酵素カフェ

NASAにも理由はわからない「世界64カ所の衝撃音」とマオリッツオ・カヴァーロ氏の「本物ユニバースの出現」

NASAにも理由はわからない「世界64カ所の衝撃音」とマオリッツオ・カヴァーロ氏の「本物ユニバースの出現」

これは.オーストラリアの人気スポット「ワイングラス・ベイ」ですが、最近、オーストラリアをはじめ、世界各地で謎の「衝撃音」が発生していて、その理由は、

「NASAにもわからない」とのことです。
mysterious-boom-worldwide

2017/11/24

世界各地の 64 の異なる場所で鳴り響く発生源不明のミステリアスな衝撃音。NASAにも理由はわからない

現在、オーストラリアを含む世界の 64 の異なる場所で謎の衝撃音が記録され続けている。しかし、NASA はその音が何なのか説明できないようだ。

ミステリアスな音が世界各地で鳴り響き、さまざまな場所で人々が困惑している。

その恐ろしい音は、中東から今年のヨーロッパ、そしてオーストラリア、アメリカの東海岸にまでいたるところで記録されている。

今週は新しい報告として、アメリカのアラバマ州で住民たちを脅かす衝撃音が記録されている。地元の警察は 11月20日の午後 9時頃に、発生源の特定できない「非常に大きな衝撃音」が聞こえたと伝えている。

この衝撃音は、多くの家を揺さぶるほどのものだった。

しかし、警官や専門家たちは、この不可解な衝撃音を引き起こした発生源を把握していないようだ。

一部の専門家たちは、原因が超音速の航空機による大気中での空気の振動(ソニックブーム)ではないかと述べている。

10月10日には、同様の音がオーストラリア・ケアンズで鳴り響き、地元民たちを混乱させた。多くの人々は戦闘機 F/A-18A-D ホーネット が飛んでいるのだと思ったという。

その 2週間後には、南オーストラリアのエアー半島で、また同じ衝撃音が鳴り響いたが、その際、音が鳴るのと同時に、空を「青い流星」が横切っていった。

その青い流星は、目撃者が報道メディアに語ったところによれば、「それは、どんどん大きくなり空を横切る中で大きく光りました。そして火花のようなものを放っていました」というようなものだった。

その後、大きな音が2度聞こえたと同時に空が輝き、大地が2度大きく揺れたように感じたという。

これらを含め、現在までに世界の 64 の場所から同じような報告が続いている。

アラバマ州では、「家全体を揺り動かす」ほどの信じられない大きな振動と衝撃があったと報告されている。

アメリカ国立気象局のアラバマ支局は、この音は航空機のソニックブーム、あるいは、流星群からの流星によるものである可能性があると語った。

その音の際には、アラバマ州の住民たちから「大きな衝撃音」に関しての多くの SNS への投稿があった。しかし、衛星や事故や火災などはなく、また、アメリカ地質調査所(USGS)によれば、その時には地震も起きていない。

NASA のビル・クーク(Bill Cooke)氏は、アメリカ ABC ニュースの取材に対して、このアラバマ州の不思議な衝撃音の発生源はいまだに不明だと語った。

クーク氏は、その音は、巨大な超音速航空機や地上での爆発によって生成された可能性があると考えている。

NASA の流星科学者たちはは、この衝撃音の発生した原因を突き止めるために、新しいデータを分析し続けているという。

https://indeep.jp/mysterious-loud-booms-are-heard-all-over-the-world/

ウチは八王子でも横田基地の近くなんですが、時々、明らかに飛行機でない(飛行機は遠ざかるにつけ、音が消えていく)、ゴォーという不審な音が聞こえます。

しかし、64カ所の衝撃音って、どうやら、そんなレベルの「音」ではなく、多くの人が恐怖を感じるような「衝撃音」で、

nws-11-14

何かしら、公的機関が説明しなくてはならない事態のようですが、客観的に見て、説明不可な「音」とのことです。

・音と振動は 45秒間続いた (そんなに続くソニックブームはないです)
・音と揺れが次第に大きくなる
・その時間に軍用機は飛んでいなかった

こうなりますと、ここまで NASA や専門家たちが主張していた説、すなわち、

・航空機のソニックブーム
・流星
・地上での爆発

は「あり得ないような感じ」というようになってくるように思われます。

流星というのは、要するに隕石の衝突のようなことを述べているのだと思いますが、45秒間も音と揺れが続いて、それが次第に大きくなっていくというような隕石の衝突はありません。天体の衝突の場合は、音も振動もそれに気づいてから爆発するまでほんのわずかであるのが普通です。

そんなわけで、現在までのこの状況からは「こういうものかもしれない」という推測はまるでつきません。

というのも、そもそも、この音と振動が、

「空から鳴り響いているものなのか、地下から鳴り響いているものなのか」

もわからないからです。

https://indeep.jp/mysterious-loud-booms-are-heard-all-over-the-world/

で、今、世界で鳴り響いている謎の「衝撃音」って、ひょっとしたら、

イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロ氏が宇宙人に直接教えてもらったという、

「新しいユニバースの出現」と関係あるのでしょうか?
10bbe70cd6f6d5ed624d3c56185981b0

<もうすぐ本物のユニバースが出現する!>

ファルチャーニ:

君は『こちら側に世界』と『向こう側に世界』をまたいで生きているだろう。それって、どんな気分なんだい?

カヴァーロ:

とっても奇妙な感じだよ。それには、『こちら側の世界』で踏みしめている足のことを思い出すたびに、落ち込んでしまうんだよ。大変だよ。本当に大変なんだ。

ファルチャーニ: 

君の人生は、ある意味、使命だという風に考えたことはある?

カヴァーロ:

僕の人生は、一種の表現だと考えているよ。

僕たちは皆、自らの人生をとおして、一つの概念を表現するんだ。その概念というのは、いたってシンプルなものだよ。「存在する」という概念だ。だからもし「存在」が計画や使命を意味するのであれば、答えはイエスだよ。

とはいえ、僕たちはみんな使命を帯びているものなんだよ。みんなが自分たちの暮らしの担い手なのだし、日々の暮らしが使命であり得るんだから。

ファルチャーニ:

先ほど、ユニバースで銀河連盟に参加している世界の間では、種族同士の交流や連携があるという話をしたよね。

君や他の人が、地球以外の惑星にそのルーツを持っている、なんてことはあり得るのかな?

カヴァーロ:

もちろんだよ。多くの人が、他の星々、他の世界にそのルーツを見出せると確信している。

これは、君と親しくなったから話すんだけどね・・・僕は人間が火星と呼んでいる惑星について鮮明な記憶を持っているんだ。・・・悪いけど、これ以上詳しいことは話せないんだよ。

ファルチャーニ:

君が何を言いたいのか、僕たちはよくわかってるよ。だって、エラジェニオ・シラグーザが、自らの証言をとおして、数多くの情報を僕たちに与えてくれたからね。

彼の話によれば、高次元におけるエイリアンの生活っていうのは、僕たちにとって理解することも敵わないような内容だそうじゃないか。

カヴァーロ:

うん、そうなんだ。僕たちが今まで知っていると信じ込んでいたユニバースっていうのは、もうすぐ消滅するんだよ。それに代わって現れる本物のユニバースは、僕たちの目にはまさに驚異的に映るはずだよ!僕たちの目の前に姿を現すユニバースの新しいイメージは、僕たちが今までユニバースに対して抱いていたイメージとかなり違うはずだ。

真のユニバースには、複数の次元レベルと世界が存在する。そして、生命は、至る所に宿っている。様々な形状の生命、想像を超えるような形態の生命、時には理解しがたいような形の生命だってある。けど、生命とはユニバースにおいて最も重要な現象なんだ。

生命はどこにでも宿っていると言えるだろう。完全なる真空と思われているところにさえ、生命は見出せるんだよ。

ファルチャーニ:

もしこの惑星が、必然的な四次元的進化を遂げるのだったら、地球にこのまま住み続ける人々は、新しい周波数に耐えられるような資質を持っていなければならないのかな?

この進化プロセスを乗り越えられない人々っていうのは、どうなっちゃうんだろう?神に慈悲があると想定するならば、そういった人たちは、魂や精神の転生によってどこかに生まれ変わるのかな?たとえば、まだ三次元で暮らせるような惑星とか・・・。

カヴァーロ:

そういうことだと思うよ。神の慈悲は無限ではないということを前提にしても、そういうことは起こり得ると思うよ。神は永遠の存在。しかしながら、神の慈悲は無限ではない。

たくさんの、無限の可能性がある。けど、そうした無数の可能性というのも、いつまでも与えられ続けるものではないんだ。進化できなかった生命体や魂が、コスモスの記憶から完全に抹消される場合だってあると、僕は考えているんだよ。

僕は今、ずいぶんとショッキングな発言をしたかもしれないけど、彼らからこういう話を聞いているのでね・・・・。

ファルチャーニ:

それはつまり、時には、神のエネルギーだって再プログラミングが必要になるということなのかな?

カヴァーロ:

そう、まさにそういうことだよ。

ファルチャーニ:

要するに、一旦エネルギーの吸収があって、再度、発散させるんだね。

カヴァーロ:

そうだよ。吸収と再発散だよ。なぜかというと、全ての創造物は、過去に行われた破壊プロセスを経て生まれてきているんだから。

2010年出版のコチラの書からの抜粋ですが、

「日々の暮らしが使命であり得る」って、超納得のお言葉ですが、

カヴァーロ氏はこの時点で、2012年には何も起こらないし、予言というのはめったに「当らない」ものであると述べています。

・僕が彼らから学んだ限りでは、予言というものには、一般に考えられているよりも遥かに深い意味合いがあるんだ。いずれにせよ、全宇宙的な視点から言えば、予言の実現性というのは極めて微妙だと言えるよ。

・人間は選べる。予言どおりのことが起こる『時間の紐』と、その平行に存在する別の『時間の紐』を。人間が自らの意志で、平行の『時間の紐』を選択しない限り、予言は一つの可能性であり続けるんだ。それは、ほぼ確実な未来ではあるんだけど、決定的瞬間を迎えるまで単なる可能性に過ぎないんだ。

実際のところ、今、地球で起きてることは、宇宙的レベルでも「お初な状況」であり、「高次元におけるエイリアン」でさえ予測つかないというのが「ホント」で、
4bedbea4ae10d0f6d9f966a735f89431だからこそ今、地球は「注目の的」なようですが、

そんな中、世界64カ所で起きている謎の「衝撃音」って、やっぱり「何かが起きている証拠」ではありますネ〜


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top