酵素カフェ

人間の意識の進化が加速化してる今、無意識から感情が浮上し、ビジネス界でさえも霊的価値が重要になる

人間の意識の進化が加速化してる今、無意識から感情が浮上し、ビジネス界でさえも霊的価値が重要になる

Q:”霊的に価値がある”ものはあるのでしょうか?

A:正義は、宇宙の本質としてもともと備わっています。すべてを包み込む、時間のない、無限の意識のフィールドの内において、その検出から逃れるものはありません。帰結は自動的で自発的に起り、まさに「創造」そのものによって約束されているのです。

どんな人も、意識の進化の学習曲線上のどこかの点におり、どのレベルもそれぞれに生得の特徴があります。このような特徴は、意識のフィールド固有のもので、実際に個人的なものでも恣意的なものでもありません。”与えられたり”、”奪われたり”するものではないのです。

魂は自らの運命の著者であり、自らの選択をします。そして、最もふさわしい次元に引き寄せられていくのです。霊的な矛盾は、霊的な選択に応じて生じてきます。たとえば、あなたが愛と喜びを体験したいとしても、その意図が、愛と喜びが現れることを防げ、障害になっているものをすべて浮上させます。

愛と平和を求める探求者には、自動的に無意識の底から残忍さ、愛情の欠落、憎悪などの癒されるべき感情が表面化するでしょう。こうした感情に価値判断を下すかわりに、共感、赦しをもって対応しないかぎり、いつまでも脅かされることになります。

しかしとどのつまり、こうした要素が愛や喜びの障害物となっていたのですから、これらの障害物が霊的ツールによって解消されるために浮上しているならありがたいことなのです。

障害を取り除くという霊的作業の過程は、時として痛ましく思えるかもしれませんが、それも一時性のものです。問題が再浮上していても、より高い理解から解決し、新たなコンテクストでとらえ直すことができます。習慣的な反応は本当は個人的なものではなく、人間であることの生得的な特質であることを認識できれば、この過程は短縮できますし、苦痛も軽減することができます。

わたしたちが自分について非難していることのすべては、動物の生態に関するドキュメント番組にも見ることができます。そこに起源が見出され、わたしたちは未邪気な動物の中に愛らしさを見、そこから自分たちの中に彼らと同じ欲動が、同様の無邪気さから生まれていることに気づくのです。その起源と共に、思考パターンの構造と内容を認識すれば、それらが予測可能であることが判明します。

実際、自分や他人について思考がおしゃべりすることは何ひとつ真実ではありません。すべての声明には誤りがあり、プログラミングと立ち位置を表しています。また、自らの価値や恩恵、有用性といったポジティブな声明もありますが、これも等しく虚構に基づいています。

「自己」は目に見えず、判断できるようないかなる特徴も持っていません。描写できる特性もなければ、どんな形容詞も当てはまりません。「自己」は単に「在る」だけで、動詞も副詞も形容詞も超えています。何かを”する”ことさえありません。

Q:しかしながら、測定された意識のスケールは、暗に価値判断や優位性を示しているのではありませんか?つまり、500は400より優れているのではありませんか?

A:スケールは、”〜より優れている”ことを表すものではありませんし、それは自我のプログラムです。スケールは単に位置や場所を表すだけで、言い換えれば、それに付随する特徴を示しているのです。

大木は小木より”優れている”わけではありません。つまり、意識のレベルは、学習曲線の位置や意識の進化の段階を表示しているのです。人生の喜びは、そのときどきのレベルの潜在的可能性を満たすことで訪れます。すべての段階には報酬があり、どんな人でも同じように感じることができます。

探求者がひとつの目的地に向かっているかぎり、目標を達成していくこと自体が報酬であるはずです。そして、神に献身する人生が限りなく充実する一方で、獲得に捧げる人生は、罠と苦難に満ちています。

人間の意識は、歴史を通じて非常にゆっくりと前進してきました。しかし、今後は加速化し、霊性はより一般的なものとして普及するのではないかと思います。ビジネス界でさえも、霊的価値を含むことによって収益が上がることを発見し、それがより健全な最終決算に反映されます。

繁栄とはドルだけで測るものではなく、どれだけ自分が喜びをもって参加できたかにもよります。霊的な価値観は特定の宗教に属するものではなく、明白なことを単に肯定することにあります。たとえば、わたしたちが従業員を保護するのは、彼らを気にかけているからであり、そうしなければ違反行為となり、労働衛生局に罰金を課せられるからではありません。(中略)

霊的な美徳が宗教と別ならば、何も恐れることなく、それを明らかな恩恵とともに社会のあらゆるレベルに招き入れることができます。すると、コンテクストが変わり、対立構造とその二極間の憎しみが減少します。こうして大企業は悪者扱いをされることが多いとは言え、わたしたちの日常生活の最も基本的なものを提供するにのみならず、数多くの仕事や社会構造全体を支える収入を与えてくれると見ることができます。

親切さと他者への気遣い、福利が最善のビジネスの実践になります。

img022

ディヴィッド・R・ホーキンズ著 <わたし>真実と主観性 より抜粋

イスラム国とコーランの関係

ハリーポッターの仕掛けとネガティブなアトラクター

ソルフェジオ周波数のジョン・レノンの曲と二人のデヴィッド

覚醒した精神科医の歴史的概要①

ホーキンズ博士について

意識のマップについて


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. >正義は、宇宙の本質としてもともと備わっています~自動的に無意識の底から残忍さ、愛情の欠落、憎悪などの癒されるべき感情が表面化するでしょう。

    @だから自分を悪と思ったり(宗教やダメ出し教育の影響とか)あんまりワルモノ扱いされたりすると「ど~せオレは悪人ダヨ!コンチクショ~!」とかいって憎悪や残忍さの凶暴化がおこったりするのがあるんですネ。

    絵本のひともこの問題を取り上げてマス。
    http://www.j15.org/Picturebook-Sinner/index.html
    http://www.j15.org/Picturebook-JuvenileCrime/index.html

    昔から演歌とかに「ど~せオイラはハグレ者~♪」とか「ど~せあたしゃ~噂のオンナ~♪」とかあって、自己憐憫みたいな世界も関係ありそうですネ。

    • トーゴさんは、いつも簡潔な言葉と絵で素晴らしいです。

      罪悪感については、自分がそれを感じていることをすら感じずに、無意識の罪悪感に動かされているパターンが多いと思います。宗教、親からの刷り込みに加えて、最近では人類創出の歴史の中に組み込まれているような気もしてきました。これこそ究極のMKです。

      <「ど~せオイラはハグレ者~♪」とか「ど~せあたしゃ~噂のオンナ~♪」>

      こういう人達って、案外素直だったりするけど「自己憐憫みたいな世界」が確かにありますね〜鋭い観察です!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top