酵素カフェ

矢作直樹の「悩まない」生き方とオカベテルマサさんの品格

矢作直樹の「悩まない」生き方とオカベテルマサさんの品格

「物が多くなると、不自由になる」と自宅も自家用車も持たないという矢作直樹氏は、

現代医療にスピリチュアルな視点を融合させ、東大の名誉教授になられたお方ですが、

「悩まない—あるがままで今を生きる」という書によると、

「ただし、本に関しては今後も増えると思います。所有にすることにこだわるわけではありませんが、手元にあると便利だからそばに置いているというだけです。多くの知識を満たしてくれる手前、こればかりはやめられないと思います」

とのことで、出発業界が低迷する中、本好きとしてはウレシイお言葉です。

3度の正社員を含め、多種多様な「お勤め」をしてきましたが、

一番長く続いた仕事は近所の小さな本屋さんの店番で、閉店するまでの8年間、
C2-024

まだAmazonとかない時代でしたので、好きな本をいつでも注文出来て、1割引きで買えるのがナイスでした。

本は好きだけどもデジタルにはめっぽう弱く、スマホも持ってない自分がこうしてブログを続けていられているのは、

本屋さんのバイトで一緒だったMちゃんと、

後にバッチフラワーのセミナーとか始めた際に再会して、

セミナーに連れて来てたのが彼氏であるオカベテルマサさんで、

まあ、はっきり言って、その頃は地味目な男子の印象しかなかったんですが、

賢く、おしゃれセンス抜群なMちゃんに触発されたのか、

彼女と結婚して、子どもが出来てからは180度の変身ぶりで、

ナンか取材とか受ける人になっちゃったのですが、

Mちゃんからいきなり「会社辞めたんです・・」と聞いた時はビックリしました。

スクリーンショット-2014-06-03-14.16.08

いろいろ思うところあって、2013年末で会社員として働くことをお終いにして、現在は近所の図書館とかでブログを書いたり、ブログきっかけで声をかけてもらったライター仕事をしたり、ブログ初心者向けのセミナーを開催したり、ブログやスマホなんかの個人サポートを行ったり、フラフラしたりしながら、その先にある何かを探してる真っ最中です。

http://okabeterumasa.com/profile/

Mちゃん&オカベテルマサさんの愛娘はヨチヨチ歩きの時にうちに来て、

初めて作った「手作り味噌」をわし掴みにして口に入れたメチャ可愛い子でして、

こんなウィット満載な記事を書く余裕があるほど、

オカベテルマサさんに内なる「確信」があるとはつゆ知らず、

とりあえず応援のつもりで、「ブログ開設サポート」をお願いしたのですが、

応援どころか、こちらにとって「棚から牡丹餅」状態で、たいへん感謝しています。

デジタル音痴としては、無料のブログサイトがある中、わざわざ有料サイトを借りる理由が「?」だったのですが、

たった年間3240円で、いろいろ便利な機能が満載で、どういう仕組みなのかわかりませんが無料サイトよりアクセス数が断然伸びる「仕組み」になってるようです。

DSC_7207

ところで、フツー独立する時は、それなりにもくろみとか、事業計画とかあると思うのですが、

オカベテルマサさんの場合、マジに全然ナイ状態だったのは、当初会って、聞き取り調査した結果確かで、

彼こそ、「悩まない—あるがままで今を生きる」の見本だと思います。

矢作直樹氏は、何事にも偶然はなく、

また、自分の出来ることを誠意をもってすることが「人の意識を進化される」としますが、

ちなみに、私たちが今、現在に生まれてきて同時期の同じ空間に存在しているのにも、意味があります。

「木の葉一枚落ちるのも神は知っている」という言葉があるくらいで、要はすべてのことが偶然ではなく必然なのです。

たとえば、渋谷のスクランブル交差点を同時にわたる人々も、すべては必然だと考えることができます。それに本人たちが気づいていないだけです。

私たちにできることは限られています。限定されてるけれども、その範囲で全力を尽くせばいいのです。その時に「身の丈を知る」「分相応」という言葉を感じながら行動すると、そこに品格が生まれます。これがその人の意識を進化されるのです。

そういった意味では、オカベテルマサさんは今も昔もたいへん「品格」のある方です。

で、流れに任せるまま、今は地産地消とか地域の商店街の活性化にシフトしているようで、

Facebookでは、こんな紹介文を寄せてました。

10498267_682273108512096_2607319456655369198_o

意識低い系のブログ「OREGADGET」を書いたり、グラフィックデザイナー的なことをしたり、新しい何かを求めてフラフラしてます。 そういえば地域特化型のWebメディア「吉祥寺つーしん」をはじめました。

facebook

で、最近は「へべす」を応援したりしてるようです・・・
16681597_1466141520125247_878975417867389323_n

「へべす」って初耳ですが、宮崎県の珍しい柑橘類です。

3384_report_1_1

180年前に宮崎県日向市の平兵衛じいさんの庭で、突然変異から生まれたと言われています。へべすは「香酸柑橘(レモンや柚子など)」のひとつと言われ、甘味が無く柑橘特有の酸味と香りを持つ果実。柑橘の世界では、様々な自然要因から突然変異が起こることはあるのですが、クセが無くどんな料理にも使える、こんなに香りが高い柑橘が生まれたなんて、まさに奇跡の産物です。しかも外皮が薄く、皮と実の間の苦みを感じやすい白い部分が少ないので、爽やかな味が楽しめるのです。

https://ippin.gnavi.co.jp/article-3384/

ウチはこのところ薪ストーブ用に、
KIMG0005

果物農家から伐採木を頂いてるのですが、
KIMG0001

無農薬な国産のクルミとかキウイとか、
DSC_9250

農家さんには「お宝」がたくさんあるのに、流通しないのはモッタイナイ話であり、我がブログ師匠の活躍に期待したいところです!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top