酵素カフェ

8月8日の満月に最強になるライオンズゲートと広島・長崎で起きたことのエネルギー的な意味

8月8日の満月に最強になるライオンズゲートと広島・長崎で起きたことのエネルギー的な意味

台風5号が接近する中、8月8日、日本時間の午前2時22分から「部分月食」が起き、


国立天文台によると、日本全国で観察でき、最大で月の直径の4分の1程度欠け、
partial-eclipse-l

明け方には「丸い姿に戻る」とのことですが、

2017年8月8日は満月で、

ライオン・ゲートが開いている「7月26日〜8月12日」間で、
fb3fa17c

最も強力な日となるようです。

・・・・・・・・・
8月8日、または88に、このポータルがその最高潮に達するということに注意を払うのは興味深いことです。数秘術において、8という数字は無限・パワー・神聖なつながり・再誕と高次の領域・王国を表す強力な数字です。ですから、あなたにはこれがどのような意義を持ちますか?今年のライオンズゲートのメッセージがあります:
シンプルに人間であるということを通じて喜びを見出す必要があります。

たましいが地球にやってきた時、私たちは人間としての体験のためにやってきたのです。多くの人が、人間としての能力を最大限発揮できずに生きています。人間として私たちは冒険・未知なるものを開拓するためにやってきたのです。味わい、旅をし、感情を、そして地球の様々なカラーを体験するためにやってきたのです。ですが私たちの多くが行き詰まってしまい、一様な日常に囚われてしまい、何を本当に体験するためにやって来たのかを忘れています。私たち全員に、霊的な・精神的なコアが存在していますが、生命・人生の人間的な側面にもっと感謝を見出す必要があるのです。人間であることにしばしば制約が与えられますが、人間はしかし、素晴らしく、情熱的で、共感する存在なのです。そして世界に提供するための多くを持ち合わせています。私たちの人間性・私たちが人間であることを受け入れて抱きしめなければなりません。そして最も生を感じることを見出し、理解せねばなりません。

人間というカタチを通じて、生きていることに幸せや喜び感じることはなんでしょうか?私たちがこの地球上で持つべきものはなんでしょうか、そしてそれを通じて生きる価値をもたらしてくれるののは何でしょうか?
2017年のライオンズゲートが問いかけるものはこうした疑問です。私たちがそうした未知なることがらを開拓してゆかねばなりません。生命・人生を生きる価値のあるものにすることを明らかにする必要があります。そして、その後でそれらを実際に起こすために必要な実践可能なステップを実際に踏むのです。

2017年8月のライオンズゲートにとっての最後のメッセージは、身体からエネルギー的な「汚染」を取り除くことです。ライオンズゲートのエネルギーを私たちのフィルターを通して流入することを許す限り、このライオンズゲートはとても癒しに満ち、浄化をもたらすものとなるでしょう。

ライオンズゲート・ポータルの1日前の8月7日は部分月食の日にあたります。それは水瓶座のしるしとして生じます。手放し、癒し、開放することを私たち全員が呼びかけられています。そうすることで新しいことを受け取れるようになります。2017年8月のライオンズゲート・ポータルから最高のエネルギー・アップグレードを受け取るために、鮮明で開かれたチャンネルでありましょう。もはやあなたに仕えないものごとを開放し、手綱を手放すことを通じてそうしましょう。

http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1976.html
・・・・・・・・・

「人間というカタチを通じて、生きていることに幸せや喜び感じることはなんでしょうか?」

のアンサーを「感じる」ためには、

「2017年8月のライオンズゲートにとっての最後のメッセージは、身体からエネルギー的な「汚染」を取り除くことです」

が大切だと思われますが、

昨日8月6日は広島に原爆が落ちた日で、3日後の8月9日には長崎にも投下され、

驚くべき数の人々が、この両日でお亡くなりになりました。

 当時の人口:長崎…27万人・広島…35万人

死者:長崎…7万人・広島…14万人、合計21万人

http://www.asahi.com/hibakusha/nagasaki/n02-00010j.html

そして、日本で原爆が使われたという歴史的な意味は、

単に、死傷数者の規模の大きさだけではなく、

エネルギーレベルでの、大きな意味があったことを、

こちらの記事のコメント情報で知りました。

以下は日本版にも記載されてますが、ヒロナガ原爆について。。。
これには単に死んじゃうとかいった問題ではすまされなかったようで。。。

<ラー文書 一なる法 広島・長崎の原爆投下について>

ラー:私たちが出来ることは他にもあります。一つは、原子力兵器が使用された場合、魂、あるいはスピリットの統合、修復ですが、それは銀河連合がすでに行いました。

Q: よく理解できません。もう少し具体的に説明してくださいませんか?

ラー:人の知性によって物質をエネルギーに変換して生じたエネルギーは、多くの場合、皆さんの言う天上界は妨害を受けます。だから私たちは、魂あるいはスピリットが時空から時空へと移行する際にそれを統合する努力を続けます。

Q: 広島と長崎でどういうことが起きたのか、例を挙げてもらえますか?

ラー: 放射能ではなくエネルギー放出のトラウマによって破壊された人たちは、ボディ・マインド・スピリットが生存不能になったばかりか、いわゆるスピリット固有の波動体がばらばらになって完全に再統合することが不可能なほど寸断されました。これは創造主にとって損失になります。

したがって私たちはこの原爆投下という出来事を食い止めるのではなく、許可を得て肉体から分離したマインド・ボディ・スピリット体が生存できるようにしました。私たちは、無限のマクロコスモスの「一なる法(The Law of One)」の中のミクロコスモ、あるいは スピリット、ホログラムの損失を防いだのです。

Q:ちょっと曖昧です、あなた方は何をしたのですか?

ラー:私たちは次元のフィールドを理解しているので成し遂げることが出来ました。

Q: それでは、あなた方はこの地球の人々が原爆を使用して戦争をして多数の死者が出ることを認めるけれども、いわゆるその死というのは、天国、あるいはアストラル世界に入れないほどのトラウマを負っており、 あなた方はそこまで至らない状態に修復出来るということですか?

ラー:それは正しくありません。それよりももっとトラウマが残ります。しかし、亡くなった存在はそのままでいます。

Q: 長崎と広島で殺された人の状態は今どうなのか教えてください。

ラー:このトラウマに遭遇した存在はまだ完全にはヒーリングの過程が始まっていません。その存在たちはできるだけの対処を施されているところです。

Q: ヒーリングが始まっても、原爆で亡くなった存在たちは、このサイクルの終わりまでに第4密度に上昇することはできないのですか?

ラー:原子力による破壊は地球全体に影響を与えます。原子力の使用方法、種類に違いはなく、地球は癒される必要があります。

Q: 当時広島や長崎にいた人が目的を達成して報われようとしている時に原爆で死んだ場合、その人はこのサイクルでは報われないのですか?

ラー:そうではありません。一旦ヒーリングが起これば否応なく報われます。しかし、地球全体は、加害者、犠牲者の如何を問わずこの行動に対するヒーリングを経ていきます。

Q: 地球のヒーリングのメカニズムについて説明してもらえますか?

ラー: ヒーリングは、受容、許し、また可能なら償還というプロセスのことです。償還は亡くなってはできませんが、皆さんの中には、肉体でいる間に賠償(返還)しようとする人たちがたくさんいます。

Q: 生きている間に賠償しようとする人たちはどうやってやろうというのですか?

ラー: 地球全体に愛の気持ちを持ち、この結果生じた傷とアンバランスを癒して楽にしようとする努力です。

で、1981年のチャネリング情報、「ラー文書」に興味を持ったのですが、

自分の両親はリアルに戦争を体験した世代ですので、子ども時代に母親から「戦地に行った兵隊さん」や「原爆」のことを聞かされ、
1230540198468aa

3つ下の弟は涙ぐんでましたが、「なんで日本はそんな戦争をしたのか?」という私の質問に、「散々、イジメれられて、仕方なくしたのよ・・」と母親は答えました。

今、子育てをしてる世代は、直接は戦争を知らない世代となりましたが、エネルギーレベルでは、その影響をモロに受けているわけであり、

肉体を持って「生きている」時にしか出来ない、

「受容、許し、また可能なら償還というプロセス」

をしている、あるいは望んでいる有志達が、日本には集まって転生しているようです。

地球人類には、レムリア・アトランティス時代、核を誤用してしまったという集団意識的トラウマがあるようですが、

「放射線の影響で70年は草も木もはえぬと当時評されていた」広島、長崎は、
ana_001物理的には、見事に復興を果たしましたが、

地球、いや宇宙全体に及ぶ、エネルギーレベルでの「浄化=償還」のお仕事は、「もう一息」なようですから、広島と長崎に原爆が投下された真ん中の日、8月8日の満月には心して、

ダウンロードライオンズゲート・ポータルから最高のエネルギー・アップグレードを受け取りましょう!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top