酵素カフェ

トルソワ選手だけじゃない4回転時代をリードする14歳パワー

トルソワ選手だけじゃない4回転時代をリードする14歳パワー

このところ、驚くべき「子ども達」がどんどん出てきており、

フィギアスケートではロシアの14歳、トルソワ選手が、
20180311_Trusova2

男女含めて「過去に誰も公式戦で成功させたことがない」

「4回転ルッツ―3回転ループ」を、練習で成功させた動画が話題になってます。

これが実際の瞬間! 「なんてことだ」と海外衝撃…14歳トルソワが公開した4回転ルッツ―3回転ループ着氷の場面

トルソワ選手は既に公式戦で、

女子では史上初となる2度の4回転ジャンプに成功しています。

ついに女子も4回転時代か・・という感じで、

不思議な治療士だった故ペルーの先生が、

「4と4の倍数が治療に役立つようだ」

と、言ってたことを思い出しましたが、

女子で初めて4回転ジャンプを成功させたのは、

2002年、日本の安藤美姫選手でして、やはり14歳の時、

ジュニアグランプリで4回転サルコウを成功させました。

そして16年(4の倍数)を経て、

彗星のように現れたトルソワ選手、まるで妖精のようですが、

16年前に安藤美姫選手が4回転を成功させていたことは、

トルソワ選手に影響を与えたと思われ、

誰かが「種」を蒔くことで、発展していく仕組みを、

ロシア人形「マトリョーシカ」は表現してるのでしょうか?
62886990

いずれにせよ「初めて」種を蒔く・・ってスゴいことで、

力学的には、それをアトラクターと呼び、

アトラクター(英: attractor)は、ある力学系がそこに向かって時間発展をする集合のことである。

wikipedia

この世に起こるさまざま現象は、「アトラクター」と「優位フィールド」の組み合わせです。

<アトラクターとは>

アトラクターとは、意味がないように見える大量のデータから生じた確認できるパターンに名前が与えられたものである。

すべて支離滅裂に見えるものの中に一貫性が隠れている。

それはエドワード・ローレンツによって初めて発表された。彼は大自然において長期間にわたって引き出された天候パターンを表すコンピュータグラフィックを研究したのだが、彼が確認したアトラクターパターンは、「ローレンツのバタフライ」と呼ばれていて、よく知られてようになった。
400px-Lorenz_attractor_yb.svgローレンツのバタフライ

例えば「ストレンジ・アトラクター」といったように、異なるタイプのアトラクターに、さまざまな名前が与えられている。

Attractor_Poisson_Saturneストレンジ・アトラクターを可視化した例

しかし、私たちの研究においてもっとも重要なのは、あるアトラクターは非常にパワフルで、あるものは非常に弱いという発見である。

この二つの違いを識別するのに非常に重要なポイントがある。それはこの現象が高いエネルギーと低いエネルギーの結合を化学数式として表せることと同じように指摘できることである。

<優位フィールド>

「優位フィールド」とは、それより弱いエネルギー類に影響を及ぼしている高いエネルギーパターンを示すものである。

これは巨大な電磁場からなる大きなフィールド内に、小さな磁場が共存することに例えられるであろう。

現象上の宇宙は、さまざまに異なる強さを持つ、永遠に続くアトラクターパターンが、互いに影響しあうことを表現している。

人生の果てしない複雑さは、これらのフィールドの増大と減少のかぎりない反響であり、それらの組み合わせとその他の相互作用によって作られている。

フィギュアスケートでクルクル廻っているのを見てると、
DhaxUiMU0AMOtOh

その回転に同調して、何だか元気になるよーな気がしますが、

これは「クルクル廻る」アトラクターに同調するからで、

「もっとも重要なのは、あるアトラクターは非常にパワフルで、あるものは非常に弱いという発見である」

とのことですが、

覚醒した精神科医であるホーキンズ博士は、

ある種の娯楽や情報が、神経や免疫系に影響する・・とします。

特に暴力を推奨するテレビやコンピュターゲームによって、若者たちがプログラムされている間に、親たちは大人用のマスメディアに洗脳されています。

ある時、非常に典型的なテレビ番組のたったひとつのエピソードが流されている間に、キネシオロジーテストを使ってテストをしてもらうと、113回も弱い反応が起こりました。

こうした反応を引き起こした人たちの免疫システムは抑圧され、また中枢神経系と自律神経系を攻撃する反応が現れました。

これらの113回の各々の反応では、経路システムへの妨害が胸腺への抑圧を伴って起きました。

それぞれの攻撃は、脳のデリケートな神経ホルモンとニューロントランスミッターシステムの損傷をもたらしました。

それぞれのネガティブな入力が結果的に、観ている人たちを病気に近づけ、また今、世界で最もよく見られるうつ病を引き起こす状態にあることがわかりました。

ですので、ネガティブなアトラクターパターンを避けるとともに、

「優位フィールド」を保つ、

具体的には、心地良い「場づくり」が大切になりますが、

それにはまず、気づく「能力」が必要です。

「邪悪」に対しては、恐れたり戦ったりするのでなく、「ただ避ける」という最も良い伝統的な知恵に注意を払うべきです。

しかし、それを実行するためには、まず、「邪悪」に気づく能力を必要とします。

そのような能力がなければ、低いエネルギーのアトラクターフイールドによって若さ(すべての大人に存在し続ける若さを含む)が汚されてしまうと、ソクラテスは実際に述べています。
ソクラテスはこの見分ける能力を教えようとするために殺されましたが、彼の念願は残されています。・・

「憑依される」というのは、その人の意識がネガティブなアトラクターフィールドによって支配されていることを意味しています。この定義からすると、社会の大部分が徹底的に「憑依される」状態であることがわかります。また、人々は自分の動機に対して無意識です。

明治生まれのサイキック、河野十全氏によると、

「五官」が人間能力の基礎になる・・とのことですから、

肉体の存在の中に生命力があって、能力を引き出すのです。新しい生命力が細胞を通して能力になります。

また、五官意識をはっきりさせて、その五官意識の中でさらに能力をつくり出すのです。

それには、肉体を主とし、意識をあまり使わないことです。

気づく「能力」は、知識より五官を鍛えた方がよさそうで、

スポーツや音楽などは、五官が勝負の分野ですネ。

これは同じくロシアの14歳、アンナ・シェルバコワ選手で、

トルソワ選手に先がけ(公式試合ではなかったけど)、「4回転ルッツ」を成功させてます。

う〜ん、ロシアの快進撃は、アナスタシアの影響でしょうか?

それはともかく、「4回転」は間違いなくパワフルなアトラクターでしょうから、

2004年6月23日、「沖縄の終戦記念日」に生まれたトルソワ選手、
20180328_TRUSOVA

シェルバコワ選手のこれからの活躍が楽しみで、
キャプチャ578

そして、彼女達がまだ生まれてない時に、

「史上初の女子4回転ジャンプを成功させた」
10307c83f4af5f76c6d76b92ba233c2d-300x264安藤美姫さんに感謝ですネ!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top