酵素カフェ

不自然な阿蘇大橋切断と阿蘇山噴火の可能性

不自然な阿蘇大橋切断と阿蘇山噴火の可能性

人類のアカシックレコードが読めるというゲリー・ボーネルさんは、2015年の4月半ばに日本で大地震が起きると予言し、

直前まで、その予言は変わらない・・としてましたが、

その一方で、UHOのような多次元的存在を確認してました。

私が見たものは、海岸近くの彼女の街の上空で巨大な宇宙船から地上にエネルギーを注いでいる様子と、海岸からおよそ1キロ離れた海面を貫通する大きな光の柱でした。あたりは強いブンブンという音に満たされていました。

それは深い地下の(割れた)岩盤を結合させるために行われていました。
私はUFOを重要視していませんし、エイリアンが自然災害から私たちを救うことはないと信じていました。私の長年のリーディングでも、今のタイムラインにおいて、このような映像を目撃したことはありませんでした。

このようなUFOからの地上と海へのエネルギーの放射によって、来たるべき地震が弱められています。

で、2016年4月半ばの熊本地震ですが、

何でも14日の震度7は、波形を見ればビンゴだそうで、

<地震波形を見ればわかる!熊本地震=人工地震>

o0595084113620989602

これが昨晩の熊本県益城町での震度7の強震波形です。防災科学技術研究所の強震観測網「K-NET」による公式データです。核爆発による振動と同じく、第一波のP波(初期微動)全然無しに、いきなりドッカーンと来ています。人工地震の動かぬ証拠です。これでもまだ自然地震だと思っている人は、本当におめでとうございま~す、と言うしかありません。

http://ameblo.jp/atom-green-0201/entry-12150534167.html

そして、阿蘇大橋は故意につぶされたそうです・・

o0500032513621639559

こんなにピンポイントで土砂崩れが起きるわけがない。しかも熊本阿蘇地方には大雨など降っていません。もし左側から崩れたのなら、南阿蘇側の橋桁の一部ぐらい残っていてもいいはずですが~

簡単に言えば、昨晩深夜の地震に合わせて山頂から地滑りが起きるようにして、破壊したと同時に橋を吹き飛ばし、南阿蘇側まで到達するようにした。阿蘇への救助・補給物資のルートを断つためです。戦争開始時に必ずやるような、補給ルート分断作戦そのものです。

同じく大分自動車道も「タイミング良く」土砂崩れを起こして通行不可能になった。つまり、ぶら松は人工地震では思ったような人的被害を与えられないため、生活インフラの破壊のための地上作戦を行っている。そう捉えるのが一番辻褄が合いますね。

※注)ぶら松=元はブラックイルミナティと呼んでいたが、電磁波オタクのアタマでっかち「ブラウンマッシュルーム」となり、これを略してブラマツ=「ぶら松」。NWO(New World Order)を推進するステルス世界支配層のこと。

http://payon.svc.ocn.ne.jp/ultimate/free/inp/ul1009_inp.html

ちょっと引けちゃう話ですが、この情報主は「皆の祈りとUHOとのコラポレーション」のリーダーさんで、

実際に今、被災地の大雨を回避しつつあるそうです。。。

「雨雲プロテクションサークル」が形になった
o0800039413622095018

人工地震かどうかはともかく、これ以上、被害が広がらないように日本全国祈りましょう!

熊本は九州のほぼ真ん中に位置しており、
map
重要な神社が連なる「中央構造線」上に、
f0044065_21245261被災地の中心と、阿蘇山、そして川内原発があります。
2016_1460655797_206

これこそ神業的偶然ですが、

阿蘇山は富士山を1とすると、600のパワーを内包し、大噴火すると大変なことになります!

ゲンダイさんも書いてる通り、阿蘇山は約9万年前に破局的 超巨大噴火を起こしてカルデラを形成した山ですね。
その時は、火砕流が鹿児島を除く九州の4分の3と山口県まで焼き尽くして、
九州、中国、四国地方の縄文人が激減してしまったとか。

富士山 1
北海道駒ヶ岳 3 有珠山 3 樽前山 4 浅間山 4
九重山 5 燧ヶ岳 7
ピナツボ 10
桜島 12
箱根山 14  ※横浜まで火砕流に飲み込まれた
摩周湖 19
大雪山 20
十和田湖 56 ※青森県の大半を火砕流が焼き尽くす
霧島山 100
屈斜路湖 150
洞爺湖(有珠山の本体) 170
支笏湖(樽前山の本体) 225  ※火砕流が札幌を飲み込んで日本海に到達
姶良カルデラ(桜島の本体) 450
阿蘇山 600  ※火砕流が九州の4分の3と山口県を焼き尽くす ←NEW!!
イエローストーン 2500

今回の地震は活断層の活動による横ずれ断層型。東日本大震災のようなプレートの境界で発生する海溝型地震とは異なる。震度7の巨大な揺れをもたらした地震の規模はM6.5。震源の深さは11キロと、比較的浅かったため、局所的に大きく揺れたとみられる。

「眠れる巨大断層がついに動きだしました」と、武蔵野学院大特任教授の島村英紀氏(地震学)はこう続けた。

専門家が警告 震源地至近の阿蘇山「破局噴火」の可能性も

「今回の震源地は日本最大にして最長の活断層『中央構造線』のライン上にあります。長野県伊那地方から鹿児島県の薩摩半島まで1000キロ以上を走る断層で、長野から愛知県豊川市をかすめ、紀伊半島から淡路島、四国を横断し、愛媛県の伊方原発付近から豊後水道を渡り、大分、熊本へと延びる。日本列島に私たちの祖先が住みだしてから、中央構造線上でこれだけ巨大な地震が発生したのは初めて。名古屋や大阪など巨大都市のすぐそばを走る活断層だけに、今後も注意が必要です」

http://golden-tamatama.com/blog-entry-2332.html

さて、地球を助ける多次元的存在が働きやすい環境にするには、

人間がネガティブな想念をまき散らさないことが大切で、

こんな時こそメディアの「振り子」に揺らされないことが大切です。

望んでないことを自分の人生から排除する唯一の方法は、あなたの思考エネルギーを乗っ取った振り子の影響から解放されることである。そして、その後も振り子の挑発には乗らず、そのゲームにも加わらないようにする。
破壊的振り子の影響下から脱するには、二つの方法がある。振り子から身をかわすか、または振り子を手なずけるか、である。

4月16日、東京はすっかり葉桜ですが、

山梨の甲斐あたりではまだ咲いてるのを見かけ、
DSC_6967

DSC_6968

DSC_6970

お菓子屋さんの工場では、
DSC_7003
太鼓を叩いてのイベントに、
DSC_6996
たくさんの人が集まってました・・・
DSC_6998

情報は必要ですが、テレビに釘付けになるより楽しいことをしましょう!

うちは自然派なんで、やっと花が咲きはじめた八ヶ岳の麓で、
DSC_7028

DSC_7019

DSC_7017

先週、農家の方からもらってきた「ぶどうの木」を燃やしてみたら、
DSC_7036思いの外、イイ燃え方をして大満足です。DSC_7046蒔きストーブは、普通はナラやクヌギを使うとされますが、そういったことに縛られないとGETする可能性が広がります!

阿蘇山が噴火する可能性も、噴火を小規模に収める可能性も、

そして、今回の地震が阿蘇山噴火のエネルギーをガス抜きする・・可能性だってあるのです。

日本全国、縄文DMAで繋がってますので、こんな時こそ日本人が固定観念を手放し、「正気」となるチャンスかもしれませんね!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top