酵素カフェ

実在した「日本人戦争罪悪プログラム」から抜け出すために脳科学者・苫米地英人氏が推奨すること

実在した「日本人戦争罪悪プログラム」から抜け出すために脳科学者・苫米地英人氏が推奨すること

3月10日は東京大空襲のあった日ですが、その頃の日本のスローガンは「一億玉砕」で、

空襲から一夜明けても、そのスローガンを貫き通したそうです。
img_e5f73895e9f68f1ec9bc26cce7428f86193170

<10万人が死亡しても「空襲を恐れるな」>

1945年(昭和20年)3月10日の深夜0時08分、約300機のB29爆撃機が東京上空に飛来し、約2時間で100万発以上の焼夷弾を投下した。「東京大空襲」である。

現在の江東区・墨田区・台東区を中心に、千代田区や江戸川区も含む広範囲が焼け野原となった。一夜で10万人が死亡し、罹災家屋は27万戸にのぼった。

この大惨事を受けて、さすがの日本政府も「逃げずに火を消せ」の方針を変更するかと思いきや、そうならなかった。空襲の直後、西尾壽造・東京都長官(現在の知事にあたる)と坂信弥・警視総監も、都民にむけた告諭で次のように呼びかけた。

【東京都長官と警視総監の連名による告諭】
・罹災者の救護には万全を期している。
・都民は空襲を恐れることなく、ますます一致団結して奮って皇都庇護の大任を全うせよ。

「恐れるな」など無理な話だ。しかし、空襲による悲惨な被害実態はラジオや新聞で報道されず、「被害は僅少」という大本営発表が報じられたので、それを信じる国民も多かったはずである。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54614

まあ戦争にプロパガンダはつきもので、踊らされていたのは米国民の方々も同じです。

戦後73年たった日本は平和そのものですが、

霧島連山がまたまた噴火し、

昨晩、東京から清里に着いたらブリザードみたいな雪吹雪で、

今朝は一面真っ白でしたが、
KIMG0006KIMG0005

みるみる溶け、午後にはほぼなくなってます。
KIMG0007

なんだかんだ言って3月はもう春って感じで、明日は東京に帰らず、石川県の加賀に行く予定です。
014

石川県加賀市の山中温泉は、開湯から1300年とされる歴史ある温泉地ですが、

近年、再び注目されたのはテレビのおかげで、

1978年(昭和53年)、樋口可南子のデビュー作、TBS系テレビ小説『こおろぎ橋』や、
300x

ダウンロード

1996年(平成8年)から1999年(平成11年)までフジテレビ系(東海テレビ製作)の昼ドラマ『はるちゃん』の舞台となり、

鉄人・道場六三郎が山中出身だったり、
b5fbcc96

故森光子さんは、『山中節は民謡の中で一番好き』と語ってたらしいですが、
main

そんな由緒ある温泉地だとはつゆ知らず、よりに寄って3月11日に行くことになったのは、

旦那さんが先月突然、「カニ食べたいなぁ〜」と言い始め、
DSCF9866

カニ料理が堪能できそうなプランを探したら、たまたま山中温泉だったからですが、
4901

ちょうど3.11の頃から建て始めたセルフビルドの家がほぼ完成しましたので、
DSCF9371

たまには温泉でのんびりもイイでしょう!

しかし石川県はかなり遠く、

八王子と清里高原は往復で300キロ程度ですが、清里から加賀までは片道で500キロもあり、

有名な兼六園に立ち寄る時間はなさそうですが、

出来れば「しらやまさん」に行ってみたいし、

日本三名山の一つに数えられる白山(はくさん)は、「白き神々の座」として古くから都人たちのあこがれの山でした。
その白山を神体山とする白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)は、全国に約3千社もある白山神社の総本宮で、地元では「しらやまさん」とよばれ親しまれてきました。
御祭神・白山比咩大神(しらやまひめのおおかみ)は、またの名を菊理媛神(くくりひめのかみ)といい、ご縁を「くくる」神といわれます。
樹齢1000年以上の杉やあすなろがそびえる表参道や境内には荘厳な雰囲気がただよいます。

https://www.hot-ishikawa.jp/spot/6256

磯崎新建築の「雪の科学館」なんかも面白そうで、
img_yuki_profile_02

山中塗りも興味あります!
45146719_o1

若い頃は国内旅行ってあまり惹かれなかったのですが、

今は外国に行くより国内の方が魅力的で、

しょっちゅう海外に行ってる苫米地英人氏によると、
0ee27c9757fd5b04a30f8cf4c9a71d2c-673x381

ナント今でも、パリやニューヨークの高級ホテルには「ウォシュレット」がナイとのことで、

自販機がナイのはイイとして、「ウォシュレット」はあった方がいいでしょう!

さて、この苫米地英人氏は認知科学者(機能脳科学)で、たくさんの著書がありますが、

面白かったのはこちらの動画の真ん中あたりで、

論理的に考えて、宇宙人が地球に来た方法は、

「根性でやって来た!」

と言ってまして、

「強い意志=精神力=根性」以外の手段で、地球に来ることは不可能とのことで、

思わず笑っちゃいましたが、

地球人も宇宙人の一員ですから、

「強い意志=精神力=根性」を駆使すれば、宇宙旅行が可能なわけですが、

しかし「一億玉砕」が不可能だったのは、ほんとは誰も望んでないスローガンだったからでしょうネ!

それはともかく、苫米地英人氏の祖父は言語学者で衆議院議員、参議院議員を務めた苫米地英俊氏で、
tomabeti2

米Apple社からことえりの開発を受託したりと、かなり科学オタクっぽい苫米地英人氏は天台宗の僧籍を持つ人でもあり、
KIMG0049

こちらの動画はなかなか参考になり、こういったことが暴露される、新しい時代の到来をひしひしと感じました。

サブリミナルの専門家として、テレビ局や各国の政府からも依頼を受けている苫米地英人氏によると、

サブリミナル効果とは「取り締まる」ことが不可能なモノであり、

サブリミナル(催眠)がイイか悪いかの違いは、「表と裏のメッセージが一致してるか否か」だけであり、

本当に望んでいることを達成するための、例えば「たばこを止めたい」といった治療に使われたるする場合は一致してますが、

テレビや政府がヤル場合は一致してない場合が多く、

例えば戦後のGHQは「日本人戦争罪悪プログラム」というものを実施しており、

日本人教育に多大な影響を与えたにもかかわらず、

そのことを私たちは知らされていませんでした。

今、米国では公文書の開示がどんどん進んでおり、

「日本人戦争罪悪プログラム」のように、今なら「知れる」ことがたくさん出て来てますが、

悲しいかな、「日本人戦争罪悪プログラム」によって、そういった情報はふるい落とすように、日本人は「教育済み」な次第です。

先日、清里で出会ったサモエドちゃんは、

「ひとつの民族が過酷な生活環境の中で長期にわたって飼育し続けた結果」、
DSCF9954
「知的で穏やかになった犬種」とのことですが、

この意味は、人種の違う(考え方が違う)人達からバラバラに教育されると、どう対処したらいいか脳が混乱してしまい、情緒不安的になる・・ということであり、

統合失調症の人には、そういったダブルバインドがあると言われてますが、

「一億玉砕」から突然、「日本人戦争罪悪プログラム」に変更になった日本人は皆、やや「統合失調」気味なのかもしれません。

そんな親世代に教育を受けた私たちに今出来ることは、

「出来るだけ本物のリアリティに接すること」

だと脳科学者の苫米地英俊氏は言ってまして、
tomabechi-02

この方が「悟り」を開いた人なのかどうかはわかりませんが、

彼が言う「悟りの定義」はコレクトで、

悟りとは、「一切の思考を止めて、あるがままで在ること」だと言ってます。

それにはまず、五感のリアリティを感じることが大切で、
ダウンロード (1)

明日行く山中温泉は、戦後の政局を決める秘密会議が行われた場所でもあるようですが、

「山中会談」
1963年6月に吉田茂元首相が佐藤栄作、三木武夫を伴い、山中温泉一の高級旅館だった「よしのや依緑園別荘」に逗留。池田勇人の後継を佐藤とする、という秘密会議を行ったとされている。

wikipedia

とりあえずは、カニを楽しみましょう!


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 4 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. カニ楽しんでくださーい☆

  2. 見えないシールドは、かなり以前にロシアが発見しています。

    とまべちくんね・・・彼の本を三分の一くらい読んで放り投げたことがあったけ^^

    • <とまべちくんね・・・彼の本を三分の一くらい読んで放り投げたことがあったけ^^

      うーん、本まで読む気にはなれない方ですぅ。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top