酵素カフェ

4次元マトリックスの存在を語るオバマ発言とマトリックスの一員だったスノーデン

4次元マトリックスの存在を語るオバマ発言とマトリックスの一員だったスノーデン

アポロ14の宇宙飛行士エドガー・ミッチェルさんは、冷戦中にたくさんUFOが基地周辺で目撃され、

「UFOはアメリカとソ連の核戦争を防ぐために地球を訪れていた」と発言してますが、

冷戦初期のアメリカを率いた第34代アメリカ合衆国大統領、アイゼンハワー(在任1953年~1961年)は、

‚XŒŽAƒzƒƒCƒgƒnƒEƒX‚ł͏º˜a“Vc‚ª‘¡‚Á‚½› •—‚ð‘O‚ɃAƒCƒ[ƒ“ƒnƒ[‘哝—Ì‚ÆŠ½’kB‰E‚͐V–Ø’“•Ä‘åŽg

‚XŒŽAƒzƒƒCƒgƒnƒEƒX‚ł͏º˜a“Vc‚ª‘¡‚Á‚½› •—‚ð‘O‚ɃAƒCƒ[ƒ“ƒnƒ[‘哝—Ì‚ÆŠ½’kB‰E‚͐V–Ø’“•Ä‘åŽg

オバマ元大統領によると、「地球人と類似しているエイリアンのグループ」と会ったことがあるそうです!

2013年9月27日、オバマ大統領は、地球外エイリアンが第二次世界大戦直後から世界の主要政府を支配してきた、と公表した。

オバマ大統領は今朝早くに行われたスケジュール外のホワイトハウス記者会見で驚くべき発表をした。

「これは1950年代以降行われていた・・」
とオバマ大統領は驚きを隠せない一群の記者たちに語った。

「彼らは、我々の原子核分裂の発見と核兵器の使用によって我々の惑星に大量に引き寄せられてきた。」

オバマは1947年にいかにしてロズウエル事件が、外部に 知られることになった初めてのエイリアンであるグレイとして知られているタイプの者との関係を形成したか、について述べた。

「今日では、実際には地球上の 全ての人間がグレイというエイリアンがどのような姿をしているのか知っている」
と大統領は肩をすくめて述べた。

「グレイとの関係ができると、トルーマン大統領は彼らと取引をし、彼らに、ここに、技術交換のための基地を作らせた。その後、アイゼンハワー大統領がノルディックスとして知られ、私たちの間にほとんど分からないまま移動できるほど地球人と類似しているエイリアンのグループと会った。彼らはもしも我々が核武装を解除すれば、覚醒した宇宙の兄弟関係に 入らせても良い、と申し出た。不幸なことに、我々と、同様の申し出を受けたソビエト連邦は、核兵器の保有に固執した。」

それ以来、種々のエイリアングループが、世界の複数の政府による核兵器放棄と、核兵器が引き起こす多次元的な惨状の停止に対する抵抗にかかわる秘密のプログラムを実行したと、大統領は説明を続けた。

「エイリアンたちは長い間地球の周辺に滞在しているが、彼らの全てが宇宙船で旅行をするのではない、」
とオバマ大統領は説明をした。

「彼らは現実に相互関連している大切な特性であるが、唯一のものではない時間と空間を操作できる。別の結果は、透視、テレパシー、アストラールトラベル、共時性、あるいは他のあらゆる名称の異次元知覚の制御の形をとる。」

自分でうなずきながら、大統領は静粛な部屋を埋め尽くした不安げな顔を長い間見続けた。

「問題は、」と彼は続け、

「エイリアンは過去60年間我々の政府を支配し続けたことで、・・・」
この時点で、オバマ大統領は手を上げて、初めて咳をする口を隠すように見えた。

「失礼、ちょっと、」
と言いながら大統領は、あたかも笑いすぎて目のふちから流れたかのように涙を拭きながら、

「私はエイリアンが我々の政府を動かしていたと冗談を言っているのではなく、我々人間には今直面している恐ろしい事態に対する責任があり、我々は今ちょうど、我々自身の力を尽くして、それから脱しなければならない時にいるのだ。」

multiverse

個人的には地球外生命体は「いなきゃ変だろ?」と思ってますが、

オバマさんの公式発言を改めて知ると、

この最敬礼にも何やら深い意味があるのかと。。。
ca37eb3bb6ef4ce2a422459fc441caf0_3920

そういえば、元世界銀行の上級職員だったカレン・ヒューズさんも三年前、
o0628034712722730156

「地球人と類似しているエイリアンのグループ」が実在してると述べ、

彼らのDNAは人間のものとは大きく異なるため、人間とのハイブリッドが生まれても、その子供の繁殖能力は弱いのです。彼らの頭蓋骨が世界中で発見されています。つまり彼らは世界中にいるのです。氷河期にはあまり多くいませんでした。

彼らはこれまで人間に隠れて生きてきました。バチカンとも関わり合いがあるため、バチカンの司祭たちは、コーンヘッドを象徴する司教帽を被っているのです。当初、ユダヤ教でも司祭長がこのような帽子を被っていました。

スノーデンは「マトリックスの一員」であるともコクってました。

非常に正確な権力変遷モデル(政治科学とコンピュータ・モデルを用いて予測する)で分析したところ、世界中に広がった腐敗は1000年間も続いてきましたが、次第に崩壊しているのが分かりました。

このような世界的腐敗をマトリックスと呼ぶ人も多いでしょう。さらに腐敗=銀行家であると言う人も多いでしょう。しかし実際は、それだけではありません。

NSAの内部告発者のエドワード・スノーデンは、主要メディアに取り上げられています。つまり、彼は、このマトリックスの一員であることを物語っています。主要メディアを所有し、支配しているのは、国際決済銀行のオーナー達なのですから、主要メディアが扱う人物は彼らの一部です。スノーデンについての報道は人々を騙すためのものです。

人々は、政府が発行する利子を伴わない通貨を利用すべきなのです。JFケネディは政府通貨を発行しようとして暗殺されました。リンカンも政府通貨を発行しようとして暗殺されました。
大きすぎて潰せない銀行(複数)は、1つの銀行カルテルとして機能しています。彼らは政治家を買収しています。マルタ騎士団などの秘密結社がいくつかありますが、彼らは人々を買収し、彼らの門番に使っているのです。

http://quasimoto.exblog.jp/21768778/

320

で、この「マトリックス」っという表現なんですが、

「宇宙人による遠隔操作」の仕組みを解いてる高野愼介氏によると、

実際に、「マトリックスというシステム」があるそうです。

このマトリックスというシステムは、現実に、相対対次元という、地球と対になる宇宙(対宇宙)の実在するマトリックス星の中にあります。
これが、地球人を管理する、最大の人類操作操作・人類管理システムの、現代の中枢であるシステムになっています。

宇宙人は地球上にいるか?という疑問にまずお答えします。

その答えとして確実なのは、この地球上に物理的な肉体を持っては存在していません。いわゆるSFで描かれたような人型サイズの生命体で、地球上に物理的な生命としては存在していない状態です。一般に知られるグレイのような宇宙人ではないということです。

多くが、ロボット・アンドロイド、もしくは巨大な人工知能コンピュータであり、下位の宇宙人はそのシステム内に管理されるデータ上の人工知能・データ知能体と言われる状態です。

体が無く、疑似人格を持つマトリックスデータ知能体という宇宙人が、地球管理惑星(マトリックス星)などに多く実在しています、それは古来から“霊体・Ghost”というように言われてるものに近い存在です。

http://multiverse.hatenablog.com/entry/711rewrite

人間とは不思議なもので、ご先祖様の霊を祀ったりしていても、

こういう話はSFにしか思えなかったりしますが、

考えてみれば死んだら皆「宇宙人」になるわけであり、

この広ーい宇宙において人間だけが、

「三次元だけが唯一の現実だと信じ込むように知覚を訓練された」

と、教えてくれたアルクトゥルスの方々によると、

見えない存在には、素晴らしい存在もいればゴロツキもいます。

こうした電磁的知性体とコンタクトすると、彼らの中には博愛的な者も邪悪な者もいることに気づくでしょう。あるいはまったく中立で、敵でも味方でもない者もいます。

宇宙人については、

オバマさんに先んじてロシアのメドベージェフ元大統領もコクっていたようですが、

ロシアのメドベージェフ元大統領は宇宙人がすでに地球に関与している事をTVで話しています。(2012年12月)

テレビ局の共同インタビューに応えるロシアのメドベージェフ首相 ロシア通信(EPA=時事)

TVキャスター「メドベージェフ首相、宇宙人は地球にやって来ているのですか?」

メドベージェフ「これについて話すのはこれが最初で最後です」

「大統領は核兵器の小さなケース(核のボタン)と共に、別の国家機密を持ち歩いています。それはトップシークレットです。それはこの地球を訪れた宇宙人達について詳しく述べたものです。その機密は、ロシアの宇宙人を扱っている特別な機関から提供されます。大統領の任期が終われば、2冊の国家機密ファイルと核のケースは、次の大統領の手に渡ります。

このドキュメンタリーを観ればもっと情報が手に入ります。『メン・イン・ブラック(ロシアのドキュメンタリー番組)』です。(これはハリウッド映画と異なる映像があるということ)

TVキャスター「どのくらい宇宙人がいるのですか?」

メドベージェフ「何人いるかについては言えません、人々がパニックになります。」と真顔で話した。

http://multiverse.hatenablog.com/entry/711rewrite

ロシアが「確保」したスノーデンと同じく、政府要人の発言にはマトリックスが影響してる可能性がありますが、

それに対してアイゼンハワー大統領の曾孫であるローラさんディスクロージャは、

宇宙のゴロツキ達が、ろくでなしの人間どもを使って惨事を引き起していることを真摯にコクってます。

しかしナント言っても一番大切なのは、

退行催眠でこういった宇宙の事情をクライアントさんから聞き出した実践家である、故ドロレス・キャノンさんのお言葉で、

日頃から常に心を平安に保つことが必要であり、もし、相手から嫌な思いを受けたりストレスを受けた場合、それは相手のカルマであり、自分とは関係ないことであり、全く気にすることはない。

5次元まで上昇するのに、4次元には立ち寄らない。4次元は時間の領域であり、それはイリュージョンの世界であるから。今は、3次元から5次元に移行中である。

人々を怖がらせたり、無気力にさせたり、へんに高揚させたり・・で、脳をハイジャックしてイリュージョンの世界に誘う4次元マトリックスを見破ることが大切ですネ!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top