酵素カフェ

知っておいた方がイイ「ミュータントを食べて生きている」現状とその解決策

知っておいた方がイイ「ミュータントを食べて生きている」現状とその解決策

10月22日、皇居で二重の虹が出たそうで、

2019年4月の生前退位を前に、
koukyo-rainbow-2018ラッキーな「二重の虹」が出たのはイイ兆しかもしれませんが、

リサーチや分析がお得意な井口博士によると、今の日本の現状は、

「シオニストの描いた世界経済支配の戦略であった、日本の農業を潰し、日本の完全支配を目論むものである」

が、着々と進んでいる・・とのことで、
DSCF2164

実際、豊かだったヨーロッパの「食」は、自分が留学していた30年前とはだいぶ違ってるようでして、

ローマでは10月21日、巨大な「雹嵐」に見舞われ、
rome-hail-1021 
rome-hail-human01まるで「噓」みたいな状態になりましたが、

1994年、ロシアに実在する「世捨て人」、

アナスタシアと出会い、

人類に秘められてきた情報を発信し続けているメグレ氏は、
box-after

今や、世界中の人が「ミュータントを食べて生きている」と言ってます。

中流、または高級なスーパーマーケットに入ってみてほしい。大都市では、もうそのようなスーパーマーケットはめずらしいものではないだろう。棚にはとてもきれいな輸入品のトマトやキュウリが並んでいる。

その野菜たちは大きさが同じで、きれいで、ときには茎と葉が付いたままで売られている。しかし匂いも味もしない。これが変種、ミュータントなのだ!

これは錯覚、模型、本来あるべき姿を外見で思わせるだけのものなのだ。世界の大部分が、このようなミュータントを食べて生きている。これは私が発見したことではない。我々が高度先進国だとみなしている西欧諸国の多くの国々で、人々が心配していることなのだ。

例えばドイツでは、特定の添加物を使って生産された野菜は、店頭の札で表示しなければならないことが決定された。そして裕福な人々はそれらを買うのを避けている。生産環境の良い地域で、化学肥料を一定量に制限して栽培された作物は、西欧諸国ではかなり高価である。

ただ、西欧諸国における農業生産確保のための農業システムが、周囲の生態系が完全に純粋で自然な場所で栽培された農作物を作ることを許さないのだ。西欧の農場主は雇用した労働も、あらゆる農業機械も、化学肥料も、雑草を駆除する農業も、すべてを使用せざるを得ないのだ。

で、アナスタシア情報でロシア人は行動を起こし、
Czeic

ペレストロイカ以降、急激に変化したロシアの「食卓」は、
DSCF3353

「ダーチュニク」現象で、守られつつあるようです。

日本でも「食」の問題は、

井口博士がおキライなNHKでの人気番組、
3cada03c7fb6f57960dec206b7817b79e21f96b0.41.2.9.2

「チコちゃんに叱られる」で、
9uI7hZV是非とも取り上げて頂きたい大問題であり、

ホント、「ボッーと生きてる」と健康を害する・・ようでして、

先日、久々に「風邪」を引いたのですが、

そのきっかけが「パン」でして、

ここ数年来、パンは清里でGETするのが常で、
IMG_0204

元、フレンチのコックさんで、
DSCF3429パリでパン焼き修行したオーナーさんが、

DSCF3430夜中から作っている「ブレドオール」のパンは、

昔懐かしいクリームパンや、
DSCF3419

外側サクサクのメロンパンも美味しく、
DSCF3416
DSCF3417

デニッシュ系のパンなど、
DSCF3426

DSCF3414

油分が多いパンを食べても、全然、大丈夫なんですが、

八王子の自宅近くのスーパーマーケット内でのデニッシュ系のパンを食べたら、

その時は、フワフワしていて「美味い!」と思ったのですが、

数時間後、胃がもたれて気持ちが悪くなり、その翌朝、首を寝違いてしまい、

風邪に突入・・・

もちろん、寒さなど、他の要因もあるでしょうが、

腸内バランスが崩れたことが起因してると思われます。

考えてみれば、同じ「焼きたてパン」でも、
DSCF3413
DSCF3425

職人さんが夜中12時に来て、捏ねて焼いてるパンと、
DSCF3432

「冷凍」を店内で焼くだけのパンが同じであるわけがなく、

あのフワフワ感は、「トランス脂肪酸たっぷりなんだろな〜」って感じで、

コンビニパンじゃなくても、「ボッーと生きてる」と、
612ac624cf23cd777c6f2c4c336eb4c2972a4c5d.20.2.2.2
「チコちゃんに叱られる」を実感しましたが、

幸いなことに、自然治癒力は確実にアップしてるようでして、

今回の風邪は38度近くまで熱が上がり、

熱が出るのは久々で、子どもの頃の風邪みたいに、

熱は1日で下がり、鼻づまりもなく、即、通常モードです。

アナスタシアによれば、「ダーチュニク」達が心を込めて作った農作物を、

年に数度でも口にすると、「健康になる」と言ってますが、

実際、ペルーラムさんの新米を食べるようになってから、
KIMG0028

自然治癒力がアップした感じで、

先日、バッチフラワーの御相談に来た方で、

ペルーラムさんのお米を食べた方からこんな感想を頂きました。

『本当に「おいしい」という表現以上のすばらしいお米でした。なんか光ってるんです!本当に元気になるお米です』

精神世界上級者の方ですが、

「メチャ美味しい!」しか言えないボキャ貧としては見習いたい・・「的を得た」表現力です。

故ペルーの先生はペルーで40年以上、10万人以上の患者さん達を診て来て、

晩年は、「食べ物」と「子ども頃からヤル・・」ことが大切だと言ってましたが、

息子のラムさんが南部町で、
IMG_0450-2その遺志を継いでいます。

しかしながら、たった一人で、
DSCF9814

天日干しの無農薬米はたくさんは作れず、
IMG_20181011_202645_785

親族と、ご縁のある人に「お分け」する・・といった、

まあ、本業は整体師だからこそ出来るのでしょうが、
DSC_3003

まさに「ダーチュニク」的な生活をしています。

さて、今年はまだウチも食べてない新米を、

今週土曜日、駒沢公園のマーケットに出品とのことで、
IMG_20181018_225514_370

値段を聞いたところ、

今年は1kg1000円、3kg2500円、5kg4000円とのことです。
1539590190601

通販は「10kg送料込み」で1万円とのことで、早速、贈答用に予約入れておきました!

スーパーマーケットの新米は、古米を混ぜてると聞いたことがありますが、

「安く・便利」にするためには、プラスチック米といった、

「噓」みたいな現状もアルことを自覚した方が良さそうで、

日本の命綱「お米」が、

「錯覚、模型、本来あるべき姿を外見で思わせるだけのもの」

にならないよう、

「ダーチュニク」な方々が、
DSC_1645どんどん増えていくことを期待します!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top