酵素カフェ

大野地震研究所の9月28日〜31日M9地震予言とイメージの力

大野地震研究所の9月28日〜31日M9地震予言とイメージの力

9月23日の朝、9時14分頃にM6.5の地震が関東沖で発生しましたが、

震源は10キロと浅く、震度1しか揺れませんでしたので全く気づきませんでした。
20160923091445-20160923092111-large

しかしながら9月13日、4月14日の熊本地震前と同じく、茨城・日立市の海岸で8mのクジラが死骸が座礁してましたので、

チョット気になって調べてみたら、「大野地震研究所」という地震予知サイトでは9月28日〜31日が要注意とのことです。

東京-仙台大地震

日時 9月28-31日 午後の夜
規模 M9
震源 M8 宮城県沖、30-120分後にM7 茨城県沖(首都直下地震)
余震 当日か深夜にM5富士山周辺、翌日にM7東北沖とM6長野県北西部

被害概要
夜の地震です。死者は1万人弱です。津波があります。列車事故と高層ビル火災が目につきます。首都の被害が顕著です。国会が一部壊れます。レインボーブリッジのお台場側の首都高速が倒れます。首都高速は皇居の北側で多く倒れます。東京湾アクアラインは、海ホタルの付近でトンネルが水没します。北仙台でビルが倒れます。新幹線は宮城県南部で大破します。東京の地下鉄は多く脱線します。津波は石巻、釜石、気仙沼が3-5mです。宮城県は2-4mです。東京駅の北ドームが一部崩れます。

防災
夜の地震です。危険日の夜、被災地では公園か広場に待機してください。以下の行為はしないでください。電車に乗ること。沿岸、高層ビルの高層階と東京駅の北ドームにゆくこと。東京は、首都高速を走ること。

なお、前日に地電流と地磁気に大きな異常がないと発生しません。それは当日の朝にブログで報告します。

首都圏壊滅的な物騒な予言ですが、何でも日本人は皆エイリアンの直系とのことで、
japanese-martians-11

事実、世界中の言語で日本語だけが「違う」源から来てることが解明されてますので、

日本人が精神力を集結すると「神風」が起る可能性は高く、

こういった場合、無事に9月をスルーした10月の状態をイメージするとイイようです。

寒冷地では、もうすぐ紅葉が楽しめますし、
54ae3f29551028f43fa79cd9838a8d81
秋の行楽シーズンを楽しんでいる自分をイメージしましょう!

で、9月26日には、人気ブロガーの「玉蔵」さんが東京でイベント予定とのことで、

ご本人いわく、玉蔵さんが行く先々では、その後「ドッカン」が来る確率が高いそうですので、そういった意味でも要注意な9月後半の東京ではあります。

自分はめったに都内に行かなくなりましたが、仕事上、行かざる得ない旦那さんの話では、

表参道など外人だらけで、まるで日本ではないようだ・・状態だそうで、

外人勢にハイジャックされている都心に玉蔵さんらのイベントがあると、浄化のドッカンが起きる可能性は無きもあらずですが、

それは、「大難を少難で済ます」法則的には好ましいことでもあります。

地震予知に関しては、ゲリー・ボーネルさんの4月予言の際は、

かなり「来る」感あったのでマジに祈ってましたが、ゲリー・ボーネルさん曰く、

地震への最大の備えは「正しい食事」と、
7cc5e641bc4090a04e46da6940342adf

「口喧嘩などで争わないこと」とのことで、ec6f4dd449b46d6fd9357d19bdbae68a

全体の周波数が底上げされると、「大難を少難」で済ますことは可能なようですので、2016年の秋、心して穏やかな気分で過ごしましょう!
f7d2a29d78ef82adb8b02662b41e6288

 


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top