れません。

ターミネーターなど、人気映画にインボーの予告をする理由は、リクルートした相手に選択の余地を与えない力を誇示して、

さらに、このインタビューの後半で、「人々を奴隷にするなんて、僕の信条じゃない・・それは僕の生き方じゃない」と答えたルッソさんに対して、ロックフェラーさんは「一般市民のことをどうして気にかけるんだ」と、冷笑していたとありますが、

「人間の意識レベル」を調査したホーキンズ博士によると、どんなスターや権力者でも意識レベル200以下は邪悪なフォースの力であり、その意識レベルは「プライド」が限界です。

だから「冷笑していた・・」は、フォースな方々にはピッタリで、嘲笑したり得意になるために「予告」するのです。

パワーかフォースか – Power Vs. Force – デヴィッド・R・ホーキンス著 

[ 700~1000 ] エンライトメント(悟り)(表現不可能)
[ 600 ] 平和(至福)
[ 540 ] 喜び(静謐)
[ 500 ] 愛(崇敬)
[ 400 ] 理性(理解)
[ 350 ] 受容(許し)
[ 310 ] 意欲(楽天的)
[ 250 ] 中立(信頼)
[ 200 ] 勇気(肯定)

[ 170 ] プライド(嘲笑)
[ 150 ] 怒り(憎しみ)
[ 125 ] 欲望(切望)
[ 100 ] 恐怖(心配)
[ 75 ] 深い悲しみ(後悔)
[ 50 ] 無感動(絶望感)
[ 30 ] 罪悪感(非難)
[ 20 ] 恥(屈辱)

*( )は、各意識レベルに対応する感情

この表は、20年間、ありとあらゆる人種や階層の人たちにテストを重ねた結果作られたもので、人間の意識レベルには個々の信条や知的レベル、財産の有無などはまったく関係ないそうです。

そういえば、フォースって言葉、ジョージ・ルーカスも使ってましたね・・
imagesディズニーに買収されてしまったそうです。

インタビューを見た感想では、アーロン・ルッソさんは、200以上のパワーのお方だとお見受けしました。しかし、リクリートの後は、さぞかし[ 100 ] 恐怖(心配)や、[ 150 ] 怒り(憎しみ)の状態に追いやられた事でしょうね。何しろ、

「最終目的は人々にチップを埋め込んで社会全体を支配することだ。銀行家、エリートや知事なんかが世界を支配できるようすることだ」

と、はっきり聞かされてしまったわけですから・・

どんなに意識レベルの高い人でも、ストレスで感情が乱れると病気になったり精神を病んだりすることはあります。

アーロン・ルッソさんは、このインタビューの半年後に膀胱癌で64歳で死去したのですが、

アルコール中毒だったというロビン・ウィリアム氏といい、たとえ間接的ではあっても、彼らの早すぎる死には、ハリウッドの闇が関係しているのかもしれないと思いました。


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. >世界の経済は国ではなく私企業の思惑で操作されているのです。

    @わたしがまだインボー初心者の頃、掲示板に現れるこの人の記事が好きでした。
    http://www.asyura.com/2003/dispute8/msg/737.html

    このまえの選挙のとき久々に現れてました。
    http://www.asyura2.com/12/senkyo140/msg/827.html

    • <下位にいるユダヤ人国際金融家を「陰謀論」で叩かせることで、上位の自分たちには害が及ばないようにもしています>

      ここはポイントですね。うっすら感じてましたが、ロックちゃんなんてもうポイポイですね。寄生論は同感です。教えてくれてありがとう!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top