酵素カフェ

世界史が激変するイエローストーンの現状と「ジークフリート&ロイ」の奇跡

世界史が激変するイエローストーンの現状と「ジークフリート&ロイ」の奇跡

この写真は2014年10月16日の記事で、ラスベガスの大人気マジシャンコンビ、

「ジークフリート&ロイ」のジークフリートさんが両手を広げ、相棒の誕生日を祝っているところです。

日本では70歳は古希(古稀)と呼ばれ、本格的長寿祝いの始まりで、あまり派手にやらない方がイイという説もあります。

しかしながらロイさんの場合(写真右)、
65095_0_600x400そして相棒のジークフリートさん(写真左)にとっても、

70歳は大いに祝いたい「奇跡」であります。

2003年、カジノリゾート運営会社MGMミラージュが経営するエンターテイメント複合施設でマジックショーの公演中、7歳のホワイトタイガーがマジシャンコンビ、「ジークフリート&ロイ」のロイ・ホーン(Roy Horn)氏に噛みついた。このトラはホーン氏とのパフォーマンスを長年行ってきたが、ホーン氏の首に噛みついて、まるで子猫を口の中に入れて運ぶように舞台の外まで引きずっていったという。救急隊員による大量出血の処置の後、同氏は大学病院に搬送され、緊急外科手術を受けた。重傷から回復した同氏は再びトラを使ったショーに挑んだが、結局ショービジネスからの引退に追い込まれた。

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/7687/?ST=m_news

米国で成功した人気マジシャンに引田天功さんがいますが、
i320

ラスベガスで成功するというのは、とてつもない富を引き寄せるようです。

ジークフリード&ロイという、
男性ふたり組のマジシャンがいた。
ラスベガスのホテル・ショーで
何十年もロング・ランを続けた
人気マジック・デュオであった。
始めは黒ヒョウが一匹だけ
ステージに登場するだけであった
彼らのマジック・ショーは、
ライオンや虎、キリンや水牛や象、
世界でも珍しいホワイト・タイガー等を次々と登場させて、
ラスベガスでも1、2を争う人気ショーとなった。
大当たりとなった
ジークフリード&ロイのマジック・ショー、
彼らとホテル側との契約金も莫大なものとなっていった。
彼らの住む邸宅は
まるで広大なサファリ・パークのようで、
ホワイト・タイガーやヒョウ等の猛獣が
まるで犬や猫のようなペットのように
放し飼いにされていた。
私は一度だけ、彼らの楽屋にお邪魔したことがあった。
ホワイト・タイガーの子供が3頭、
私の廻りをウロウロと歩いている。
子供のタイガーではあるが、
一般の大型犬よりもかなり大きかった。
そのタイガーが私の足にじゃれるのである。
それもかなり気に入ってくれたらしく、
激しく爪をたてるのでかなり痛かったことを覚えている。
この時、タイガーの前で貧乏揺すりをすると
ひどい目に遭うということを知った。
彼らの成功を見て、
ラスベガスのあちこちのマジック・ショーにも
猛獣が多く登場するようになっていった。

https://www.1101.com/magic/2007-01-12.html

この「ジークフリート&ロイ」にホワイトライオンの謎を探求するリンダ・タッカーさんが会いに行ったのは、

ディビッド・アイク氏も絶賛する「古代歴史保持者」であるクレド・ムトワさんから、
credo

野性のホワイトライオンを連れ去った「マジシャン」コンビがいると聞いたからで、

ムトワさんは最初、

「野性に、自然に抱かれているはずものをそこから奪えば、奪った人間はもうそれを所有しているのではなく、その魂を殺しているのです。私は奪われていったライオンたちのために胸が痛むのです、奥様」

と言ってましたが、

米国からアフリカに戻ったリンダ・タッカーさんから、「ジークフリート&ロイ」がライオン達に大きな愛情を注いでいる様子を聞き、

「お伝え下さい、奥様。私は彼らのことを、神を密猟する者たちだと思ってました。今では彼らが、神を救済する人々かもしれないと思います。地球の魂よ、彼らに長寿をお恵みたまえ!」

と、ホッと胸を撫で下ろします。

「ミステリー・オブ・ホワイトライオン」は日本では昨年出たばかりですが、

本国では2001年出版ですので、その後にロイさんの事故が起きたことになります。

先日、「プリンス」さんが57歳で逝去しましたが、
2015Prince_AutismRocks-2_040215-720x480

わずか50歳でこの世を去ったマイケル・ジャクソンは、
siegfried-roy「ジークフリート&ロイ」のために曲をリリースしてます。

ジーグフリードさんは、

「僕たちは、人生を魔法と幻想の探求に捧げるという恩恵を授かってきたーでもこの秘密の花園で、僕らは何より素晴らしい、自然の魔法を人々に見せることができる。どんな人にも開かれている”生きた教室”だ。それが、僕らの目標だ」

とリンダ・タッカーさんに語りますが、

2016年現在、地球は大きな変革期を迎えているようで、

4月25日付け

<2016年は地球変動の年?差し迫る地震と噴火に備えましょう。>

世界中で地震活動が活発化しています。ここ数週間でエクアドルや日本の九州で大地震が起きています。また世界中で40近くの火山が噴火しています。
特に環太平洋火山帯で大地震や大噴火が頻発しています。アメリカ西海岸ではまだ何も起きていませんが、専門家によれば、サンアンドレアス断層とカスケディア沈み込み帯では数十年間にわたりストレスが溜まり続けているようです。このエリアで大災害が起こるのは時間の問題だとも言われています。

今週月曜日に、ロシア極東のクリュチェフスカヤ山が大噴火し熱い火山灰が上空4800mまで噴き出しました。ここも環太平洋火山帯の一部です。専門家は次にどこで何が起こるのかを警戒しています。
アメリカでも3月29日以降アリゾナとネバダの州境で軽度の地震が21回観測されています。

アメリカではここ数十年間、大地震や大噴火が起きていません。最後に噴火したのは1980年のセントヘレン山の噴火です。ただし専門家は北米には非常に危険な巨大火山が以下の通り3つも存在するため警戒が必要であると言っています。

<ポポカテペトル山>

この山の周辺には2500万人もの人々が暮らしています。この山はアステカ時代に大噴火し周辺の都市が大量に発生した高熱の火山泥流に飲み込まれて破壊されました。ピラミッドまで飲み込みました。
この山が再度噴火するとメキシコシティーの1800万人に大被害をもたらすことになります。

<レーニア山>

この山は時限爆弾とも言われています。アメリカで最も危険な火山であり、世界で最も危険な火山の1つです。この山はワシントン州のシアトル、タコマ、他の大都市に非常に近いところに位置しています。この山が本格的に噴火すると、多くの住民が、押し寄せる高熱の火山泥流に生き埋めになるでしょう。
時速80kmで火山泥流が流れだします。我々が生きている間にこの山が噴火すると確信しています。

<イェローストーンの超巨大火山>

1980年にセントヘレン山が噴火しましたが、イェローストーンの超巨大火山が噴火すると、セントヘレン山の噴火の2000倍の威力があると言われています。

その場合、ソルトレイクシティが焼け焦げるでしょう。デンバーでも短時間で屋外の物や生き物が破壊されるでしょう。そして火山灰が半径1600kmに渡り3m積もることになります。アメリカでは食糧生産が壊滅的となり、火山の冬が襲い、長期間にわたり世界の気温が20度も下がることになります。

つまり、この火山が噴火すると地球上の生命が消滅するということです。
イェローストーンではかなり異常な活動が続いており特に警戒が必要です。もし噴火したなら、一瞬のうちに世界史が激変します。
北米では必ず大噴火や大地震が起こるでしょう。その時、我々は大惨事に対応しなければなりません。我々も家族もそれに備える必要があります。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/

イエローストーンが噴火したら「一瞬のうちに世界史が激変」とのことで、今は、人工的な「楽園」で浮かれている場合ではないのかもしれません。

日本では2016年正月早々、坂本龍一の愛娘、坂本美雨さんが「ペットを檻に入れて販売する」ことに疑問を呈しましたが、

動物達と強いカルマの結びつきを感じ、
3596020998_7a98294c1a
「いつも動物に守られてきた」と言ってたロイさんが、九死に一生を得てショービジネスからの早々に引退したのはかえって幸いだったのかもしれませんね。


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top