酵素カフェ

映画「シリウス」のフルバージョンと「ハルマゲドン・プログラム」を見抜く智慧

映画「シリウス」のフルバージョンと「ハルマゲドン・プログラム」を見抜く智慧

東京では11月に初雪が降りましたが、只今、ハワイ最高峰のマウナ・ケア火山では60センチを超える積雪で、

まるで南極みたいな状態だそうです。。
cytbaxivqaahhodまあ、標高 標高4205メートルですので、あり得ないことではないでしょうが、ホノルルでは27度とのことですので、同じハワイでも二極化状態です。

日本でも、ヤタラと寒い日と暖かい日があったりですが、

こうした異常気象を利用する「ハルマゲドン・プログラム」というものはアルそうです。

<ハルマゲドン・プログラム>

グレゴリー:マスコミの洗脳は未だに世界中で起きていますし、恐怖の洗脳の渦巻きに巻き込まれなないようにしないといけない。魔の側のETや最先端の軍のテクノロジーでは、衛星を使って携帯電話から脳へマインドコントロールを仕掛けたりすることもできるんです。

自然災害では富士山の噴火もよく言われているけど、アトランティスやムーの時代に天変地異を経験した過去世がトラウマとして残っているので、その記憶を操作する変な刺激を受けることには気をつけないといけない。

ハルマゲドン・プログラムという意識を操作するソフトウェアが存在していて、意図的に次の災害を実現化しようとしている闇側の計画もあります。

太古の昔からの恐怖の記憶を解放できるサポートは、友好的ETたちの力でしか解決できない部分が多いです。3.11や9.11を利用して、つねに地球人類を恐怖と低い波動に留まったままにして、私たちの足を引っ張っています。

特に2013年以降は、小未来のタイムラインは非常に変えやすくなっています。ETたちも遠い未来は読めない場合が多くなっています。人間の意識の変化によって、”現在”として体験している世界がコロコロ変化していますね。友好的なETたちは、未来について公に明確な予言は絶対にしません。もし、明確に予言していたら、それはおかしいと見抜く必要があります。

NAA(ネイティブ・エイリアン・アジェンダと呼ばれるマイナスET)の一部たちが上手く情報操作することで、できるだけアセンションやコンタクトの真実とウソを混乱させて、今までのパラダイムを無理に継続しようとしていることに気がつかなければなりません。

多くの宇宙人のチャネリングによる予言の根底には、人間の目醒めと進化をいつでも先延ばしにしようと目論む仕掛けがあります。そうすることで、一般人を受身にして、人間が自発的な行動をできないように阻害しているんです。

さらにひどいのが”狼少年現象”です。彼らは人間の期待と恐怖のエネルギーを寄生虫のように吸い取ります。とんでもない明確な予言をしておきながら、当日に何も起きなかったら手を引いてしまう。完全に責任逃れをするケースが過去にも恐ろしいほどたくさんありましたね。この仕組みの過ちに気がついて、目醒め始めている人たちが最近は増えています。

他者に依存せず、自分でコンタクトすることに取り組み出せば、こういう偽情報に振り回されて悪影響を被るパターンからは、完全に抜け出すことができますよ。

予言を否定的に真に受け取ってしまうことは要注意です。大事なことは今後をどうするかです。私たちは意識でタイムラインを変更できる能力があることに気づいて、その意識の力で明るい未来を実現させるべきですね。

今まで人間が受け身なのは、自分たちでは何が起こってもコントロールできないというマインドコントロールを植えつけられてしまっているからです。私たちのCE−5コンタクトでは、意識を意図的に使うことによりETの依存を五感で確認できます。意識の力に目醒めてしまうとすごい自信になりますね。

グレゴリー・サリバン氏は、映画「シリウス」を日本で公開させた立役者ですが、

2014年1月22日、雪が降った日の朝のライブインタビュー動画で、「眠れなかった・・」というサリバン氏の表情を見て、なかなかピュアで「感じる」人だと思いました。

そんなサリバンさんがぞっこんな映画「シリウス」のフルバージョンは、こちらで今、無料で見られますが、

こういったスピリチュアルな情報をまとめて下さっている「新・ほんとうがいちばん」に、昨日、気になる「お知らせ」がありました。

<お知らせ>

2016/12/06 15:25

いつも当ブログを応援して頂きまして、誠にありがとうございます。
現在更新がちょっと止まっていて申し訳ありません。

12月3日に開催されたコブラ・イニシエーションのワークショップに参加させて頂き一昨日帰宅しましたが、その翌日(昨日12/5)、自宅が突然の停電に見舞われまして、ちょっと取り込んでおりました。

起因は漏電でしたが、九州電力さんによると地震による建物のズレが原因ではないか?ということで、先程業者さんに来て頂いて復旧工事が終わったばかりです。幸い大きな災難にならず、生活圏も無事に復旧できましたので、これも「古いエネルギーの除去」、有り難い「リセット現象」だと感謝の心で受け止めさせて頂いているところです。

http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1710.html

「新・ほんとうがいちばん」は熊本在住で、熊本地震をレアに体験していますが、

人類の意識レベルをキネシオロジーで調査したホーキンズ博士によると、

人類の意識レベルは1987年に、人類史上はじめて勇気という「200」レベルを超えて、

■1~1000の意識レベルの表

700-1000・・・悟り
600・・・平和、1000万人に1人(世界で700人)
540・・・喜び、250人に1人(世界で2800万人)
500・・・愛、25人に1人
400・・・理性
350・・・受容
310・・・意欲
250・・・中立
200・・・勇気、5~7人に1人(15%~22%)
175・・・プライド
150・・・怒り
125・・・欲望
100・・・恐怖
75・・・深い悲しみ
50・・・無感動
30・・・罪悪感
20・・・恥
(1増えるとパワーは10倍になる。)

まさに、サリバンさんの言うところの、

「私たちは意識でタイムラインを変更できる能力があることに気づいて、その意識の力で明るい未来を実現させるべきですね」

状態なんですが、

意識レベル500の人は、ナント、75万人もの200以下の人達をバランスさせるパワーがあり、

<意識指数200を臨界点として対応する人数の目安>

一個人レベル=200以下の人に対応するおよその人数

意識レベル700の1人=7000万人の 200以下の人々
意識レベル600の1人=1000万人の 200以下の人々 (1千万人に1人)
意識レベル500の1人=75万人の 200以下の人々 (全人類の4%) 
意識レベル400の1人=40万人の 200以下の人々
意識レベル300の1人=9万人の 200以下の人々

これは「見えない」影響力のひとつかもしれません。
また、人間の存在意義のひとつかもしれません。

2011/3/11までは、
日本に生まれてくる子どもは
意識レベル350だったようです。

2011/3/11以後、
日本に生まれてくる子どもは
意識レベル400を超えている人が続出中です。

aloha88

つまり意識レベルの高い人ほど落ち込むと全体への影響が大きいわけで、

そのため、意識レベルの高い人ほど狙われやすい傾向もあるにはアルようで、

先日、再逮捕されちゃったASKAさんのように、

特に、テレビ界のような、まともな人ほど「壊れて」しまう世界ではその動きが顕著であり、

「他者に依存せず」「偽情報に振り回されて悪影響を被るパターンからは、完全に抜け出す」

ことが、ますます大切な時代になりそうです。


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top