酵素カフェ

南アルプス市の完熟農園レストランに行ってみました!

南アルプス市の完熟農園レストランに行ってみました!

10年近く清里と東京を毎週行き来する生活していて、温泉や食べ物、空気の良さには文句なしの山梨県ですが、こと外食に関しては、

新しい所にチャレンジしても正直なところ、値段のわりには・・が多かったので、

2015年の春にオープンした、南アルプス市の「完熟農園」のレストランもあまり期待せず、

かなり強い雨の降り注ぐ、昨日金曜日、清里に行く途中に寄ってみました・・
IMG_2300

雨フリの平日ですので、かなり空いてますが土日は混雑するようです。

IMG_2302

平日は、2時まで受付のランチタイムのみで1時半に到着。

うちは下道(20号線)甲府あたりから環状道路を経由して来ましたが、首都圏からは高速道路インター降りてスグ便利なアクセスです。

中部横断自動車・南アルプスIC正面
中央自動車道・双葉JCTで南アルプス方面へ⇒中部横断自動車道・南アルプスIC 正面
中央自動車道・甲府南ICより、新山梨環状道路南部区間 南アルプス市方面 約20分
甲府駅より約 40分 / 竜王駅より 約30分

で、「とりあえず、行ってみようか」という感じだった「完熟農園レストラン」ですが、
IMG_2332

意外なほど、おしゃれで広々とした空間で、

IMG_2319

IMG_2305

IMG_2330

IMG_2323ビッフェスタイルの「食べ放題・飲み放題(アルコールをのぞく)」なんですが、

これが、なかなかイイお味のお料理の数々で、

IMG_2325サラダーバーも、

IMG_2309新鮮なだけでなく、

「ひえ」とか「レンコン」とか、桃のドレッシングなど、中々洒落てて、

menu04普段はあまり食べないハンバーグなども、

ギトギトしてなくて、美味しかったです!

正直、スパゲッティは湯でたてが好みですが、
pasta02

「そば」や寿司などの和食ティストもあり、
menu06

デザート類も充実していて、
des03

これまた意外に、フリードリンクのコーヒが美味しく、
IMG_2324
IMG_2320

ひょっとしたら南アルプスの天然水のせいでしょうか?

紫野菜+ぶどうの100%ジュースとかも地元ならではという感じの美味しさで、

お会計、1人税込み1800円ポッキリは、
IMG_2315

清里では味わえないコストパフォーマンスで、南アルプス市が「仕掛け人」とコラボしただけのことはあります。

t_onoイタリア・カナダ・都内のホテル・レストランにてフレンチ、イタリアン、パティシエの研鑽を積む。2012年よりスイス・チューリッヒのレストランにて料理長として活躍。海外メディアにも多数取り上げられる。まちおこし参画、企業商品開発、新聞・テレビへのレシピ提供など幅広く活躍。南アルプス完熟農園 オリジナル商品の開発にも携わっている。

晴れた日は山々が望める風光明媚な南アルプス市ですが、観光客を呼ぶには「仕掛け」が必要だと、完熟農園だけでなく、ロープウェイとかの計画もありましたが、

「自然を壊してまで、税金使う必要ナイ」との地元の声で、結局、完熟農園だけ実施になったそうです。

オープンしたてでもホスピタリティも良く、ピザがナイので聞いたら作ってくれて、
IMG_2317キレイなお姉さんが一皿丸ごと運んでくれましたが、

完熟農園レストランのコンセプトは、

さりげなく 気をつかう「相手を大切に思うこころ」小笠原流礼法

だそうです・・・

小笠原氏の起源は南アルプス市にあり、時代は鎌倉時代に遡ります。武士の作法から長い時間をかけて発展したのが現在の『小笠原流礼法』です

完熟農園レストランはスローフードビュッフェです。シェフたちが手間をかけて手づくりした郷土色と国際色を優しく融合させた約70品の料理を心からお楽しみいただくために、お客様もスタッフも相手を大切に思う「こころ」を持ち快適なときを過ごしていただきたいと考えております。

今、同一空間でお食事をしている人も、あなた様にとって縁のある方。後からその料理を取りにくる方を思う・・・。

・自分が残さず食べられる分だけを取り分ける。
・カタチを崩さず、なるべくきれいな形でお料理を残してあげる。
・自分が食べ終わったお皿やコップも常にきれいに片付ける。

こんな心がけとご協力をいただくことで、あなた様も周りの皆様にとっても気持ちが良い・・・。相手を大切に思う「こころ」が、豊かで楽しい南アルプスでの食のときをつくり人間関係を円滑にする心を磨くことに繋がると考えるのです。

完熟農園レストラン
支配人

なんかスゴイ意気込みですが、混雑する土日はどうだかわかりませんが、

確かにイイ気分で、お腹はちきれんばかりに食べても気持悪くならない、満足ランチでした。
IMG_2333

さて、お隣のマルシェもチョット探索。
IMG_2334

IMG_2336

こちらも小洒落た作りの市場で、
IMG_2341オリジナルのハーブティーとか、

IMG_2340
酸化防止剤ナッシングなワインとか、

IMG_2347お買い物カートまで凝ってますが、
IMG_2342桃は1個100円からあり、お値段は、地元の農協や道の駅と同じ感じでした。

旬なブラム6個入り300円をGETして、先週不思議な光を見た、極上源泉掛け流しの「韮崎旭温泉」へ立寄り、

ひと風呂浴びて、清里に着いても、まだお腹いっぱいで、結局、この日の夜ごはんはナシで、

朝になっても、まだ空腹感がなく、
DSC_3024庭の完熟「くわの実」を食べ、

DSC_3054雨も止んで、白い花も咲き始めてて、

DSC_3055

結局、「完熟農園レストラン」90分ランチで3食分クリアしちゃいました。

土日はランチ・ディナーとも税込み2000円ですが、しっかり食べたい方々にはオススメで、

地元の人の話では、格安果物をGETするには、コチラの方がいいとの情報ですが、

少なくとレストランは、「もう一度行ってみてもイイかな〜」と思える満足度でしたよ〜


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top