酵素カフェ

石垣島の勇灯とハートに響く「2児の父」からのメッセージ

石垣島の勇灯とハートに響く「2児の父」からのメッセージ

新月は、新たなスタートのタイミングとして、願い事をするとイイと言われてますが、

2017年9月20日の乙女座の新月は、8月13日日に始まった「水星逆行」の影響が終了する時期とドンピシャですので、

この水星が逆行の始まった場所に戻るのは、9月19日。
その日には、水星食もあります。九州や南西諸島で見えます。逆行をおわって、再生するように感じます。

なおさら、願い事にはピッタリのタイミングかもしれません。

先週は台風18号に見舞われた日本列島ですが、

9月19日は無事、初の沖縄、「石垣島」に上陸することが出来まして、

レンタカー借りて、午後3時半、立ち寄った人気カフェ、「プカプカ」は、
KIMG0010噂通りの絶景カフェで、
KIMG0012台風一過の、青ーい海を見渡しながら、

KIMG0014キーマカレーと
KIMG0013タコライスで、

吉祥寺あたりにありそーな、小粋なランチを頂くことが出来ました!

宿の名蔵ビィレッジも、アジアン雰囲気な広々スペースで、
KIMG0026宿の前は名蔵湾で、満面の星空が見渡せ、

今朝早く、スゴい雨が降ったと思いきや、スグに止み、大きな虹が出て、
KIMG0005今日も暑くなりそうです!

昨日の夕暮れ時は、底地ビーチの方までドライブしたら、

KIMG0002KIMG0007
途中、ドローンをやっている地元の方々がいて、
KIMG0001皆さん、真っ黒に日焼けしているけど、ちゃんと日本語で、はしゃいでました!

船浮かぶ、底地ビーチの夕焼けは、KIMG0009静かで穏やかな夕凪で、
KIMG0011それでいて勇気をもらえるようなオレンジ色の灯火で、

地中海や南洋諸島とは違う、夕陽=勇灯と呼ぶのにピッタリな「日本の海」であり、

さすが沖縄、めちゃくちゃ海キレイだけど、やっぱりココは日本なんだな〜と実感しました。

しかしながら、この美しい日本は、今、重要な岐路にアルようで、

「手遅れになる前に、世の中を変えないといけない、
と、ずっと考えている40代半ばの2児の父です」

という方が、素晴らしいメッセージを綴ってます。

<踊らされないこと。>

2017-09-15 20:05:18

今朝のNHKニュースを見ていて、
「この国は来るとことまで来たな」と思いました。

朝のニュースといえば、
その日1日をスタートするための情報が詰め込まれたものであり、
多くの人がその情報に目を向けています。

そこで「北朝鮮からミサイルが発射されたので、注意せよ」と
国民に向けて呼びかけているのです。

Jアラートなどと、目くらまし的な名前をつけていますが、
これは、やっていることは「空襲警報」と同じです。

いまは、戦時下ですか?
日本はどこかの国と交戦状態にあるのでしょうか?

こういうときは、反射神経で思考したり行動したりせず、
「なぜこういうことが起きてるのだ?」という視点を
絶対に失なわないでください。
なぜなら、この情報を出している側の狙いは、まさにそこにあるからです。

我々の心をに印象だけで操作しようといているのです。
私は本気で言っています。

お花畑でもなんでもありません。

戦後、日本のメディアは、
「国民を扇動したことへの反省」からスタートしました。
70年間なんとか保って来たその聖域が、
世代の交代とともに、一気に瓦解したのが今です。

いま、メディアがやっていることは、
大本営がどうのこうの、という嘘の報道で、
国民の戦意昂揚を煽った過去の歴史の繰り返しです。

問題は、我々日本人に、ちゃんとそう見えているかどうか、
ということです。
一度ならず、二度までも、我々日本国民は騙されるのでしょうか?
日本という国家に騙されるのでしょうか?
いま、その瀬戸際なのです。

まず、今朝、北朝鮮からミサイルが発射された、という
執拗な警告がなされました。

皆さんは、あのミサイルが日本に本当に着弾すると思うのでしょうか?
私は「そんなわけないだろう!」と思っています。

が、多くの人は「本当だったら大変じゃないか!」という気持ちで、
私のような考えの意見に対し「お花畑」と言うのです。
その気持ちは、私はよくわかります。

しかし、残念ながらそういう皆さんは、為政者にとって、
もっとも簡単にコントロールできる人柱予備軍です。

「深く考えず、すぐ信じ、すぐ気持ちを荒げる人」

これこそが国にとってもっとも好都合な国民像です。
しかし、国家はそんな誠実な国民の命を守るのではなく、
その命を自分たちの思惑のために使い潰そうと考えているのです。

そのことを、忘れないでください。

国家にとって、少なくとも今の日本國にとって、
日本国民は「守るべき対象」ではなく、「消費財」なのです。

国民を「主権者」ではなく、
単なる消費財にしたくて仕方なかった人たちが、
いま、この国のトップにすわり、この国を好きなように操作しています。

その結果のひとつが、今朝の警報です。
そこに気づいてください。

私がいちばん危惧するのは、こういうことです。

いま、多くの日本人は、情報に踊らされて、
特に深く考えることもなく、
北朝鮮などという国には圧力をかけたり、
なんなら攻撃しても構わないと思っていることでしょう。

しかし、そんな我々一人ひとりの小さな憎悪が引き起こすのは、
なんの罪もない北朝鮮にすむ一般人たちの命を
奪い去っていくことなのです。

そういうことは、中東でも起きましたよね?
それに、我々自身も、広島や長崎や、沖縄戦で、
それを経験したではないですか。

国と国のやりとりには関係の無い一般人が、
戦火に焼かれて死んでいくのが戦争ですよ。

そして、そんな考えられないような理不尽を可能にするために、
我々は「北朝鮮にいるやつらなど、我々と同じ人間ではない」と
思い込まされているのです。
今朝のような報道によって、です。

でも、本当に北朝鮮にすむ一般の人々は、
生きる価値もないのでしょうか?

もし、どこか別の国の人たちが、
「日本人は人間じゃないから、殺してもいいんだ」なんて考えていたら、
あなたはどう思いますか?

それと同じ感情を、北朝鮮の人々に対して思っていませんか?

この世に殺してもいい国民がいる、と考えた瞬間に、
人間の尊厳は失われます。
人は理性を失い、獣になってしまいます。

そのゾーンにだけは、絶対に入ってはいけないのです。

人は、簡単に別の人に憎悪の感情を抱く生き物です。
だからこそ、それを権力者に利用されないように、細心の注意が必要なのです。

https://ameblo.jp/tkma-fkng/entry-12311064000.html

「一度ならず、二度までも、我々日本国民は騙されるのでしょうか?」

というお言葉が、ストレートに響きますが、

確かに、このところヤタラと、

「地震、台風より、北朝鮮のミサイルの方が怖い〜」

という声をよく耳にします。

今の北朝鮮は方々は、狂った指導者の一番の犠牲者として、
img_6a81af2833556164ef8d47b5355daca2472417

食うや食わずの困窮した生活を強いられている状態であり、

しかしながら考えてみたら、日本もかつては、

「欲しがりません勝つまでは」

という時期があったわけで、

情報操作の怖さを、日本人は既に経験しているのだから、歴史から学ぶことが出来るハズです。

羽田から石垣島への直行便には、就学前の幼い子を連れた家族がたくさん乗ってましたが、
b3354_1511_81879bfa563b6bcf8f9de48fd01b72be

石垣島のちょっと先には台湾、そして、中国、朝鮮もあり、どんな国の方々でも、子を思う親の気持ちは同じです。

沖縄戦では、かつて、たくさんの民間人の「命」が散って逝きましたが、

それにもかかわらず、穏やかな沖縄の勇灯を見ていたら、
KIMG0009

なおさら、「2児の父」からのメッセージが胸に響きました!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top