酵素カフェ

八ヶ岳南麓にオープンした本格フレンチ「ル・ピオニエ」に行ってきました〜

八ヶ岳南麓にオープンした本格フレンチ「ル・ピオニエ」に行ってきました〜

観光地というのは値段の割にはイマイチな外食が多く、正直なところ、清里もそんな感じなんですが、

先日行った、八ヶ岳高原大橋近くにオープンした「ククーカフェ」は中々でしたので、
dsc_8677

先週日曜は、隣接するフレンチレストラン、「ル・ピオニエ」に行ってみました!

東京では「観測史上初の11月の積雪」となった雪もどんどん溶けてきて、dsc_8848セルフビルド中の家はいよいよ最終段階に入り、dsc_8660只今、ゼオライトという天然素材で壁を塗ってる最中ですが、たまにはゆっくりランチもいいかと1時半に予約を入れました。

「ククーカフェ」と「ル・ピオニエ」は入り口は別ですが、
dsc_8686経営の中村農園っぽい卵型ドアでつながってます。
dsc_8844「ル・ピオニエ」側は、ゆったり奥行きのあるスペースで、dsc_8846天井も高くて広々とした空間です。

ランチは予約なしでもOKですが、一応予約の電話をしたら、

「何か食べられない食材はありますか?」と聞かれましたので、アレルギーにも対応してくれそうです。

あらかじめ2800円のAコースをお願いしておいたので、テーブルには「おしながき」がちゃんとセッティングされていて、
img068なんかオシャレで期待できます〜

で、食前の小さな前菜は、
dsc_8819季節の素材を使った繊細なお味で、かつ、お皿との色合いが秋っぽくてイイですネ〜dsc_8818

二皿目のサラダもめちゃくちゃ凝った作りで、
dsc_8821美味しかったでーす!
dsc_8822

ここのオシャレなテーブルウェアは販売もしてるようですが、dsc_8840特に注目したのは、dsc_8823自家製パンに添えられたオリーブオイルの入れ物で、dsc_8824スポイト付きなんで油が垂れません!dsc_8825残念ながら、この容器は販売してませんでしたが、

パンにバターでなく、抗酸化なオリーブオイルとはポイント高いです!

さて、三皿目はスープで、
dsc_8826サツマイモがアワアワでとろける仕上がりです。

地元の旬な食材をふんだんに使っているとのことで、シェフの小池秀樹氏は山梨県出身です。

小池秀樹

山梨県出身。調理師専門学校を卒業後、ホテル・レストランでフランス料理のシェフとして修行。ミクニ名古屋でシェフドパルティエとして活躍後、グランドハイアット東京を経て2004年、母校の西洋料理の教員となる。
2009年からは清泉寮の料理長として現場に復帰。2016年3月までの7年間、フランス料理にとらわれない新しい西洋料理を追求してきた。2016年4月に新たに開店したレストラン ル・ピオニエの料理長兼支配人として現在に至る。

http://lepionnier.jp/chef.html

さて、4皿目のメインデッシュは、中村農場の地鶏さんです。
dsc_8829素性のわかっているお肉なら安心で、

dsc_8830繊細なソースで美味しくいただきました!

お楽しみのデザートは、これまた繊細なお味で、
dsc_8835コーヒーもいい香りで、dsc_8838手作りの小菓子も添えられて、dsc_8837大満足なランチタイムでした〜

ファミレス2回分の料金で、こんな気分が味わえるなんて素晴らしいことで、

小山竜央氏の「ランチはフレンチに行け」説もナルホドと思いました。

若い頃、フランスに留学してましたので、フランス料理は食べ慣れてる・・と思いきや、

普段は学食か、ホームステイ先の手料理で、ちゃんとレストランで食事したのは数えるほどで、

その理由は、ある程度の所になると結構お高いからなんですが、

3000円以内でこんなサービスが堪能出来る店はめったになく、

一度だけパリの三ツ星レストランを体験し、それはそれは美味でしたが、こってりな上に量がアリ過ぎで「もう2度と御免!」でしたが、

ここのフレンチはこってり系ではなく、ヘルシーな地中海系フレンチの印象で、

地元食材の、季節ごとに繊細なお料理が期待できそうであり、
dsc_8859八ヶ岳近くに誕生した本格フレンチレストラン、「ル・ピオニエ」はリピート確定です!

<ル・ピオニエ>

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240-8306
TEL 0551-45-6823   FAX 0551-45-6824

HP:http://lepionnier.jp/index.html

Facebook:https://www.facebook.com/restaurant.lepionnier/


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top