酵素カフェ

「スーバー台風」となるかもしれない21号と宇宙とコラボする祈りの効果

「スーバー台風」となるかもしれない21号と宇宙とコラボする祈りの効果

天皇陛下の生前退位が2019年3月31日、そして2019年4月1日をもって、新しい元号になる方向で調整されてますが、

新元号は、当初、2019年の元日の予定だったのに、

天皇陛下が在位30年を節目として譲位を希望されていることを受け、政府は、平成31(2019)年1月1日(元日)に皇太子さまの天皇即位に伴う儀式を行い、同日から新元号とする方向で検討に入った。

http://www.sankei.com/politics/news/170110/plt1701100002-n1.html

「先延ばし」となったのは、準備の関係なんでしょうが、よりによって「エイプリルフール」に新元号とは。。。
img_2ff7e63c1ca3a7e10fbc77dd26916a9767166

しかしまあ、エイプリルフールはハロウィンと同じく、

いまだにケルトの影響が強い国々では、この祭り(サマイン祭)をハロウィンとして祝う。
あわれな霊魂やお化けの仮装をした子どもたちがいたずらをし、ケルトの不滅のシンボルである「りんごとナッツ」をねだる。

しょせん外国の風習ですので、皇室には関係ない話ではあります。

それより、今朝ポストに入っていた選挙公報をふと見ていたら、
KIMG0002例のまぎらわしい「支持政党なし」は、

やっぱり、まぎらわしい書き方をしていて、
KIMG0003こんな表示を許している選挙って、毎回「エイプリルフール」ですネ!

それはともかく、日本なのに外国っぽいテイストの清里高原・萌木の村では、
dsc_8456

毎年、ハロウィン前に「私のカントリー」フェスタが行われ、大にぎわいなんですが、
dsc_8454

選挙日と重なる今年の「私のカントリー」は、台風21号の影響でお天気が心配ですが、
main_image 公式HP

この台風21号はナント、「スーバー台風となる可能性」があるそうです!

typhoon-lan-20107

今年 2017年は、巨大な嵐がこの地球のどこかを常に破壊し続けなければ収まりがつかないかのようだ。

珍しいコースで英国を襲ったハリケーン・オフィーリアが消滅した途端に、今度は西大西洋に台風ラン(台風 21号のこと)が発生し、北上を開始している。

現在、台風はフィリピンの東方に向かっており、地球上で最も暖かい海域をゆっくりと移動している。

この条件から得られるコンピュータモデルによれば、暖かい海水温度と低気圧の風の状態やその他の条件により、今後 48時間以内(記事が書かれたのは 10月19日)に急速にこの台風は激化し、週末までにこの台風はカテゴリー4、あるいは最強いクラスのカテゴリー5のスーバー台風となる可能性が示されている。

台風ランは当初は北北西、そして最終的に北西に移動してから北東に向かい、その後、日本の沿岸に移動した後、そのまま日本列島を直撃する可能性が高い。

アメリカ軍合同台風警報センター(JTWC)の予測では、10月23日には、東京近辺においても、カテゴリー2あるいは3の暴風を伴う嵐として、日本の中心地を直撃する可能性が指摘されている。

しかし、まだ日本の位置に到達すると予測されているまで5日以上あり、台風のコースと勢力の予測はまだ時期的に確定はできない。

もし、東京首都圏をカテゴリー2あるいは3の嵐が直撃するような状況が発生した場合は、人口が多い都市に豪雨による急激な洪水が発生する可能性があり、東京の高度な洪水対策システムの実力が試される時でもある。

コンピュータモデルの予測によると、太平洋で生まれる台風は、一般的に北西太平洋で特に激しい嵐になり、日本に向かって激化して発達していく。最終的には北太平洋に到達し、そのエネルギーの一部はジェット気流と相互作用する。

ジェット気流の状態によって、アジアだけではなく、アメリカなどへの天候の変化をも引き起こす。

台風ランが少なくともカテゴリー3の勢力に達したと仮定すると、9月15日以来、ハリケーンを含めてこのような嵐は起きていないが、その静かな期間がこの台風によって破られることになる。

http://indeep.jp/typhoon-lan-could-be-a-super-storm-hit-japan/

「カテゴリー5のスーバー台風」なんて、大いにハズれて欲しい「予報」ですが、

人類のアカシック・レコードを読む神秘家のゲリー・ボーネルさんによると、

「祈り」には、自然をも動かすパワーがあるとのことです。

Q:今回の地震は、私たちの集合意識が引き起こしたのでしょうか

ゲリー:もし集合意識がこういうことを起こせたとしたら、集合意識はそれをとめることだってできるでしょう。集合意識にそういうことができるというなら、もし神様が怒って罰が当たっているとしたら、それも防ぐことができる。要するに集合してつくっているんだったら、防ぐことだってできるでしょう。

日本に地震が起きないように日本のあるグループが、ワークしています。どうしてインターネットにそういうことを書かないのでしょうか。みんなで集まって次をストップしようよということをやらないのでしょうか。・・

自分たちが悪かったから天罰が下った、そういう想念をまず全部手放してください。今後大きな地震が想定されたとしても、それを分解して、いくつかの小さな地震にしようよとイメージしてください。それはエネルギーの有効な使い方だと思います。

日本の皆さんは本当にすばらしい、すごい文化を持ってます。でも、さらに大いなるものに、つまり、より偉大になってほしいのです。そして、集合意識と集中して、自分たちが考えてる否定的な信念をぜひ手放してほしい。

そして、実際に宇宙船に乗ったマゴッチ氏は、

人間の「祈り」エネルギーが「増幅」されてる現場を目撃しています。
1d4a82d0eb1109f43ad13a87c44e2d10

そうこうするうちに、白く輝くものが頭上に出現し、急速にその輝きを増していく。間もなく、明るく輝くオーロラがずっと強烈にぎらぎら輝く光に消されてしまった。

巨大な形のものが降下して視界に入ってくる。都市の大きさはある。だが、途方もないほど大きなボワーッとした塊のクリスタル・シャンデリアのようで、まるでクリスマスの飾り物みたいに様々な色の光を閃かせたり点滅させたりしている。

「何・・・ 何だこれは?・・・」

私は吃ってしまった。天から現れたものが私達の視野一杯に広がるのに完全に飲み込まれてしまっていた。私達から2.3キロ離れたところだ。

「感動したかね?」

ドン・ミゲルの声が聞こえてきた。

「感動するのも当然さ、このクリスタル宇宙船は、現在『地上の平和』号と命名されていて、あんたがたの太陽系惑星間ヒエラルキーの最高の旗艦なのさ」

「このクリスタル宇宙船がここにやって来たのは、何百万人もの地球人が送り出している、信じられないほどの膨大なエネルギーを集め、増幅してフィードバックするためだ。この何百万もの地球人達は、マインドを結合して『惑星平和瞑想』をまさにこの時間に行っているのだ・・・」

コンソールの時間表示にさっと目をやると、全く仰天してしまった。グリニッジ標準時で1986年12月31日の正午を示している!

こういった経験を「著述」するために選ばれ、人間に紛れて暮らしている友好的な異星人と、1975年から接触しているマゴッチ氏の記録は正確で、

マゴッチ氏がこの時、宇宙船に乗車した日時は1986年10月20日午後12時17分で、

30分後には2ヶ月後の1986年大晦日にワープしちゃったわけですが、

覚醒した精神科医、ホーキンズ博士の大規模なキネシオロジーテスト調査によると、

1987年は、人類の意識レベルに飛躍的なジャンプが起きた年ですが、
map-big

いまから何千年も前。仏陀のいた時代は、人類の意識レベルは、90というレベルでした。イエスのいた時代、人類は100ぐらいでした。
それから少しずつ上昇して190という意識レベルが続きました。
それから1987年、意識レベルが急に飛躍して205になりました。そして、1990年代に207になりました。

どうやら1987年が臨界点になることは、宇宙的には既に決まっていたことで、

しかしながら、その後の展開は「人類次第」とのことです。

「皆さん自身が『愛と光』と前向きの肯定的な陽の心的態度を選べば、自らの可能性を実現する機会が皆さんの手に入ることになります。ですがその反対に、恐怖心や消極的・否定的な陰の考え方や行動を選択すると、厄介な事や苦しみ・困難をたくさん引きつけることになってしまいます。それぞれの信念、心的態度、努力そして行動に応じて結果が決まるのです。

1987年は、臨界質量の年です。その後の時代の傾向、歴史的・宇宙的進展の方向を定める年です。もちろん、このすべてが、この惑星がどういう形で今より高い振動界へ移行するのかに重大な影響を及ぼします。移行が被害をもたらし暴力的なものになるのか、あるいは喜びに満ちた平和的なものになるのかに影響を及ぼすのです。今までのところ、過去数年の暗澹たる予想とは異なり、『光』の、もっと調和のとれた移行になる確率は極めてよさそうです」

「従いまして、長年にわたり準備してきました広範囲にわたる救出・避難作戦は、当初の規模からかなり縮小されるかもしれません。それにもかかわらず、私達の全艦隊は、万が一の事を考えて、万全の態勢を整え待機します」

「1987年の初頭に厄介な不快なことや混乱や大災害がたくさん起きます。人災も天災もあります。これは、惑星地球の磁場がこれから途方もない量のエネルギーを吸収しなければならないのですが、そのエネルギーが一時的にもたらす不安的化の影響で起きるものです。その後においても、もっと強烈なエネルギーが依然として広がっていくため、様々な出来事や心的態度に、プラスかマイナスの大きな影響が出てくるでしょう」

地球人を母に持ち、21歳までは地球で育ち、2万4千歳を越えているアーガスさんの「宇宙連盟」を代表してのお言葉ですが、

このアーガスさんは普通の人間と全く同じ姿であり、マゴッチ氏は1975年の初対面以来、断続的に「タクシー運転手」などを装ってふいに現れるアーガスさんと、

Portrait of a handsome male chauffeur sitting in a car saluting a viewer

Portrait of a handsome male chauffeur sitting in a car saluting a viewer


とっても深い信頼関係で結ばれ、次元を越えた友人同士となります。

今回の大型台風21号は「ラン LAN」という名で、

2014年、14歳で天使になった愛犬ランちゃんを思い出しましたが、
IMG_0689

ネットでおなじみの「LAN」とは、「local area network 地域ネットワーク」の意味とのことで、これからは「種」を越えた、近接した宇宙「地域ネットワーク」の時代ですネ!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top