酵素カフェ

木の実ナナとプレアデスに学ぶ更年期障害の真実とナツメの効用

木の実ナナとプレアデスに学ぶ更年期障害の真実とナツメの効用

女優の木の実ナナさんは、46歳の時に更年期性うつ病を発症したそうで、前向きで明るい性格だったのが一転して、制御しがたいイライラ感や自己否定、そして、

嫌なことばかり思い出す思考回路になり、気持ちも自然と沈んだ状態に陥ったそうです。
w93-0994-140916
更年期障害とは、女性は一般的に45歳~55歳位の閉経時、男性は45歳~65歳頃にホルモンバランスの変化が起因して起こるわけですが、

その症状は個人差が大きく、その背景には心理的・環境的な要因が大きく絡んでいます。

そして、心理的・環境的な要因は大脳皮質-大脳辺縁系を刺激するため視床下部の自律神経中枢にも影響を及ぼし、自律神経失調症を発症するのです。

つまり、ホットフラッシュと呼ばれる熱感、のぼせ、心悸亢進、発汗、不眠などを中心とした自律神経失調症状と、不安感、抑うつ、恐怖感、疲労感などの精神神経症状はお互いリンクしている関係なわけです。

更年期障害におすすめのバッチフラワーは、うつ状態に対応するマスタードで、ホルモンバランスに作用するフラワーエッセンスです。

木の実ナナさんは、自分の「うつ状態」をカミングアウトして心理面のケアに取り組んだ事が回復のきっかけになったと述べてますが、

今まで、明るく振る舞っていた分、無意識に溜まった「毒」がいっきに出たとも考えられ、更年期に上手く感情のデトックスをすれば、その後の人生が実り多いものになると思われます。

プレアデス情報では、閉経期はエネルギーが深く注入される時期で、女性が自分自身の叡智とのつながりを保持できる時期だと言ってます。

閉経期については完全な誤解があり、それは月経の出血が呪いであるという誤解に似ています。だれもがこの種の誤解を受け入れる傾向があります。閉経期にともなって素晴らしい贈り物が与えられ、人生のこの時点で失われるものは何もないのです。この時期こそ女性にとって素晴らしい充実の時であり、花開く時です。これまでいわれてきたことの正反対なのです。

つまり、更年期において「自分はもう価値がない」と感じさせられるよーな間違った思い込みが、心理面でのバランスを崩す要因であるとともに、

実際問題として人間の自律神経には、ホルモン、免疫、代謝を調整する働きがあり、自律神経のバランスを整える物理的方法として、

①水分をたくさん摂り尿をたくさん出す事、そして②解毒作用のある野菜を意識的に摂り便として排出する事が大切になります。

なぜなら、毒を排出することにパワーを取られると、ホルモン、免疫、代謝の調整の働きがにぶくなり自律神経に負担がかかるからです。更年期とは心身両面での毒出しの時期なのです。

で、先日の恐竜がいた公園で失敬してきたナツメですが、
IMG_1533
IMG_1545
DSC_8338

利尿作用と便秘解消に効果があり、デトックス効果抜群だそうです!

ナツメは、胃腸の働きを活性化し、胃や肝臓の中に溜まっている悪いものを吐き出す作用があり漢方薬としても使われています。

漢方医学では、ナツメは血液に栄養を与え、「気」に良い効果があり、脾臓と胃を元気にする作用があると考えられています。また、栄養不良、貧血、めまい、不眠症、白血球や血小板の減少、慢性肝臓病、喘息、アレルギーなどの治療に効果的とされています。優れた栄養分と薬用効果があることから、漢方医でナツメを使わない人はいないといっていいほど、頻繁に使用されます。

栄養的には「カリウム」や「マグネシウム」といったミネラル成分、ビタミンCも多く、「食べているだけで歳を取らない」と言われているアンチエイジング果実なのです。

さらに貧血や花粉症を改善する効果もあるナツメで・・DSC_8544またまた酵素ジュースを作ってみました。
DSC_8554最初は、そのまま砂糖をまぶしたのですが、
なかなか水気が出てこないので、竹串で穴を開けて、
IMG_1570さらに発酵を促すため以前の酵素ジュースを少量加えます。IMG_1569

アンチエイジング&更年期障害に効果抜群らしいナツメ酵素ジュースとバッチフラワーで、更年期が実り多き時期になりますように!

酵素ジュースの作り方はこちらで・・


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top