酵素カフェ

「減塩」の驚くべき健康への弊害と砂糖の知られざる依存性

「減塩」の驚くべき健康への弊害と砂糖の知られざる依存性

2016年春、「あまくない砂糖の話」という映画が公開されましたが、

マクドナルドを食べ続けたらどうなるか・・の「スーパーサイズ・ミー」なみの展開で、

60日間「1日にスプーン40杯分の砂糖を摂取し続ける」実験は予想通りだったようで、

砂糖はお口の中を酸性にして、虫歯になりやすくなるし、ガン細胞の餌でもあり、砂糖の過食には十分な注意が必要です。

「砂糖を過食すると、糖尿病、虫歯、動脈硬化症、低血糖症、胃弱、小児の癇(かん)などの病気の遠因となることは、医学的に分かりきっている常識」(郡司篤孝「有害な子ども食品」)

現代人に増えているキレる脳や、イライラ、うつ病は砂糖のとりすぎが原因とも言われていてなぜかというと”低血糖症”になるからなんです。

砂糖をとると血糖値が急上昇してそれを抑えるためにインスリンが大量に出てきて、急降下する。

これを血糖値の”ジェットコースター現象”と呼びます。

そうすると副腎がアドレナリンを出す。これが別名”怒りのホルモン”こうして攻撃的になりキレる脳になるんです。

アメリカの犯罪者の9割近くがこの”低血糖症”だったとも言われています。

しかもこの”低血糖症”が悪化すると総合失調症やうつ病にもなるとさえ言われています。

体に悪い食材 危険な砂糖の話

つまり砂糖には、ステロイド剤などの薬と同じく依存性があり、

常用してると量が増え、かつ、摂取しないではいられなくなる「麻薬」であり、

知らず知らずのうちに、性格形成にまで影響を及ぼしているのです。

1日にスプーン40杯分って、異常な量かと思いきや、

市販の缶コーヒーやジュースには、こんなにたくさんの砂糖が入ってて、
b0200198_19462932

カップラーメンなどの加工食品によって、思いの外、大量に摂取してる可能性があります。

だからと言って、アスパルテームなどの人口甘味料入りには、もっと怖い落とし穴があり、

甘党な自分には八方塞がりなお話ですが、なるべく手作りで砂糖の量を控えめにしたり、

dsc_8170

これは、友人から頂いた「緑の皮のイチジク」ですが、
dsc_8202メチャ甘くて、こういった旬の果物を積極的に摂るようにしてます。

また、最近では天然の甘味を原材料にした「砂糖不使用」のお菓子も出ていて、
dsc_7566このフランス製のビスケットは、中々美味しかったです!

ちなみに砂糖の害は酵素ジュースにして発酵させると「抜ける」と言われてますが、

実際には一年以上発酵させないと、完全には「抜けない」のでご注意ください。

さて、皆が大好きなだけに、甘く見られがちな「砂糖の取り過ぎ」に対して、

国をあげての悪者にされている「塩の取り過ぎ」ですが、

取り過ぎて悪いのは「JTが販売する化学物質塩」だけあり、

自然塩は健康には欠かせないものです!

テレビも、医療も減塩、減塩といいます。

つまり塩も、タバコと同じように、生活習慣病の確信犯にされていますが・・・

実は、減塩は、人体を弱体化させる格好の手段なのです。

人間の祖先は、海の生き物。。。

人間の身体のベースは、体液、血液、羊水など、ほとんど海水と同じ成分です。

ですので減塩がすすむと、病気に成り最終的には人間は死にます。

減塩は、死のふちまで、追い込む行為なのです。

健康になってもらっては、儲からなくなるから、「減塩」をひつように薦めるのです。。。

近年の痴呆症激増の原因は、減塩が大きく関与しています。

そして重大な要素、塩の種類の隠蔽です。

医療や政府の上司である巨大企業は、、自然塩の効果効能を隠蔽し、日本の海岸全域にあった伝統ある自然塩田を、見事にぶっ潰し、代わりに、塩味の化学物質である精製塩にすり替えました。。。

数十年間、塩は、JTが販売する化学物質塩に・・・

(現在は、解禁されています)

それから、始まったのです、花粉症や、アトピーに、うなぎのぼりの生活習慣病が!

一方、昔のように良い自然塩を十分に食べると、痴呆、血圧安定、花粉症、腰痛、アトピー、心臓病、ガン、糖尿・・などなど解消、すこぶる健康になっていくのです。

http://maron49.com/423

ちゃんとした塩は、天然の最高の健康サプリメントであり、

不要なサプリメントや薬をやたら摂り続けると、

免疫系に負担をかけると言ってた不思議な治療士のペルーの先生も甘党でしたが、

「天然塩はいくら摂っても大丈夫だよ」とのことで、

実際に、塩には周波数を調整する絶大な力があることを教えてくれました。

現実は、全て周波数(振動、情報、数値)ですから、空気汚染も放射線も一つの周波数帯域で、それに共鳴しなければ、あるいは打ち消す波動を作り出すことができれば、害を受けることもないであろいうといわれています。

すべては数字、周波数なのです。

http://maron49.com/3788#comment-4367

それゆえ、浄化やお祓いにも使われてきた塩は、

医療への利用が、意図的につぶされてきた歴史もあります。

2015年度の医療費は過去最高の41・5兆円で薬剤費の急増が指摘されてますが、
%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-38

我が家では最近、テーブル上に「くるみ&塩」を置くようになり、
dsc_8251

「甘いものが食べたい」という衝動が生じた時は、「くるみ&塩」をつまむようにして、なるべく砂糖の摂取量を減らし、国をあげての「搾取の構造」に巻き込まれないよーにしてます。


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top