酵素カフェ

プーチンと花粉症増加の秘密とOSHOの悪人正機説

プーチンと花粉症増加の秘密とOSHOの悪人正機説

シリアの停戦が米ロ主導で始まりましたが、これはやはり、ブルガリアの女性予言者ババ・バンガの言葉、

「ウラジミールの栄光」のウラジミールはプーチンさんだったからでしょうか?

ロシアの「ウラジミール」は、日本の「佐藤さん」並みに多いですし、過去の予言は「4次元消滅」で当たらなくなってるという話もありますので、何とも言えませんが、

少なくとも、日本の総理大臣とは大違いな「強さ」はありそうに見えます。

3ffcb72fa16ebeae85c97febb891661f_400

さて、これは先週2月21日の八ヶ岳で、
DSC_6302これは今日2月28日の八ヶ岳ですが、DSC_6380ご覧の通り、モワッと薄ぼんやりした空気感は「春到来」の兆しで、

それとともに花粉症の季節到来で、もう症状が出ている人もいますが、これほどまでの花粉症が多くなったのは、やはり食べ物や水、空気に体する人工的な操作も関係してるようです。

食べ物、水、空気

添加物や毒物、そしてその他の毒性のある食べ物は、従順さや無気力さを作り出すために脳の化学的性質を文字通り改造します。

飲料水に含まれるフッ素はIQを下げることが証明されています。 アスパルテームや化学調味料は、死滅するまで脳細胞を興奮させる興奮性毒です。

このような毒物が含まれているファストフードが容易に手に入る状態から、関心もやる気も欠如した人々が作り出されてしまいました。

現代世界のほとんどの人たちは、専制的なエリート層に抵抗せず受け入れ、忍従するように完璧に仕立て上げられているのです。

こういった話を知ると、正義感の強い人は義憤にかられますが、正義感に燃え過ぎて熱中しやすい人達のためのバッチフラワーにバーベインというのがありまして、

自分も一時期よく飲んでいたのですが、バーベインな気質がマイナスに出てると「他者を説得したい」という気持ちにかられ熱中するのですが、そういった正義感は「慈悲&強さ」が伴わないと裏目に出ると、

15万册ものあらゆる分野の本をただ「楽しみ」で読んだというOSHOは言います。

images (22)
正義は人間の理想だが、慈悲は神性のものだ。正義には、「これをしなさい、そうすれば、あなたはこれを成就できる。それはしてならない、したらあなたは取り逃がす」という条件がついている。慈悲は無条件だ。

<神>は慈悲深い。そして<神>の慈悲を理解するためには、私たちは罪人からはじめなかればならない。

まわりを見わたしてごらん。あなたが”善い人”だと思っている人たちは、ほとんどの場合弱い人たちだ。その”善さ”は彼らの強さからやってくるものではない。それは彼らの弱さから出てくる。彼らが”善い”のは、敢えて悪くなれないからだ。

しかし、弱さから出てくるとはいったいどういうタイプの”善さ”なのだろうか?”善さ”とはあふれ流れる力強さから出てくるものでなかればならない。そのときはじめてそれは善だ。なぜならそのときにはそれに生命があるからだ。洪水のようにあふれる生命があるからだ。

したがって、罪人が聖人になるときにはいつでも、その聖性に独自の輝きがある。が、凡人が聖人になるときには、彼の弱さのためにその聖性は青白く死んだようだ。その内に生命はまったくない。

あなたは弱さから聖人になることができる。だが覚えておきなさい。そうだったらあなたは取り逃がすということを。

あなたが自分の強さから聖人になったときのみ、あなたは到達する。悪くなることができないために幸いという人は、ほんとうに善い人ではない。強くなる瞬間に彼は悪になる。権力を与えれば、その権力は彼を即座に堕落させる。

これはこの国(インド)に起った。ガンジーには多数の信奉者がいたが、彼の信奉者たちの、”善さ”は弱さから来ていたようだ。

彼らは権力がないあいだは善人だった。ところが権力の座につくや、この国の支配者となるや、その権力はたちまち彼らを堕落させていった。

権力は力強い人も堕落させられるだろうか?いやそれは絶対にない!なぜなら、彼はすでに力強いからだ。もし権力が彼を堕落させられるようだったら、それはもうとうに堕落させていたはずだ。権力があなたを堕落させるのは、あなたが弱く、あなたの善性がその弱さからきているときだけだ。

だが、自分の善性がどこから出てきているものかを見いだすのは非常にむつかしい。

まさにOSHO流の悪人正機説の感想ですが、

悪人正機説

浄土真宗の開祖親鸞(しんらん)の根本思想。《 歎異鈔(たんにしょう)》に〈善人なおもて往生をとぐ,いはんや悪人をや〉とある。 善人(自力作善の人)は自己の能力で悟りを開こうとし,仏に頼ろうとする気持が薄いが,煩悩にとらわれた凡夫(悪人)は仏の救済に頼るしかないとの気持が強いため,阿弥陀仏に救われるとした。

OSHOさんがまだバグワンだった頃のこちらの書は、
51mppOp0XjL._SL500_SY344_BO1,204,203,200_
哲学教授だったOSHOが莫大な知識に精通しつつも、簡潔な自分の言葉で綴っており、
あらゆる宗教が、弟子の弱さにより間違って伝えられきたことがよく理解出来ます。

バグワンさん自身もそうなることは十分承知だったようで、「私の秘密」として遺してます。

一見トテモ強そうなプーチンさん・・
41345643世界の秘密をどんどん明かしてほしいですネ!


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. わたしの考えでは4次元は3次元と裏表セットみたいに思うので消滅しないと思うけど、たぶん消滅とかは人間が作り上げてきたある意味人工的な霊界の領域(ポストデスシステムとか)の影響が減少するコトを象徴したお話なんだと思います。

    あとバグさんは一概に弱いとかいって、わたしとしては気がやさしいとか表現したいパターンも多いと思いますけど、まあいちおう気持ちの優しいひと達が陥り易い問題(コントロールされ易いとか)向けサジェスチョンという感じで、その後その問題を深く考察したら「でも実はそれでいいのだ!」みたいなコトをいうのが仏教の典型的パターンではありますネ。

    それで例の赤塚さんのバガヴァン=バカボンの話しの続きなんでけど、そんな様なワケで「これでいいのだ!(全肯定)」というのを決めゼリフにしたというコトらしいです。

    • <4次元は3次元と裏表セットみたいに思うので消滅しない>

      ですよね〜連続性が切れちゃうわけですから。まあ、地獄はナイということでイイ方向だと思います。

      強い弱いは、何をもって「強い」とするかですが、「でも実はそれでいいのだ!」な心境になれるのは最強で、赤塚=バガヴァン=バカボンのラインって最強面白い話です!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top