酵素カフェ

松原照子氏の2020年予言と懲役4年だった寿産院事件

松原照子氏の2020年予言と懲役4年だった寿産院事件

台風13号は温帯低気圧に変わりましたが、引き続き東京地方や伊豆諸島では大雨への警戒が必要とのことで、

八王子市では今のところ、時折、雨足が強まる程度ですが、

規模的には、世界一とも言われる大都市東京は、
60d2f48cd3fc06e9d823ad18dba975fa

戦後、焼け野原になった時、
20140705100151b00

母親が泣く泣く預けた「命」を搾取する医院があったそうです。

<100人以上の赤ん坊が殺された「寿産院事件」>

新聞の3行広告で乳幼児を集め、その1人あたりの養育費は、当時としては大金の約5000円だった。ほかに東京都から補助金も出ていた。そうした大きな利益を得ながら、子どもの面倒をまったくみることなく死亡させていたのだ。また、産院向けのミルクや米や砂糖など特別な配給品があったが、その貴重な物資はほとんど闇市に横流しし、さらに私腹をこやしていたのだ。

◆預けた親は戦時下の貧しい女性たち

 預けた親たちは、戦争未亡人や、生活に窮し仕方なく夜の務めに出る女性などがほとんどだったという。当時、東京だけでも年間に産院が100軒以上も増加していたというから、この事件は氷山の一角かもしれない。・・

5年間も子どもをダシにしていた院長夫婦は、それぞれ懲役4年と2年の判決が、東京高裁で確定している。被害者の総数は、裁判でも明らかにすることができなかった。推定で85人から169人の間とされたが、それだけ杜撰な管理体制だったということであり、人を人とも思わない所業であった。子どもを殺害する悲劇は、その後も繰り返されてきたが、その残忍さと動機、被害者の数などの面からケタ外れの犯罪だった。

何百人も殺した院長夫婦が「懲役4年と2年」とは驚きで、医療行為の一環として認められたのでしょうか?

いずれにせよ東京にはまだまだ、大雨で浄化したい「地域」がアチコチ残ってそうですが、
04481d7c65e4cfbe852f09fe0d0b53cc

最近、知合った27歳の女性は、17歳で子供を産んだシングルマザーで、ヤンキーっぽい外見からは想像出来ないほどしっかりしていて、

10歳になる長女に「軽い脳の障害」があることがわかり、第2子出産をあきらめましたが、

胎児に「意識」が入るのは3ヶ月以降とのことですので、

人間に限らず、一度この世に生まれて来た命は尊重されることが、これからは増々大切になってくると思います。

しかしながら、東京にような大都会ではモノは豊富でも、

金銭的な生産性のみを重視し、人を人と思わなくなるロボット人間が増えてるようです。

生産性の低い、あるいは皆無の弱者を捨てれば、社会の効率があがる。ナチスもそういう発想だったよね。

そのうち、「人間は要らない、ロボットだけで良い」という結論になる。

落語にあったよね。使用人が多過ぎて無駄だというので、一人クビにしたけど、不自由しない。

それなら、というので、もう一人、もう一人と、次々にクビにしても、家族だけでまわる。しまいには、女房も無駄だというので追い出し、よく考えてみたら、自分も要らない、というので、クビ吊って死にました、というヤツw 落語には、社会の真理が全て含まれている。

http://my.shadowcity.jp/2016/06/post-9582.html

とは言え、個々の人々と丁寧に接し合えば、皆、それぞれ素晴らしい「心」の持ち主であり、ロボットなんかじゃないことが分りますが、

bb999858ee1e6c43ce9e7a26aa8294d6

自分の「心」をおざなりして、世間の「振子」に振られ続けていると、

知らず知らずに心がロボット化=クローン化してしまい、

「寿産院事件」のような構造が繰り返されます。

3.11を予言した松原照子氏の最新本では、

「2020年に関東大震災」が起きそうだという予言とともに、日本の子供達の将来をとても心配しています。

〈自然災害〉
2020年の東京オリンピックまでに首都直下地震が起これば、東京湾は「火の海」になりますので、東京オリンピックは出来ません。
東京湾は埋立地なので液状化が起こり、津波で石油コンビナート地帯は最も危険になります。日本の古文書から東日本大震災の9年後の2020年に関東大震災が来そうだと感じとったようです。同時期に南海トラフ地震にも注意したほうがよさそうです。また、台風も大型化して被害も年々増加する傾向にあります。

〈経済〉
現在、日本の子供達の6人に1人が貧困です。日本の人口は年に27万人ずつ減ってゆき、やがて5人に1人が貧困になります。人口減少から消費税も将来的に15%~20%になります。また、日本の食料自給率は40%で農家の若者離れも心配になります。経済恐慌や大規模な戦争が起これば日本には食料は入って来ません。未来ある子供達がどうやって生き残って行くか心配になります。

この本には松原さんの「愛」と「普段、知り得ない情報」がいっぱい詰まっています。是非、読んでみてください。

Amazonレビューより

こういった予言は、たくさんの人が知り、

「心」を動かすことによって変化する場合が多いですので、

2020年、東京オリンピックを前に「関東大震災」が起きないように、2016年、秋の長雨が浄化してくれることを祈りましょう!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top