酵素カフェ

マドモアゼル愛さんの画期的な「月の公式」と月の干渉を知っていたバッチ博士

マドモアゼル愛さんの画期的な「月の公式」と月の干渉を知っていたバッチ博士

占星術では「月」星座が感情やパーソナリティに影響するとされてますが、

天体としての「月」、その他惑星は、植物の生育に大きな影響を与えることが知られています。

植物の魂は「天」に、星のもとにある。それらは物質界に落ちることはなく、物質と結びついた情熱に巻き込まれることもない。

そのため純粋かつ健やか、すなわち聖なる物であるゆえに、情熱・欲望・攻撃性に絡みとられた人間の魂に働きかけることができる。バッチはそれを人間に魂の波動を高めると表現した。

動物においては共感・嫌悪・恐れ・喜び・憎しみ・羨望・愛など霊的な動きをその個体自身が示すので、魂が肉体化しているということができる。

太陽の十二宮の位置、月の満ち欠けはメタモルフォーゼ(形態変化)、発芽、芽吹き、開花、結実への信号を与える。地下室に置いたジャガイモでさえどれも太陽と月の位置、正確な季節と時刻を「知っている」ことが研究の結果証明されている。

惑星の運行(2個の天体の合、2個の天体の衝、十二宮の位置)が葉や花のメタモルフォーゼに影響を与え、形と色と香りと味における質の差をもたらすことは、いかに多くの有機栽培の園芸家によって観察されたことか。

天からの放射エネルギーが植物には凝縮されているようで、
DSCF3243
DSCF3502

アニマル・エッセンスというのもありますが、

バッチフラワーレメディ以降、たくさんのフラワーエッセンスが開発されてるのは、やはり植物が、

「純粋かつ健やかな聖なる物」

な、せいかもしれません。
DSCF2827

さて、自分は8年間「バッチ財団登録プラクティショナー」として活動してましたが、2012年からは登録しなくなったので、

今はバッチフラワーを選ぶ際、キネシオロジーを使おうが、

占星術を取り入れようが自由なんですが、

登録プラクティショナーはセッションする際、

「対話を通して」選ぶことが遵守されます。

なぜなら、そのレメディが自分に必要だ・・と、「認識」することが大切であり、

クライアントさんが「認識」に出さなければ、また元に戻ってしまうという考え方です。

バッチ財団のお仲間には、
DSC_7312

バッチフラワー以外の専門を持ってる方々もたくさんいて、

2006〜2008年、月に1回勉強会を開催してた際は、

林サオダさんにはイメージワークを、さくまさちこさんにはヒプノセラピーを紹介して頂きました。

登録プラクティショナーが、こういった他のワークとバッチフラワーを併用するのはいっこうにかまいませんが、

バッチフラワー以外のエッセンスを、バッチフラワーのセッションで併用することは禁止されています。

これは、バッチ博士が、
DSC_7439
「この38種類の組み合わせで、あらゆる感情に対応出来る」

と、遺言したからで、

バッチ博士の足跡を辿ると、

どうも博士は、ウィングメーカーの言う「まやかしのグリッド」、

あるいは「インプラント」を感知していたように思われ、

人間には心理的制限という基本的なインプラント(制御物)があり、それがあなたの理解を阻もうとするでしょう。

1933年発刊の「12のヒーラー」では占星術について、こう言及してます。

「根本的に12の根源的な人格タイプがあり、それぞれにポジティブな面とネガティブな面がある。

生まれたとき、月がどの星座の位置にかかっていたかによって、月はこれらの人格タイプを示す人間に干渉する。・・そうした危険が惑星にはあるのだ。

しかし占星術師は惑星を強調し過ぎる。

我々が自分の人格を見つめ、自分に忠実でいれば、惑星や外部からの影響を恐れることはない。レメディは自分の人格を大切にすることを助ける。

進化の初期段階においてのみ、我々はひとつ、またはいくつかの惑星から直接助けられ、決定される。

愛をはぐくむとき、すなわち真の隣人愛であるが、我々は星の影響から、運命の糸から解き放たれ、そして何が起ころうとも、自分の船を自由に操縦するのだ」

バッチ博士は、月が人格の発展に「干渉」する・・ことを十分自覚していたようですが、

ベテラン占星術家のマドモアゼル愛さんは、

長年の臨床経験から、占星術の「月」星座とは、

一般に言われている「適性」とは逆のベクトルだと言います。

<月の星座の見方>

月の星座が示すものが、その人には無い、、、、これが公式です。無いのです。影だからです。

実体は無いけど、常に影を見せる眼鏡をかけていますので、影についてのそのことばかりを人は考えたりして、支配されるようになります。

人間の常日頃の考えや感じ方の7割程度は出生時の月が決めています。

それだけたくさんの時間と労力を使いつつも、それは影なので、そこからは何ひとつ、具体的で良いことは起こりません。

月を知ることが、月の働きを知ることで、私たちは自分の本当の人生を取り戻さなくてはならないのです。

mademoiselle-ai

この画期的な月の新解釈に興味を持ち、

昨夜、マドモアゼル愛さんが主催した「月の座談会」に参加して来たのですが、

定員が7名ということもあり、興味深いお話がたくさんでした。

マドモアゼル愛さんは、YouTubeで見るよりずっとお若い感じの、

エネルギッシュで素敵なおじさまで、数十年来の「追っかけ」ファンだという方もいらしてました。

バッチ博士が、バッチフラワーの体系と占星術の関連付けに尻込みしたのは、
DSCF4553

従来の占星術理論に、何かしら違和感を感じていたのかもしれず、

月については「宇宙人の基地」があるとかいろいろ言われてますが、足立育郎氏情報だと、

現時点の「月」は、地球の「マイナス振動波」のせいで、

たいへん疲れて(憑かれて?)いるそうです。

地球をサポートしている月には太陽系の惑星や他の星座の惑星の基地がたくさんあります。それらは地下50m前後のところにあり、多くの人々が生活し地球をサポートしています。ただし基本的には地球人にはほとんど見えない工夫をしています。

月が今の太陽系の惑星を最初にサポートし始めたのは今から約34億1200万年前です。

最初はすべてがEGHO(エゴ)の文化でしたが、各星々がEVHA(エヴァ)に向かうように一定期間サポートするのが月の役割でした。・・

このように月のEXA PIECO(エクサピーコ)はたいへんな苦労をしてきました。
月は太陽のEXA PIECO(エクサピーコ)JOTの指導のもとにテレポーテーションをしながら各惑星を何十億年もの時間を使いながら根気づよくサポートしてきましたが、今、地球のあまりに強力なマイナス振動波の干渉波を受け過ぎて調和をとる能力を失いつつあり、たいへん疲れているそうです。

これは明らかに地球の現代文化に責任があります。

この話をマドモアゼル愛さんにしたら、

「そうかもしれないね。月は反射だから・・」と、おっしゃってましたが、

天体としての「月」と、占星術の「月」は別のようです。

で、「疲れている月」の影響は幼少期に培われます。
DSCF4553

占星術における月の影響は幼少時期の0歳から7歳までの間に培われたものです。まだ判断力のない時代に得た自分や母や家族に対する認識です。

正しい判断力のない時代のことですので、月の認識は間違っています。

しかし、月は最初にインプリントされていますので、私たちは死ぬまで月によってインプリントされた世界を眺め続けます。常日頃にわたってです。

月によってインプリントされた世界は間違っていますが、あたかもそれが本当であるかのように私たちは思い続けます。

間違って見ている世界とは、現実にないものを示しています。月が影であるとの視点がこれです。なので、月が示すものを、私たちは影として持つだけで、月が示す内容を本当は何一つ持っていないのです。ここが大切ですが、何ひとつなのです。まったく無いものを月は示しているのです。

mademoiselle-ai

バッチフラワーは、あらかじめ飲んでおくことにより、

たとえばセントーリータイプの人が「イエスマン」になることを防いだりしますので、

まずは自分の月星座を知り、

月星座に対応するレメディを飲んでおくとイイかもしれません。

おひつじ座=インパチェンス

おうし座=ゲンチアナ

ふたご座=セラトー

かに座=クレマチス

しし座=バーベイン

おとめ座=セントーリー

てんびん座=スクレランサス

さそり座=チコリ

いて座=アグリモニー

やぎ座=ミムラス

みずがめ座=ウォーターバイオレット

うお座=ロックローズ

覚醒しちゃえば占星術は「無効」だと思われますが、
DSCF3997

マドモアゼル愛さんの話では 「体調や環境次第では影響を受ける・・」とのことですので、

どなた様も自分の「月」を、一度チェックしてみるとイイかもしれませんネ!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top