酵素カフェ

村井教授の水平移動変動図と箱根状況と公開された「隠された秘密」

村井教授の水平移動変動図と箱根状況と公開された「隠された秘密」

8月になると「クラゲ」が出ますので海で泳ぐのは要注意ですが、今、日本の海にはサメがうじゃうじゃいるそうで、

その上、地震予測で有名な東大村井教授が、南関東警戒レベルを最大に引き上げ、
BLCDZGI0150810000233

ちょっと気にはなりますが、明日は箱根の「大文字焼」&「花火大会」に行く予定です。
97d311f3f006478afa87f492aca3fbab

877

箱根は、6月末から噴火警戒レベルが3(入山規制)ですが、噴火規制ギリギリの所に別宅がある義姉の話では、川の水の濁りが最近なくなってきたそうで、

箱根町は万全の構えで開催するようです・・

県温泉地学研究所(温地研)などによると、箱根山の大涌谷火口周辺から約2~3キロに位置する同エリアは、噴火しても噴石などの被害を受ける可能性は極めて低い。しかし主催する箱根強羅観光協会は「対策を重ねて“想定外”をなくし、元気な強羅を安心して楽しんでもらえるようにしたい」と安全対策の徹底を決めた。

当日は同エリア周辺のみで聞けるラジオ「FM強羅」(79・0メガヘルツ)を臨時開局。同時に旅館やホテル、観光客向けに町内に設置されたスピーカーでも放送する。温地研と連絡を取り合い、火山活動などに変化が起きた場合は即座に“臨時ニュース”を入れる予定という。

大文字焼と打ち上げ花火は16日午後7時半から行われる。

問い合わせは、同協会電話0460(82)2300。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150815-00003140-kana-l14

まあ大丈夫でしょうねぇえ!!

ところで、インボー系では軽さで好印象だった「玉蔵さん」のfacebookが突然消えてしまったそうで、

経済畑出身の「玉蔵さん」、さほど過激でもないのにナゼだか不思議ですが、

いずれにせよ、感情を整え「振り子」と縁を切ることが重要だと、プレアデスさん達は言ってます。

人類全体から隠されてきた大きな秘密の一つは、感情には途方もないほどの豊かさと富がともなうということです。

あなた方は感情を探求しないように導かれてきました。というのは、感情を通じて、物事の本質が分かってしまうからです。

周波数コントロールの程度がシフトして、今、外からやってくるエネルギーが地球を変えはじめています。

これらのエネルギーはあなたを必要とします。これらのエネルギーといえども、地球を外から変えることはできません。

地球は内部から変わらなければなりません。

これらのエネルギーは単に創造的な宇宙線を地球にもたらし、その光線があなたを貫いて、肉体の内部に飛躍的な進化を引き起こすのです。

あなたが感情を適切なかたちで使うことができるようになったとき、そして自分自身の周波数をコントロールできるようになった時、

あなた自身がこの光を発することができるようになるでしょう。

それが出来るようになると、恐れの周波数にエネルギーを提供しなくなるでしょう。

そのための具体的なメソッドは、地球での生活をドン底まで味わったロシアの元量子物理学者が公開してますので、

もはや人類に隠された「秘密」はナイのかも知れません・・

振り子にとっては人々を支配下に置いておくことが有益なのだ。振り子は自分の目的だけを追い駆けるが、人は振り子にとっての道具、手段、操り人形に過ぎないのだ。

あなたの魂は喜びを求めてこの世界に来たのだから、魂がそうすることを認めてあげよう。あなたとは縁のない振り子のための仕事に一生を捧げるか、それとも自分の喜びのために生きるのか、あなたが決心するだけの話なのだ。

もしあなたが喜びを得る方を選択するなら、あなたの自由を拘束している振り子から解放され、あなたの目的とあなたの扉を見つけなくてはならない。

「あなたの目的とあなたの扉」とは、子供の頃から「振り子」に押しつけれた「偽の目的」を見抜くことから始まります・・

それぞれの魂には、自分だけの光り輝くセクターがある

あなたが誰かを模倣するという無益な試みをやめたら、すべてはうまくいく、他人のシナリオを追いかけるという無益な試みをやめたら、やはりすべてはうまくいく、自分の個性の素晴らしさをあなた自身が認めるようになったら、他人もそれを認めないわけにはいかなくなるだろう。

思いきって自分の素晴らしさを所有しようとしてみよう。

一人一人が幸福でいるだけで「振り子」は弱まり、社会も変わります・・
DSC_3337

要は、「思いきってありのままの自分」で、望むものを「思いきって所有」する意図を持てばイイのですが、それには「過剰ポテンシャル」と「平衡力」を処理するテクが必要です。

過剰ポテンシャル

過剰ポテンシャルとは、均質なエネルギー場における緊張や局地的な擾乱(じょうらん)のことである。
こうした異質性は、何らかの対象に必要以上の大きな意義が与えられる場合に、思考エネルギーによってもたらされる。

たとえば願望は過剰ポテンシャルである。自分にはないものをあなたが所有したいという身も細るような願望は、エネルギー上の「気圧差」をもたらし、その結果、平衡力の嵐を起こす。

過剰ポテンシャルのほかの例としては、不満、非難、歓喜、崇敬、美化、過大評価、軽蔑、虚栄心、優越感、罪悪感、劣等感などがある。

平衡力

過剰ポテンシャルがあるところでは必ず、それを解決しようとする平衡力が発生する。

過剰ポテンシャルの解消に向かう平衡力の作用は、大半の問題をもたらす。この際、いったい何が起こっているのか、まったく理解できなくなる。こうしたことから、まるで何らかの説明できない悪意ある力、つまり一種独特の「卑劣さの法則」が作用しているように感じる。

良かれと思ってしたことが裏目に出るのは、「不満、非難、歓喜、崇敬、美化、過大評価、軽蔑、虚栄心、優越感、罪悪感、劣等感」などの「過剰ポテンシャル」が発生して、「平衡力」が作用する仕組みで、

例えば、先日の「ご近所さん3匹のワンちゃん置き去り事件」ですが、

行動する前に、重要性を低めて「過剰ポテンシャル」を調整するのは確かに効果アリます。

問題を解決する際には、金科玉条とも呼ぶべきものが一つある。問題解決に着手する前に、重要性の程度を引き下げるということである。そうすれば、平衡力が邪魔することはなく、問題解決は簡単に呆気なく済むだろう。

重要性を下げるには、「見て見ぬフリ」は逆効果だそうで、
cf72b6dbd6dc5861474f3db94e109f9a
行動せずに気をもむばかりというのも、重要性をますますエスカレートさせるだけである。重要性のポテンシャルは行動によって拡散する。考えないで行動すべきである。

確かに、行動することにより現状把握が可能ですが、

これ以上はどうしょうもない、と理性が判断したら、「手放す」ことも大切です。

5日目になっても帰って来ない飼い主さん、置き去りワンちゃん達が心配ではありますが、これ以上どうしようもありません。
IMG_2664 (1)

もし行動することができなくても、考えてはいけない。注意をほかの対象に向け、状況を解放してあげることが必要である。

自分の場合、「注意をほかの対象に向け、状況を解放」する特効薬がバッチフラワーで、

今回はこの組み合わせで・・

DSC_3527

レッドチェストナットは、愛するものへの利他的な心配に使います。お母さんが子供を心配し過ぎて、かえってネガティブなエネルギーを引きつけてしまってる状態です。

パインは、「罪悪感」で、人類特有の感情でもあります・・

人間だと100歳!罪悪感フリーな20歳猫は生粋のトランサーファーですが、
DSC_7007

20年前ですが、愛犬を若くで亡くしてしまったことがあり・・
DSC_3525

スターオブベツレヘム という「トラウマ」に対応するバッチフラワーを時々飲んでます。

さらにウォルナットは、

「他者や環境からの影響」からエネルギー的に守ってくれる、出番の多いレメディです。

こうやって「選択」しているだけで、もう過剰ポテンシャルが消えちゃう感じなんですが、

今回、ふとコレが気になって、追加で入れてみました。
DSC_3529

本気でヤル時は、撰んだレメディを30mlのミネラルウォーターに各2滴入れて、1日4回4滴飲みます・・

ホリーは、純粋な怒りの感情ですが、臨床的には、罪悪感のパインを使った後にホリーが出ることがよくあり、
Ilex aquifoliumホリー(西洋柊)は白い花で、
dsc04194_1024x768ベリーのような赤い実をつけますが、

真っ赤な怒りは、ホリーによりバランスとれると本来の「純粋な愛」に戻ります。

過剰ポテンシャルとは、バッチフラワーでいうマイナス感情ですが、バランスが戻れば「平衡力の嵐」は必要なくなります。

怒りを抑圧する罪悪感は、「思いきってありのままの自分」でいることをブロックする手ごわい感情で、「振り子」は人間の罪悪感を利用して、プレアデスさんの言う、

あなた方は感情を探求しないように導かれてきました

に、誘導してきたようです・・

さて、箱根に行くのは、ダイエットのためにバッチフラワーを使ったら、12歳年下の彼をGETして結婚した姪を祝うためなんですが、

太っていようが、痩せていようが「思いきってありのままの自分」でいるとイイことあるのは確かなようで、

毎年、8月15日の終戦記念日には、

二度と間違いを犯しません・・じゃなくて、

二度と「振り子」に振り回されません・・を、肝に銘じたいものです!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top