酵素カフェ

「シフトした人と、しない人」の行く末と依存関係に基づく「愛」の弊害

「シフトした人と、しない人」の行く末と依存関係に基づく「愛」の弊害

「現在はすでに地球の次元が上昇している段階」であると述べていた故ドロレス・キャノンさんは退行催眠により得た情報で、

「魂」的には地球のカルマがなく、ボランティアで地球に来た「魂」には3つの波があると述べてましたが、

下のインタビューは、2012年のもので、ドロレス・キャノンさんの催眠テクニック、クォンタム・ヒーリング・ヒプノシス・セラピー(QHHT)による情報です。

<シフトについて>

スザンヌ: リニー、シフトについて知ってることを教えてくれる?

リニー: びっくりしないでね。それは大きなものになるわ。彼女は気付いてないけど、準備が出来てる。徐々に移行して、それが瞬時に起きることはない。1、2年はかかる。でも世界の歴史から見れば、とても短い期間。

スザンヌ: どんな変化に気を付ければいいの?

リニー: 周波数を移行させていくと、いつもと違うことが起きてるように感じる。あなたが人生で、愛に囲まれているかが指標になる。愛を感じている時、周波数が上昇する。それは世界の片隅で始まって、準備が出来てる人もいれば、まだの人もいる。そこに抵抗を感じる人は、まだシフトの準備が出来てない。

スザンヌ: シフトの途中で、政府は何が起きているか気付いて、情報を出したりするのかしら?みんな何が起きてるか理解するの?

リニー: 政府は、それを理解しない。彼らはシフトしない。あなたみたいな人たちを通じて、シフトは起きる。

スザンヌ: それは気候パターンにも影響する?

リニー: もうしてる。

スザンヌ: 何か準備をしておくことがあるかしら?

リニー: 自分と身の回りの人たちの面倒を見ること。混乱する人もいるから、自分を守る手立てをしっかり持つこと。シフトする人と、しない人がいる。

・・・・・

<古い地球と新しい地球>

スザンヌ: 古い地球と新しい地球に分かれるの?

リニー: そう。シフトした人と、しない人。

スザンヌ: シフトしない人は、どうなるの?

リニー: 戦争や飢餓、暴力と共にある現実を経験する。シフトした人がいることにも気付かない。

スザンヌ: じゃあ、シフトした人は?

リニー: 平和と愛に溢れ、人々が互いに助け合う世界になる。エゴがなくなると、3次元の最も大事な部分を使えるようになる。

・・・・

<シフトしない人の目的は何?>

スザンヌ: あなたは、シフトを経験するためにここにやって来たの?

リニー: そう。この惑星を歩いている人は、皆その目的で来てる

スザンヌ: でも、目覚めてない人は、どうしてこの時期、この惑星にいるの?彼らの目的は何?

リニー: それは自分で決めることであって、選択の問題。自分のレッスンを学び終えて前に進む人もいれば、問題にはまってしまって抜け出せず、シフトできない人もいる。

・・・・・・

<ライトワーカーの役割>

スザンヌ: ライトワーカーの役割について教えてくれる?

リニー: この情報を提供し、受け入れる決断をし、それに従って行動すること。

スザンヌ: 目覚めた人は、惑星がシフトするためのエネルギーを抱えてるって本当なの?

リニー: それは本当。必要なエネルギーを保持してるだけじゃなく、他人がエネルギーを解放する手助けもしてる

・・・・・・

<周波数を上昇させる>

スザンヌ: こういうヒプノセラピーは、周波数を上昇させる役に立つの?

リニー: 溜めていた言葉を外に出すことで、周波数は上がる。でも他にも方法はある。周波数を上げたい人は多いけど、みんな方法を知らない。

スザンヌ: 基本的に、いい気分でいる時は、周波数が高いと考えていいのかしら?

リニー: そう。良い気分でいることと、愛を感じること。周波数を上げるために必要なのは、それだけです。

metaphysicstsushin

感覚的には「今の流れ」に合致している情報で、シフトのポイントは「愛」とのことですが、

こういったスピ系やチャネリングには全く縁がなかったのに、

ある日突然、どこからかトランサーフィンの知識が舞い降りて来たというロシアの元量子物理学者によると、

「愛」が「依存関係」に陥ると、「過剰ポテンシャル」というマイナス感情を発生させ、

<過剰ポテンシャル>

過剰ポテンシャルとは、均質なエネルギー場における緊張や局地的な擾乱(じょうらん)のことである。
こうした異質性は、何らかの対象に必要以上の大きな意義が与えられる場合に、思考エネルギーによってもたらされる。

たとえば願望は過剰ポテンシャルである。自分にはないものをあなたが所有したいという身も細るような願望は、エネルギー上の「気圧差」をもたらし、その結果、平衡力の嵐を起こす。

過剰ポテンシャルのほかの例としては、不満、非難、歓喜、崇敬、美化、過大評価、軽蔑、虚栄心、優越感、罪悪感、劣等感などがある。

過剰ポテンシャルを解消するために、不測のアクシデントが起きたりします。

<平衡力>

過剰ポテンシャルの解消に向かう平衡力の作用は、大半の問題をもたらす。

この際、いったい何が起こっているのか、まったく理解できなくなる。

こうしたことから、まるで何らかの説明できない悪意ある力、つまり一種独特の「卑劣さの法則」が作用しているように感じる。

ですので、周波数を上げる無条件の「愛」と、
5e37829d5a61fe617914574bb13e40cc
「依存関係」に基づく「愛もどき」を混合しないことが大切で、

「依存関係」とは、対象を理想化したり、条件付けしたりする関係です。

<依存関係>

世界の理想化は、不満の裏返しでもある。ものの見方はバラ色の色調を帯び、多くのことが実際以上に良く思われる。ご存知のように、本当はそこにないものがあるかのように思われると、過剰ポテンシャルが生じてくる。

理想化するとは、過大評価する、高所に祀り上げて称賛する、崇める、崇拝の対象を作る、という意味である。

世界を創り、動かしている愛は、逆説的に聞こえるかも知れないが、それが本質的に冷静なものである点で、理想化とは異なっている。

無条件の愛とは、所有権のない感情、崇拝なしの歓喜のことである。別の言い方をすれば、それは、愛する者と愛される対象との間に依存関係を作らないということにある。この単純な公式は、どこで感情が終わり理想化が始まるのかを突き止める時の助けとなる。

あなたが花と緑に埋まれた谷間も散歩しているとしよう。この素晴らしい景色がすっかり気に入り、新鮮で芳しい空気を胸一杯に吸い込み、あなたの魂は幸せと安らぎで満たされている。これが愛である。

この後、あなたは花を摘み始める。花を生き物だということを考えずに、摘み取って、両手でぎゅっと握る。すると花は次第に萎れていく。この後、あなたの頭には、花から化粧品を作ったり、そのまま生花として販売したり、または花を崇拝するカルト集団を創設して、偶像のように花を拝むことができるなどという考えが浮かぶ。これが理想化である。なぜなら、いずれにせよ、あなたとあなたがさっきまで愛していた対象である花との間には、依存関係が築かれるからである。

あなたが谷間の風景をただ満喫していたあの瞬間に存在していた愛は、もはや跡形も残っていない。この違いを感じていただけたであろうか?

さて、愛はポジティブなエネルギーを創り出し、あなたをそのエネルギーにふさわしい人生ラインへと運んでいってくれる。一方、理想化は、過剰ポテンシャルを産み、それが平衡力を発生させ、そして、平衡力が過剰ポテンシャルの解消へと向う。・・

もし愛が依存関係に移行するならば、過剰ポテンシャルの発生は避けられない。自分にないものを所有したいという望みは、エネルギー上の「圧力差」をもたらす。依存関係は、「もしあなたが・・・ならば、私は・・」という条件があることによって明らかとなる。・・

一つのものが他のものと比較されたり、対比されたりする場合にも平衡力は崩れる。「我々はこうだが、奴らは違う!」・・すべての紛争は、比較と対比に基づく

つまり、いくらヨン様を追っかけても、それは「愛」ではなく「理想化」であり、
11

所有権がアリアリの感情から解放してくれるバッチフラワーはチコリですが、

ある典型的なチコリ母さんは、子どもの中学受験に必死になり、その不安感から新興宗教に入ってしまい、

子ども希望校に合格したにもかかわらず、

自分の子どもより出来なかった同級生が「早稲田」に合格したことを、

「なんか面白くないのよねぇ・・・」と正直に愚痴ってましたが、

こうした他者との比較をしている限り、

どんなに願望が叶っても、決して幸せにはなれないようで、

しかし、そういったことも、

選択の問題

であり、

この友人とは十数年前から交流がなくなっていきましたが、

「依存関係」のない愛とは対象をタダあるがままに愛することで、

f5888df05fa73118aa54f386ea9decaf

シフトするしないにかかわらず、今、地球上にいる人は皆、進化するための同士であることは確かなようですネ!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top