酵素カフェ

化学物質で狙われる日本人の精神性とナノ化粧品の体験談

化学物質で狙われる日本人の精神性とナノ化粧品の体験談

10月9日の清里は、明け方は強い雨が降り注いでいましたが、朝方には太陽が顔を出し、

お昼頃、長坂のJマートに買い物に行ったら、南アルプスの真上の空が、kimg0001くっきりと分割されてる様相が印象的でした。
kimg0004清里に戻って家の前の草原に行くと、dsc_8341久々に富士山がスッキリと見えてましたが、dsc_8344富士山の横には長坂で見た分割された雲が、dsc_8345まるで、スピ系で言われる「2極化」を象徴してるかのように波打ってました。

10月8日、阿蘇山が噴火しましたが、富士山が噴火したら首都圏だけでなく日本全体に影響することが予想されますが、今、日本人として出来ることは、日々をなるべく健やかに、穏やかに過ごすことだと思います。

しかしながら2001年1月1日から「ごく普通の独身男性」として、スピ情報をわかりやすくまとめてくれてる「本山よろず屋本舗」さんは、

日本人は、日々大量の化学合成物質を体内に摂取するように仕向けられていると指摘します。

スピリチュアルの本を読むと、次の時代をリードするのは日本だという話が載っていることが、あります。

日本人が持つ精神性の高さを言っているのですが、これには納得できる部分があります。例えば、東日本大震災のような大災害が起こった時の日本人の行動です。
 
被災者は互いに助け合い、援助物資の配給の列に並ぶ人々は、列を乱すこともなく辛抱強く自分の順番がくるのを待っています。こうした風景は日本人からすれば当たり前ですが、世界では賞賛の声が上がります。世界では大震災が起こって治安をコントロールするすべが無くなると、途端に略奪が始まるからです。配給の列に整然と並ぶという行為すらできません。砂糖に群がる蟻のごとく、配給物資に群がる光景がニュースで流れます。

私は日本人を単純に褒めるつもりはないのですが、精神性の高い部分を持っているのは確かだと思いますし、それが次の時代で世界をリードする要素であると考えています。

そんな日本で、今、以下のことが起こっています。

①日本は、世界最大量の遺伝子組み換え食品(GMO)の輸入国であること。

②日本は、単位面積あたりの農薬使用量が世界トップクラスであること。

③日本は、明らかに発ガン物質である、(あるいは毒性が高い)と認定されている食品添加物が多く認可されている国であること。

上記の内容は、日本人が日々大量に毒物や化学合成物質を体内に摂取していることを意味しています。
もちろんこれは、振動数を上げさせない大きな要因です。これは偶然なのでしょうか。
日本人を攻撃するために、意図的に大量の毒物や化学合成物質を摂取するようなシステムにしているというのは、うがち過ぎでしょうか。
日本人の振動数を上げさせず、目覚めさせない為に、こうした環境を作り上げているのではないかと疑いたくなります。
普通に日本に住んで、スーパーで食材を買い、普通の調理法で料理を作れば、(普通に)大量の毒物や化学合成物質を摂取することになります。もちろん外食すれば、もっと大量に入ります。

私の経験で言いますと、毒物や化学合成物質を体内に入れないような食事をしようとしたら、まずほとんどの加工食品は食べれなくなります。私はその事実を知って、「食べるものがない!」と絶句しました。(中略)

そこで妥協するところは妥協しようと考えました(妥協しているので、私はヴィーガンでもローフード主義者でもありません)。

まず外食をする場合は、一切の制限なくなんでも食べてよいと決めました(ただし今では、外食でも肉は食べません)。また私は魚好きなので、タンパク源として、ローフードの意味もあり刺身を食べることにしました。すると神秘家ゲリー・ボーネルさんから、「刺身は悪くないのだが、寄生虫の問題がある」と指摘されました。

そこで刺身は止めて、今は(1切れ160円の)ロシア産の天然物の鮭の切り身を焼いて食べています。 野菜は最初、普通のスーパーで買っていたのですが、千さんから残留農薬の問題があるので、(振動数を上げるなら)有機にした方が良いというアドバイスをもらいました。そんな時、運よく隣り駅にイオンモールができたのです。今はイオンモールで売っている有機野菜を中心にして、そこで売っていない野菜のみ近所のスーパーで買うようにしています。

http://motoyama.world.coocan.jp/info_12.htm#info_1217

普通の生活をしながら、ちょっと気を配るだけでも格段に健康度はUPしますので、

自分も、なるべく化学合成物質を入れないシンプルな生活を心がけていますが、

金曜日の夜、八王子から清里に向う途中の車の中で、化粧品一式を忘れたことに気づき、途中の大型ドラッグストアに寄り、馬油だけでもGETしようと思ったら、

店員さん曰く、「中国人の爆買いでソンバーユは売り切れです・・」とのことで、

仕方ないので量の少ない「お試しセット」購入したら、それがナント、よく見たらナノ粒子配合で「ドン引き」だったのですが、

まあ「3日間だけなら大丈夫だろう」と使ってみました。

しかし驚いたことに、昨夜3日目にして、つけたトタンに肌がほてって赤くなり、頭痛までして「ヤバい」という感じで、慌てて顔を洗って流してしまいました。

で、改めてナノ粒子化粧品について調べてみたら、やはり相当に「ヤバい」ようです。

こちらは内科医の内海医師の見解です。

<化粧品に使用されているナノ粒子の危険性>

ナノ粒子の成分は、多くのブランドの化粧品・薬用化粧品に使用されている。化粧品(どんな化粧品であっても)を購入するときにはこの情報をもとに検討していただきたいと思う。ナノ粒子の一部には極めて有害なものがあり、ゆっくりとではあるが確実に「偏在アスベスト」(universal asbestos)になっていく。商品表示では、こうしたナノ粒子の危険性はまったく警告されていない。しわを減らし、皮膚の表面を安定させる効果があると宣伝されている。

しかし、まがいものであろうと本物であろうと薬用化粧品に含まれるナノ粒子は、人々の健康を極めて危険な、認識されていない害にさらしている。ナノ粒子は、超ミクロのサイズのため、簡単に皮膚を通り抜け、血管に侵入し、全身の血流に乗り、離れた部位で毒性作用を生じる。脳への毒性作用、脳の変性障害、神経損傷など、科学的な証拠をつかんでいる。つまり我々は、化粧品産業全体で最も危険なタイプの1つをテーマにしていることになる。

2006年5月、世界約80ヶ国で活動する草の根ネットワークの「フレンド・オブ・アース」は、「小さな成分に大きな危険~ナノ粒子、日焼け止め、化粧品~」というナノ粒子に関するレポートを発表し、人々の健康を守るためには、これらの危険な商品は市場から排除し、禁止されなければならないと警告している。「それから約2年後の2008年中頃、英国王立委員会のレポートは、ナノ粒子を含む製品は極めて高い毒性リスクを有すると警告している」と言う。

多くの製品には、他にも様々な有毒成分が含まれている。例えばアレルゲン、有毒ホルモン物質、そして、発癌性物質とされる以下のような物質である。

* 酸化エチレン
* ジオキサン
* ニトロサミン
* ホルムアルデヒド
* アクリルアミド

これらは既知の発癌性物質であり、皮膚に大量に付着するものに存在してはならない物質なのである。(サミュエル・エプスタイン、ジョゼフ・マーコラ)

facebookより

こちらは美肌カウンセラーさんの見解です。

化粧品選びは「何が入っているか」も大事ですが
「何を避けるか」もとても重要な事なので
今から、大事なポイントをお伝えしていきますね(・∀・)

少し前から、よく「ナノテク」や「ナノ化」
を用いた化粧品が出回っていますよね。

「ナノ粒子」というのは
分子をミクロ単位にして肌に吸収させる
という技術です。

「ナノ化」と聞くだけで
「肌の内側までしっかり浸透して良さそう」
と思ってしまいがちです。

が、最近

あまりに微粒子すぎて、
肌に密着するだけではなく

吸収されて脳や肺に入り込んで
臓器を傷つけることや、発がん性が疑われています。

体に良い成分だけなら問題はありませんが、
化粧品には数多くの様々な化学物質が
含まれている物が多いので、
私は「ナノ化」の化粧品は使わないようにしています。

http://ameblo.jp/cspring/entry-10903433970.html

というわけで、身をもって本当にナノ粒子はヤバいと実感したわけですが、

それにしても九州生まれのソンバーユ人気はスゴイようで、

調査隊も色々と調べてみると、なんとこんな事が分かりました!

人間の皮脂と馬の油は成分がとても近いという事!

馬の油は人の皮脂と最も近いとされる天然保湿オイル。
保湿・皮膚・毛髪保護作用。書物・名医別
録には「髪を生ず」と記されており、書物・本草網目には「シミ・ソバカスを防ぐ、肌荒れを防ぐ」とある。

●皮脂膜の減少が肌に与える影響
・怪我・くすみ・シミ・乾燥・細菌などの繁殖
・紫外線によるダメージ・小ジワ・ハリの減少

ここまで馬油が人気になった理由は、ずばり口コミだそうです!

肌のバリアゾーンを壊す経皮吸収のことを、知ってるか否かが美肌の分かれ目です。

昨日、清里を出る前の夕刻、
dsc_8361空が薄紅色に染まり出し、dsc_8359たいへん美しかったですが、米国在住の日本医師が警告するケム飛行機も飛んでまして、dsc_8362

そして次のことを一番伝えてほしいというのです。それはロシアと中国を除いて、世界中の国の空に、毎日何トンという、人間に害を与える化学物質や薬品、メタルなどの重金属を飛行機で空中に撒いているのです。

とは言え、自然パワーにはかないませんので、免疫力が機能してれば大丈夫です!dsc_8364

人間も自然の一部であり、生活の便利さを適宜取り入れながらも、自然と調和する「生活の智慧」を身につけていきたいもので、

食べものも化粧品もナノテクノロジーじゃない、シンプルなものを撰ぼうと決意しました!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top