酵素カフェ

英EU離脱を予見してたプーチン2016年スピーチとケネディ大統領が暗殺された理由

英EU離脱を予見してたプーチン2016年スピーチとケネディ大統領が暗殺された理由

プーチンの2016年新年のスピーチは、「私はイルミナティを倒すつもりです!」だったとのことですが、


1436171811

勇敢なプーチンは、最後の最後にイルミナティと対決する為に第三次世界大戦の勃発を阻止する必死の試みをする事を明らかにした。と、クレムリンの情報源が主張しています。

Brave Vladimir Putin appears set for a face off with the Illuminati in a last minute, desperate attempt to stop the outbreak of World War III, Kremlin sources claim.

http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/article/431487423.html

その昔、ケネディ大統領は秘密結社とは関係ない、自国の紙幣を発行しようとしてました。

ケネディが発行を命じた紙幣は、FRB発行の銀行券とほぼ同じデザインで、FRBのマークがない代わりに“United States Note”(政府券)と印刷してあった。
 同年11月22日、J・F・ケネディ米大統領は、テキサス州ダラスにて暗殺される。財務省によって発行された総額42億ドルの政府券は、ケネディ暗殺後、速やかに回収された。

 ケネディ大統領は、秘密結社がマスコミをコントロールしていることを弾劾する次のような演説を残している(英文はビデオ)

 『秘密主義というまさにその言葉は、自由で開かれた社会にとって、非常に不快なものです。そして、私たちは元来、歴史的にも“秘密結社”の“秘密の誓い”と“秘密の議事録”に反対した民族とも言えます。
 私たちは、遠い昔から度を超した不当な関連情報の隠蔽は、はるかにそれらに正当性を与えるために考慮される危険があると判断してきました。今日、根拠のない制約によって、閉鎖社会の脅威に反対するということはほとんど価値はありません。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1222.html

ロシアのプーチンと米国のケネディ、お二人とも秘密結社に立ち向かうという「英雄的行為」で共通してますが、

天才モーツァルトは秘密結社の秘密バラそうとしてして暗殺されたという説もあり、
151126R1000011

時代が下るほど「英雄」は安泰でいられるようです。しかしながら、

今や情報化社会により、秘密自体は「秘密」じゃなくなっちゃって、

秘密を「知りたいと思わせない」、あるいは、知っても無力感にかられるだけ・・だから知らない方がイイ的な巧妙なマインドコントロールがなされてきたように思われます。

ちなみに「無力感」に対応するバッチフラワーは「ワイルドローズ」ですが、

2005年、イギリスにバッチフラワーを学びに行く前に、ペルーの先生のキネシオロジーしてもらったら、この「ワイルドローズ」がヒットして、

「そういうタイプじゃないのに何故でしょう?」と、周囲から不思議がられましたが、

今思うと、あの頃は「何も知らなかった」けど、潜在意識には「無力感」が漂っていたのかも知れません。

で、イギリスから帰って来たら、その翌日、ロンドン連続爆発テロが起こりまして。。

<ロンドン同時爆破事件>

2005年7月7日、現地時間午前8時50分頃(サマータイム期間中、UTC+1)イギリスの首都ロンドンにおいて地下鉄の3か所がほぼ同時に、その約1時間後にバスが爆破され、56人が死亡したテロ事件である。

wikipedia

2週間のイギリス滞在中、ロンドン到着1日目にバスから降りたら「お財布ない!」というアクシデントがあり、

バッキンガム宮殿などのロンドン観光は一切せずに、

ジブリ映画「天空の城ラピュタ」の舞台、ウェールズに向かいました。
8479884906_0bbb54d08c_o-1-700x336

結局「お財布」は出てこなかったですが、

行く先々で「I lost my wallet in London(ロンドンで財布を失くしました)」と言うと、暖かい言葉をかけて頂き、

英国民は紳士淑女で、日本人に共通する気配りがアル印象を持ち、何より、無事帰ってこれたことを心から感謝した思い出があります。

イギリスEU離脱で、経済的な波乱が予測されてますが、経済なんて所詮ゲームの法則ですから、やがて落ち着くでしょうし、

原発漏れや、ヤラセテロの連発で、何よりも「命」が大切なことを英国民が選択したことに拍手です!


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. ひょっとしてコレ↓なんかも
    http://jp.sputniknews.com/life/20160626/2371277.html
    英の昨今を暗示してたのかも。。。

    米では飼い猫が凶暴化して飼い主を人質にとられ警察が出動した事件と対照的ですネ。

    • 太って・・キッと、餌良かったんですね。糖尿にならないとイイけどね。

      ところでT.N.R. 運動のコメント、今朝、出かけに見たんだけど消えちゃいました・・??

      近所の猫、見かけないのでポエゾン説疑わしいですが、三毛猫母さんは、クレちゃんと一緒に夢に出て来たので、何となく運命だったよーな気がします。

      とは言え、しばらく御飯あげていたので、メチャ悲しかったでーす。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top