酵素カフェ

ロングヘッドな人達とウィングメーカーとシッチン説の整合性は?

ロングヘッドな人達とウィングメーカーとシッチン説の整合性は?

これは動物写真家の岩合光明さんの撮った地獄谷の日本ザル子ども。人間は猿から進化したと学校では教えられたけど、どうもそれは違うらしい・・


ダーウィンの進化論は部分的には正しいのだけど、考えてみれば、ちょっと前に起きたことでもちゃんと把握できてなくて情報操作されているのだから、そーんな大昔のことをどうやって推測すればいいのやら?

だけど、2014年に入って、新しい考古学的発見や内部告発(?)とやらが続々出てきて、私たち人間のほんとうの起源は、猿から自然に系統発生したわけではないということは事実みたいです。
second-spieces
で、わりと科学的証拠を重視するこの人気サイトの方も、ついにこういう気分になったようです。

私自身は最近では、このタイプの話にはあまりまったく驚かなくなってしまいましたが(多分、その通りだから)、なぜ、私がこのカレンさんの言葉に強い興味を持ったかというと、カレンさんは、地球には(宇宙から来た)エイリアンはいないと確信していると述べていることです。

In Deep サイトより

今、世界中で起きている事実を積み上げて研鑽していくと、人間を支配しているボス猿は、どうやら私たち人間とは違う系統と考えている人達がけっこういるようですが、

で、それはどうやら頭が長~い系統らしく、あのツタンカーメンとかバチカン系にもその疑いが・・

しかし、そうなると少し前に学習したこの話との整合性はどうなるのだろう?

3次元の物理宇宙に存在している生物が人間であり、この次元に住んでいるのは人間だけなのです。他のレイヤーに存在している生物が、「多次元的」生物であり、物理的領域の中には存在していません。しかし、すべの生物は、物理的な人間であろうと、多次元的な生物であろうと、それらはサヴァリン・インテグラルの意識の一部なのです。

Project Camelot Interview : The Sovereign Integral より

In Deepさんも指摘している「カレンさんは、地球には(宇宙から来た)エイリアンはいないと確信していると述べている」という所と、ウィングメーカー情報の「他のレイヤーに存在している生物が、「多次元的」生物であり、物理的領域の中には存在していません」は一致してますね。

じゃあ、考古学的に実在していたロングヘッドの人達はいったいどういう存在なんだろう?一応人間ではあるのかな?

そういえば幼い頃に、母に「神様ってどこにいるの?」って聞いたら、彼女は自分の胸をたたいて「ここにいるのよ」と答えました。

さらに、「幽霊ってほんとうにいるの」って聞いたら、そんなものは悪いことするとソウ見えるだけで、「幽霊より人間の方がよっぽど怖い」と言ったのです。

多分、即席のハッタリでしょうが、「多次元的」生物が人間の「感情」を食い物にしているというスピ情報からすると、なかなか悪くないアンサーでしたね。

しかし元世界銀行の方が「人間以外の種に支配されている」とか言い出した今となっては、それだけじゃ納得できないな~

で、にわかに以前さらっと読んだこの本が気になりました。
41SldmQtyhL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

2010年に逝去した ゼカリア・シッチンさんのトンデモ地球歴史説、これからの地球の行方を読み解く上で、ダーウィン説より勉強する価値があるかもしれません。
e0171614_853152

感情を癒すバッチフラワーについて・・


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 7 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 昨日の話しの続きですけど、ジェームズさんは「ヒューマンマインドシステムが存在するのはパワーマネーグリッドがあるから」とかいってますネ。

    >しかし、そうなると少し前に学習したこの話との整合性はどうなるのだろう?

    @たぶんそれは「他の次元の生物が3次元の世界の中で活動することは可能ですが、一般的に彼らの身体は私たちの世界の密度に適しておらず、彼らが住んでいる元の次元に戻らなければ死んでしまいます。」とのコトなので、活動してたら物質化しちゃって元に戻れなくなり、実際にこの世界で死んじゃった人たちも結構いたのかも。

    シッチンさんに関しては、むかし無度さんがメソとニビルとの関係ダケ強調して、シリとプレの関係が消されてるとかいってました。(つまり白人系の歴史で、わたしたちのご先祖のお話ではない、みたいな。)

    あとちょっと思ったのはGSSCと似てるけど、ゴースト・コンプレックス(ベルさんというブロガーもお化けはコワイといってました)に関しては、HMSの世界の中で歯止め的な効果をねらった違う種族?のインプットの様な気もしています。

  2. 追伸
    上記の「違う種族?」というのは、HMSを作った一派とは違う多次元的生物?といった意味です。
    なんか特に日本の昔の酷いコトした権力の人たちも相当コワがってたみたいなんですよネ。

    • >「ヒューマンマインドシステムが存在するのはパワーマネーグリッドがあるから」

      うん、私もここは重要だと思う。今の経済システムが変われば、MKから解放される人は多いかもしれない。

      >一般的に彼らの身体は私たちの世界の密度に適しておらず、彼らが住んでいる元の次元に戻らなければ死んでしまいます

      なるほど、ちょっとだけよタイムじゃ、いるとは言えないデスネ。

      >つまり白人系の歴史で、わたしたちのご先祖のお話ではない、みたいな・・

      DNAからすると今は日本人だけど、世界中で転生していたよーな気はしてます。シッチンを貸してくれたスピ姉さんは、一緒にプリズムオブリラを差し出してくれて、両方ちゃんと読んでみますね。

      >あとちょっと思ったのはGSSCと似てるけど、ゴースト・コンプレックス(ベルさんというブロガーもお化けはコワイといってました)に関しては、HMSの世界の中で歯止め的な効果をねらった違う種族?のインプットの様な気もしています。
      >日本の昔の酷いコトした権力の人たちも相当コワがってたみたいなんですよネ。

      たいへん、興味深い話ですね。日本人の中にあるいい意味での「畏れ」に関係しているような気がしました。

  3. そうそう、最近無度さんはキーシャさんに凝ってるみたいですが
    その前に凝ってたサアラさんの本に猿について色々かいてありましたヨ。

    こんな感じ。
    http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-bdee.html

    • 読んだけど、たいへんに興味深い情報でこの本ゲットしました。ありがとうね~

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top