酵素カフェ

ミナミAアシュタールが語る「ストレスと病氣の関係」と医療ビジネスの落とし穴

ミナミAアシュタールが語る「ストレスと病氣の関係」と医療ビジネスの落とし穴

ストレスと病氣の発生が関係しているのは、今や当たり前のことのように言われるようになり、

免疫学者の安保徹氏もストレス重視派ですが、

「夢を叶えたいなら、その夢に「名前」をつければいいんです」というお気楽宇宙人、ミナミAアシュタールさんによると、

「人間の重いエネルギーを欲しがっている宇宙人」がいるとのことで、

こんなメッセージを発してます。

どこかで読んだんですけど、健康に暮らすためにタバコはもちろんのこと、お酒も飲まない、

そして肉も魚も食べないベジタリアンに徹し、運動も欠かさず厳しく自分を律して生きて来た

女性がガンになったらしいんです。

その時に・・こんなことなら好きなことをして、好きな物を食べて、自由に楽しく生きて

いればよかった・・ってものすごく後悔したという話を読みました。

病気だけじゃなくてね、人生すべてそうだと思うんですよ。

これは実際に看護師さんから聞いた話ですけど・・

社会的に成功したと言われている方ほど、なくなる時に・・もっと自由に好きなことして

おけばよかった・・って言われるそうです。

私もそう思うんですよね。

したいことを我慢して長生きしてもつまらないじゃないですか?

自由に好きなことをして、楽しく長生き出来るならしますけど、我慢しなきゃ長生き

出来ないなら長生きしなくてもいいや・・って思うんです。私。

もし、したいことをしてそれでダメだったらあきらめもつくでしょ?・・って思う

ミナミなのでしたぁ~~^0^;

では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

・・・・・・・・・

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します

死ぬときは、死ぬんです。

死なない時は、死にません。

あなた達は、死ぬために生きているわけじゃないのです。

生きるために生きているのです。

死ぬときは、死ぬのですから、生きているときに好きなことを、したいことをしてください。

病気を怖がることもないのです。

病気の原因は、ストレスです。

好きなことをして、やりたいことを楽しんでいればストレスはほとんどかかりませんので、

病気になることもないのです。

もちろん、どんなにストレスフリーであっても死ぬときは死にます。

病気になることもあります・・でも、いまのあなた達の社会にあるのような病気には

なりません。

とてもシンプルな病気です・・どう表現すればいいかわかりませんが、死に直結する

病気はあります。

長い間苦しむような病気はないという言い方をすれば理解して頂けますでしょうか?

寝たきりなどありえないのです。

それは、医療がビジネスになってしまっているからです。

たくさんの病名を生み出し、それによって病気の苦しみや死への恐怖を刷り込み、

それによってビジネスを大きくしようとしているのです。

あなた達の中に死に対する恐怖や病気に対する恐れがある限り、いくらでもビジネスは

成り立つのです。

病気を生み出せばいいからです。

病名をつけて、その病気になったらどういう過程をたどって、どういう結果になります・・

と詳細に教え込めばいいのです。

そして、それを治すためにはこの薬、この治療法・・と提示すればいくらでもビジネスに

なるのです。

死ぬことは悪い出来事で、長生きすることが素晴らしいことだと刷り込めば、長生きする

ことだけにフォーカスして、いまを生きることを忘れさせることが出来ます。

クオリティ オブ ライフ(生活の質)などまるで考えずに、ただ心臓が動き、呼吸をする

だけでも生きているとする医療になるのです。

そうするとビジネスになるからです。

莫大な薬代と治療費が儲かるからです。

定期健診というのもそうです。

数値はいくらでも変えることが出来るのです。

血圧といわれる数値が顕著です。

10年ほど前は180まで正常値でした。

でも、今は130までが正常値でそれ以上は高血圧だとされるのです。

10年前の人の身体と、今の人の身体、そんなに変わりません。

数字をちょっと操作するだけで、健康だった人が病気と診断されるのです。

こうして血圧だけでなく、何年か前は正常値だったものが、数字の操作によって

病気の範囲になるということがあるのです。

検診に行けば、必ず何かの数値に引っかかります。

そうなるように、数字は操作されているのです。

ガンと呼ばれる腫瘍も、あなたの身体の中では毎日のように出来ています。

(ガンと呼ばれる腫瘍は、悪い細胞の集まりではないので取り除く必要はないのです)

そして、放っておけばそのまま消えてしまうことの方が多いのです。

それをわざわざ見つけて(ほとんどガンという腫瘍にもなっていない頃に)治療を

する必要はありません。

いまのあなた達の医療は、ビジネスだということをお伝えしたいと思います。

そして、ものすごくストレスフルなあなた達の社会の中で、少しでもストレスを解消

しようとしていることを意図的に止めるのです。

お酒の話がそうです・・お酒を飲むことでストレスが少しでも和らぐ・・

それが、あなた達を支配・コントロールしてる人たちにとってはイヤなのです。

あなた達から出る、重い波動エネルギーが欲しくストレスフルな社会を意図して作って

いるのに、少しでも解消されると困るのです。

だから、どんどん楽しみを奪う方向へともっていくのです。

直接的に禁止すると反発されますので、あなた達が怖れている病気を使うのです。

これをすると病気になりますよ・・と。

いまあなた達が一番怖れている(怖れさせられている)ガンと言う病気を使って。

そんな脅しに乗らないでください。

楽しくご機嫌さんでいれば、波動が軽くなりますので重い波動と共振しなくなります。

そうすれば、何を食べても飲んでも大丈夫です。

これを食べたらアブナイ、これは身体によくない、これを食べるとガンになる可能性が

高い・・などといちいち考えてフォーカスする方がよほどストレスになって波動を重くして

それと共振してしまいます。

死ぬときは、死ぬんです。

そして、波動が軽ければ病気になっても長く苦しんで死ぬことはありません。

自分が好きなことをして、人生を楽しんでいれば、寝たきりなどになることはないのです。

死ぬことよりも、生きていることを大切にしてください。

クオリティー オブ ライブ(生活の質)・・これが大切なのです。

あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」

http://ameblo.jp/kuni-isle/entry-12216305973.html

今の医療が「怖れ」を餌にした「ビジネス」になってるというのは大いに頷けますが、

「何を食べても飲んでも大丈夫」

というのは程度問題であり、覚醒への過渡期では一時的に敏感になる方が多いのが実感です。

しかしながら、アレコレの健康法も、病氣なることへの「怖れ」からヤルと逆のベクトルになるのは確かで、

健康法でも何でも楽しんでヤルことが大切だと思います。

12月10日土曜日の清里は、昨夜は星が見えたけどチラチラを雪が舞う寒さで、dsc_8915朝方もチラチラ降って、dsc_8914これは雪というより、「八ヶ岳おろし」と呼ばれる八ヶ岳の山頂からの吹き下ろしで、これが始まると「寒ーく」なった証拠です。

実はストレスというのは心理的なものだけでなく、「暑さ寒さ」や「空気汚染」「添加物」など物理的なものも含まれますが、

ストレス源を全て失くすことは不可能であり、ストレスと上手くつき合うことが大切なことをココ極寒の地で學びました。

さて、今日はセルフビルド5年目にして、やっとキッチンが設置される日で、
dsc_8925朝から楽しみで、ワクワクしちゃいます!
dsc_8922

朝9時にキッチン屋さん到着〜
dsc_8932業務用メーカー、フジマックさんに作ってもらったステンレスキッチン、
dsc_8927見えない裏までオールステンレス製です!
dsc_8929想像以上の迫力ある感じで、
dsc_8936ギリギリセーフで、
dsc_8930何とか搬入は出来ましたが、
dsc_8935無事、設置が終わるまでにはクリアしなきゃならい問題が発生するものであり、
dsc_8938現場で加工しながらの1日仕事です。
dsc_8939

最近、つくづく思うのは、こういったガテン系職人さん達って仕事を楽しんでる人が多いな〜ってことで、案外、ストレスフリーに近い生活なのかもしれません。

とは言え、やはり食べ物は大切であり、10時のオヤツには風邪予防効果抜群の、

自家製「干し柿」をお出ししました〜
dsc_8877


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top