酵素カフェ

湯川遥菜さんのゴルゴ13説とスノーデンのシャルリー暴露

湯川遥菜さんのゴルゴ13説とスノーデンのシャルリー暴露

湯川遥菜さんは、かなりお金に困っていたはずなのに急に羽振りが良くなったそうで、その理由はナント、

安倍ちゃんが立ち上げたJ-NSA(国家安全保障局)と関係がある、という説がありました。

湯川遥菜のPMC(株)の設立は、J-NSAの発足と連動した動きだと思われる。安倍晋三がJ-NSA(国家安全保障局)を立ち上げたのが、今年の1/7。6チーム67人の体制でスタートした。PMC(株)の設立が、登記簿では今年の1/16で、昨年の12/23の「頑張れ日本!」の忘年会では、幹部たちにPMC(株)の宣伝をしていたのに違いない。簡単に言えば、PMC(株)はJ-NSAの下請け工作機関の位置づけで、工作員・工作機関ともに日本政府が養成に着手したということなのだろう。安倍晋三は、J-NSAの次にJ-CIAの創設を目論んでいる。

http://pocop0c0.blog.fc2.com/blog-entry-41.html

湯川さんが、安倍ちゃんの手先なら、何としても助けるのでしょうか?abd49280浜名湖畔には総理そっくりな慈悲深い観音像がアリます

しかしながら、もし工作員なら、何のためにわざわざ危険地帯へ行ったのでしょうか・・予定通りのシナリオで、どこかの国に「お布施」をするとか?

さらに湯川さんは、「日本も核武装を!」の田母神氏ともつながりがあったそうです・・・

Toshio_Tamogami

田母神 俊雄(たもがみ としお、1948年7月22日 – )は、日本の軍事評論家、政治活動家である。予備役ブルーリボンの会顧問。 元航空幕僚長・元空将、頑張れ日本!全国行動委員会前代表、元太陽の党代表幹事兼国民運動本部長などを歴任した

田母神さんとの関係を指摘する人も、やはり湯川さんは工作員だと言ってます。

湯川遥菜のような無能を、日本政府(J-NSA)が雇ったり使ったりするはずがないという主張を、観念操作のトリックで正論化しようとする。しかし、007やゴルゴ13の方がお伽話なのであって、現実の諜報工作員は、児玉誉士夫のような粗暴なゴロツキ右翼なのだ。学歴もなく、親の地位も財産もなく、世間に評価されるプロフィールがなく、失うものがない落ちこぼれだから、こういう危険で野蛮な戦争稼業に飛び込めるのであり、そこでのし上がる悪人になれるのだ。そして、侵略戦争というものは、必ずこうした無頼の類型を必要とするのである。

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=73515

歴史的に戦争というのは、「宗教」の問題ではなく、「お金」問題で起きてますが、CNNニュースよると、「世界の人口の1%の富裕層がもつ資産の総額は来年までに、残る99%の人口の資産を合わせた額と同程度になる」そうです。

ところで、日本にJ-NSAがあるとは初耳ですが、本家のNSA・アメリカ国家安全保障局の元局員スノーデン氏は、「イスラエル移民省は、シャルリエブドに対するテロ事件に関係している」と語りました。

スノーデン氏はまた、「イスラエルの情報機関や特殊任務を行うイスラエル関係者は、この要請に応じ、イスラムの預言者ムハンマドを侮辱する風刺画を発表することで、西側諸国で作戦を開始し、ヨーロッパ在住のユダヤ教徒を嫌悪する雰囲気を作り出し、やむなく彼らがイスラエルで生活するように仕向けた」と述べました。

さらに、「このような計画により、イスラムの預言者を侮辱する風刺画が2005年にヨーロッパの雑誌に掲載されたが、この作戦は効果を発揮しなかった。シオニストがこの計画で失敗した後、シャルリエブドはテロ組織ISISの指導者バグダディを扱った風刺画を発表した。その結果、フランス・パリで複数のテロ事件が発生した」としました。

http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/51318-スノーデン氏、パリのテロとイスラエルの関係性を指摘

やはりパリの銃撃事件騒動は仕組まれていたようで、何とも「お寒い話」なので、今朝はコレで暖まりました。
DSC_0159小豆のアクに効能が高いので、湯でこぼしの汁で「玉ねぎの皮茶」を飲んだらGOODでした

冬至を前に「玉ねぎの皮」の凄い効用を実感しました!

「悪の御用」ならぬ「アクの効用」は、小豆の場合はバッチリで、ポリフェノールやサニポンたっぷりで、利尿作用もあります。
saponin02-2

2015年早々、世界で色々起きてますが、添加物てんこ盛りの食品を食べさせられてきた身体の浄化と同じく、地球のデトックス作用だと捉えることも出来ます。

ちなみに、湯川さんらの人質映像は合成だったそうです。

イスラム教過激派組織「イスラム国」とみられるグループが公表したビデオ映像は合成、加工された疑いがあることが20日、分かった。映像を分析した日本政府関係者が明らかにした。

映像には、日本人とみられる男性2人と黒い覆面をかぶりナイフを持った人物の計3人が写っているが、関係者によると、男性2人の影の映り方が不自然という。

フリージャーナリスト後藤健二さん(47)の可能性がある男性は、左半身側に影が映っているのに対し、湯川遥菜さん(42)とされる男性は、右半身側に影があるように見える。

「毎日新聞」より転載

今までにも、数多くの「絵」が撮られて、人々に寒ーいイメージを蒔き散らしてました。
371ab47a-sたしかに、映画のような映像ではありました・・

いずれにせよ、争いに巻き込まれないで「バランスよく」が大切な時代ですネ。

マクドナルドの肉より怖かったケンタッキーのチキン話

じつは怖いらしいコンビニ弁当とアスパルテームの実態

マクドナルドを我慢すると子供の能力がアップする理由

小保方さんの実験が失敗した理由と傾きはじめた地球の勢力

ハリーポッターの仕掛けとネガティブなアトラクター

ゲリー・ボーネルさんの2015年4月予言と御嶽山噴火の理由

内海医師とデーヴィッド•アイクに学ぶ「自分の壁」と「バカの壁」の超え方


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. こんなのも↓ありましたヨ。
    http://tapnewswire.com/2015/01/the-rothschilds-bought-charlie-hebdo-in-december-2014/

    シェルリー・ロチルド!(・∀・)/

    • やっぱりね〜、しかしマクドナルドといい、ロスちゃんは最近バレバレ傾向ですね・・

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top