酵素カフェ

宮城ジョージ氏の「戦争がなくならない理由」とその解決策

宮城ジョージ氏の「戦争がなくならない理由」とその解決策

今日で9月も終わりですが、このところ2017年最大規模の磁気嵐が到来していたとのことで、

磁気嵐の影響で、この世のものとは思えないオーロラが世界各地で目撃されてますが、

2017年9月29日 ロシア・ムルマンスクの夜空
aurora-murmansk-0929

9月27日 オーロラで全体が緑に染まったノルウェーのトムロソ
auroras-green-nor

こういう時期は、自然災害も人災も起きやすいので、若干の注意が必要です。

日本でも、相変わらずの「朝鮮ミサイル」に加えて、「平昌五輪HP に日本消失」、そして「衆議院解散」と、慌ただしい9月後半でしたが、

それでも日本は全般に、ノー天気ムードであり、

9月最後の土曜日、清里高原は観光客もまだまだ結構多く、

清里駅近くの、いつも行くパン屋さんの店先には、  
KIMG0014
薄紫色の「トリカブト」の花が咲いていました。

根っこには「毒」があることで有名な「トリカブト」が、こんなキレイな花だったとは意外ですが、

トリカブトの花言葉は、「復讐、人間嫌い、騎士道、栄光、厭世家」とのことで、

戦闘に明け暮れた英雄をイメージさせられる花言葉です。

ここのパン屋さんのテラスにはよく、愛らしい猫ちゃんがいて、
KIMG0020

ブラッシングなんかしてもらってたりして、
KIMG0018

こんなのどかな風景を目にしていると、日本で戦争なんかあり得ないと思っちゃいますが、

今でも世界中で「戦争がなくならない理由」は、たいへんシンプルな理由だったりします。

<戦争には必ず主催者がいる>

僕は最初、戦争は出会い頭にけんかするようなものだと思っていました。・・ところが世の中の金融の仕組みだとかを勉強していくと、どうやらそうではないことに気づきました。

戦争はボクシングの試合と似たような仕組みです。主催者がいて、主催者がオファーを出すのです。・・試合中はボッコボコに殴り合いをさせるわけですが、試合が終われば、普通に抱き合って、その後、焼肉を食べに行ったりする。僕の中学の同級生で、1人ボクサーをやっていた人がいたのですが、今世界で起きていることもまさにそんな感じです。焼肉を食いに行って、「いやあ、おまえのパンチ、今も効いてるよ」と、そんな話をしている。

国家レベルの首相だろうが大統領だろうが同じです。表向きには、敵だと言っていますが、裏の秘密結社の集まりではお酒を飲んだりして、普通に仲よくしているわけです。本当におかしな仕組みだなと思います。

歴史をずっと見ていくと、結局、戦争はビジネスになっています。日本でも、日露戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦と、いろいろな戦争を経験していますが、どれを見ても例外なく、裏でロスチャイルドのような強力な銀行家のおカネが流れているわけです。ウィキペディアを見ても、日露戦争でロスチャイルドでおカネを借りた、と堂々と出ています。

<戦争の目的は一部のおカネ持ちがさらに富を増やすこと>

戦争をするには何が必要かというと、国民に納得してもらう理由です。最近では、テロです。・・基本的に人間は良心を持っているので、戦争には誰も賛成したくない。だから何らかの賛成せざる得ないような理由を作らなくてはいけない。・・たとえば、真珠湾攻撃がある前は、アメリカが戦争に参戦することに国民の8割が反対していました。つまりそのような状態では、アメリカは戦争ができないわけです。

ところが、今もそうですが、アメリカの政治家は民主党だろうが共和党だろうが関係なく、戦争ビジネスで巨万の富を手にしている人たちから選挙資金を受けています。だからアメリカ大統領に当選すると、戦争をしなくてはいけない。与党議員であろうが、野党議員であろうが、最終的には戦争に賛成票を投じないといけないのです。裏で彼らを支援している人たちは、戦争ビジネスでメシを食っている連中なので、国民の8割が反対しているからといって、「じゃあ戦争はやめましょう」というわけにはいかないのです。

真珠湾攻撃があったときの映像をYouTubeで見ましたが、あんなにきれいな映像をすぐにカメラで撮れるわけがない。事前に情報が流れて、それでカメラマンが行って、そこで映像を撮ったのではないでしょうか。

真珠湾攻撃が起きた後、当時のアメリカ大統領、ルーズベルトは「皆さん、我々は日本に攻撃されました。だからアメリカを守るために、戦争に参加せざるを得ません」と言った。それで戦争に反対していた8割のうちの多くは、「しょうがないね」となったわけです。

当時はインターネットがあったわけではないので、事実かどうかを調べる手段もありませんでした。今はネットで調べれば、偽装かどうかはすぐにバレる時代です。

たとえば、日本人2人がイスラム国(ISIS)に拉致されたとき、テレビで報道される前から、インターネット上では「風の向きがおかしい」などという情報が出ていました。

その後、TBSで報道を見たのですが、TBSの報道でも「風の向きがおかしい」とか、「太陽の角度と影の向きがおかしい」と言われていました。あまりにもネット上でバーンと広がってしまったので、テレビでも、うその報道はできなかったわけです。しかし、それこそ20年ぐらい前までは、テレビで流れる情報を信じるしかないという時代でした。・・

彼らが次に仕込もうとしているのは第三次世界大戦です。日本でも安保法案だとか、少し前には集団的自衛権だとか、憲法9条の解釈を変更するとか、いろいろありましたが、それも結局、第三次世界大戦のための準備なのです。

<架空のカネを貸し付けて、富を生み出してきたロスチャイルド>

最初に言ったように、戦争には主催者がいます。要は、戦争のおカネを出す人です。それは誰かというと、最終的にはロスチャイルドなのです。何でロスチャイルドはここまで絶大な権力を得たのかというと、通貨発行権を手にしているからです。・・

結局、世界中の中央銀行やFRBというのは、全部ロスチャイルドの管理下にあるのです。たとえば日本なら、日銀が円を発行するわけですが、日本銀行の株の半分は日本政府が持っています。残の50%は非公開になってますが、どうやらロスチャイルドが持っているということが判明しています。・・

マイヤー・ロスチャイルドというのは、すごく頭のいい人だと思いますが、ただ彼は、自分の頭のよさを悪い方向に使ったわけです。いい方向に使ってくれればよかったのに、彼は通貨発行権と管理権を悪い方向に使って、戦争の準備資金とか革命におカネを投じた。これが世界で戦争が終わらない理由です

しかも、マイヤー・ロスチャイルドは悪魔教を崇拝していた。まず、ロスチャイルドという名前ですが、もともと彼はロスチャイルドという名前ではなかったのです。ロスチャイルドというのはドイツ語でロートシルト、赤い盾という意味です。赤というのは、聖書を見てみると、悪魔が好む色だとか、いろいろな話が出てくる。彼らは赤い色をものすごく好みます。たとえば、ジョージ・ワシントンとかナポレオンの肖像画を見てみると、真っ赤な服を着ています。それはロスチャイルドの影響を受けたからです。また、ソ連や中国共産党の旗は真っ赤です。あれはロスチャイルドが悪魔の色として好むから赤になっているわけです。

さらに聖書を見てみると、イエス・キリストの言葉で、「世界の終わりに近づくにつれて、戦争のうわさが絶えなくなる」とあります。彼はこの聖書に書いてあることを実行しようとして、戦争のうわさを広めたりだとか、そういうことを企てています。

たとえば日本で言えば、領土問題をあちこちで抱えていえる。韓国とは竹島の領土問題、ロシアとは北方領土問題、中国とは尖閣諸島の領土問題があります。このような領土問題も仕組まれているわけです。いずれ日本はロシアと戦争になるのではないか、中国と戦争するのではないか、北朝鮮や韓国と戦争するのではないかと、やっぱり噂は絶えないわけです、これはロスチャイルドがわざとこういう仕組みを作っているのです。それは聖書に書いてあるからです。だから聖書と悪魔教というものを理解することが、戦争を理解する上では非常に大事になります。

マイヤー・ロスチャイルドは、悪魔を崇拝しており、戦争の仕組みを作るために、通貨発行権が最大の権力であるということに気づいた。彼は初代ロスチャイルド男爵としてロスチャイルド財閥を始めたわけですが、その後、5人の息子たちがヨーロッパ各地に広がって、今の世界の仕組みができたわけです。

「知性を再構築せよ! 嘘だらけ現代世界」という書からの抜粋で、

人によっては、戦争は「必要悪」とか言われてますが、決してそんなことはなく、

むしろ、全く必要のナイものだと認識を改めた方が良さそうです。

又、上の文を記した宮城ジョージ氏は、南米ブラジルと日本人のハーフとのことですが、

日本の外から見た方が、日本人のノー天気さがよく分るようで、

日本人の場合、知らず知らずに「戦争に加担している」パターンが多いようです。

宮城ジョージ氏は、「戦争がなくならない」世界を変える解決策として「ビットコイン」を押してますが、

「ビットコイン」の普及はともかく、戦争とは経済の問題であるなら、それに気づいた若者が多くなればなるほど、今までとは違う経済システムに移行する可能性は大ですので、

平昌五輪公式サイトの公式ホームページの世界地図で日本が抜け落ちていたのは、
2a4d2ebac604c995e612f8f75f557434_content

日本が近い将来、「金融支配テリトリーから脱却する国」になることを示唆しているのかもしれませんネ。


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 3 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 中学まではマトモだった~♪マトモだったのに~♪
    さんざん無理してバカになった~♪バカになったのに~♪

    人類の営みは、クローズアップで撮ると悲劇だが、ロングショットで撮ると喜劇だ!とかなんとか映画関係のエライひとが言ってたらしいです。

    ところで、オーロラは無度さんも紹介していたけれど、ソロパブさんオススメのおはじき(ガラス玉)と似てるんですよネ。
    http://blog-imgs-46.fc2.com/b/u/t/butbutbeautiful/20111208192008ead.jpg
    これはピンクのとセットなんですが、無度さんの鳥のオーロラには両方がまじったようになってました。

    • ちなみにピンクのはこちら↓です。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/b/u/t/butbutbeautiful/20111208191955613.jpg

      みどりっぽいのは基本的に右手用、上記のピンクは基本左手用とのこと。。。

      それとあと日本人に限ったコトではないけれど、知性を再構築したりしているうちに、知らぬ間に撲滅運動者(ロチルド憎くしとかの)になってしまい、オリオン波動と同調して何時の間にやら戦争加担になってしまうのとかには気をつけたいですネ。

      • <人類の営みは、クローズアップで撮ると悲劇だが、ロングショットで撮ると喜劇だ!>

        ホント、笑いこそが一番の防衛策!

        <オリオン波動と同調して何時の間にやら戦争加担になってしまう>

        ラーを知って、やはり、虎さーの「振り子の法則」は、あらゆるパターンに当てはまる「法則」であることを確認出来ましたネ。

        ピンクの玉、すごくイイです。教えてくれてアリガトウ!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top