酵素カフェ

平和を願う龍体文字「へ」と辻麻里子さんの「雛形日本」へのメッセージ

平和を願う龍体文字「へ」と辻麻里子さんの「雛形日本」へのメッセージ

8月15日は「終戦記念日」ですが、旧盆にあたるこの頃は、

清里高原の人口がドッと増え、バカンス中の方々でにぎわってますが、

昨日の夕方は、突然「ゲリラ豪雨」となり、
DSCF2585

観光名所、「清里清泉寮」がこの状態で、
DSCF2584

急坂の上にある、家の前の道も、
DSCF2591川のようになってました・・DSCF2586

すぐ止むかと思いきや、1時間以上は降っていましたが、
DSCF2595幸い夜は、満天の星空が拝めました!

翌日、8月14日は、朝から青空が覗き、
DSCF2604
DSCF2607

今年はまだ一度もお会いしてない、お隣さんのお庭では、
DSCF2608アメリカアジサイ、アナベルが満開ですが、

こんな美しい花を作ったアメリカさんは、「平和のために」と「原爆神話」を作ったそうで、

そういった「記憶」を、
bikini-1946-crossroads

空は、ちゃんと覚えているかのようです。
phoenix-mb-2016scenery

自然現象は、人間のメンタルを映し出す「鏡」の一面があるのかもしれませんが、

幼少期から、夢でアカシックレコードに出入りしていた故辻麻里子さんは、
DSCF2185

あの3.11が起きた時、こんなメッセージを出してます。

<2011年 春分の日に寄せて~辻麻里子さんからのメッセージ>

このたび、被災された方々に心よりお見舞い申しあげます。
一日も早い救援と復興をお祈りしております。また、命をかけて救援にあたっておられる方々のご無事を願うと共に、皆さまの苦しみや悲しみや不安が少しでも和らぎますようお祈りしております。

今から66年ほど前、広島、長崎に投下された原爆の後、日本は焼け野原から復興しました。そして今、原発事故の後、荒廃した意識から再び立ち上がろうとしています。
原子力を巡る惨事は、この日本が最初で、そして、この日本で最後にしたいものです。それが私たちの願いです。なぜなら、これは特定の地域だけではなく、時間も空間も超えた地球規模、太陽系規模のことだからです。

地球という惑星は、人間だけのものではありません。海に住む生命もいれば、地中に住む生命、そして空を飛ぶ生命もいます。もしも、私たちに叡智があるのなら人間の欲望や奢りによって、この惑星を生命が住めない星にしないようにしたいものです。

それには、私たち一人ひとりが謙虚になって、地球の声を聴きながら、地球と共に歩むことです。口に入れても安全なもの、土に還るもの、そして地球や宇宙を汚さないことを優先的に取り組んでゆきましょう。

人と人の意識はつながっていて、一人の悲しみは人類全員の悲しみ、一人の苦しみは人類全体の苦しみです。苦しみや悲しみを分かち合い、そして、限られた資源を分け合いましょう。私たちのDNAには、有事の際の賢い切り抜け方が、しっかりと書き込まれているはずです。これを乗り越えた先にはきっと、新しい意識の地平が拡がっているはずです。

そして、地球には自己浄化作用があります。太陽に感謝を、月に感謝を、地球に感謝を捧げ、そして生きとし生けるものと共に歩んで行きましょう。生かされていることに感謝して、今、自分の目の前にあること、今、自分の足元にあること、今、自分にできることを淡々と行ってゆきましょう。
そして、最善を尽くすことです。

私たちに今できることは、混沌とした世界のなかにいても、自分の意識をゼロ(透明)に保ち、中心軸を確立して、ぶれずに真っ直ぐ立つことです。

焦らず、慌てず、大声を出さず。希望を捨てずに行きましょう。離れていても、共にありますことを。

2011年、春分の日。
地球と共に。辻麻里子

(辻麻里子さんのブログ「ウチュウカイギ」より)

starpeople

又、足立育郎氏の「地球の歴史」によると、

惑星地球は、何度も何度も「同じ間違い」を繰り返してますので、

地球全体で最終的に原地球人は約3億人まで増加し、6000カ所位の地域に広がった文化となり各々独自に発展していました。

しかし、宇宙の法則をネガティヴな方法論で理解して調和度の上がっていく原子核の集合体とポジティブな方法論で理解して調和度の上がっていく原子核の集合体EXA PIECO(エクサピーコ)の衝突による原子核戦争で絶滅しました。

日本が「世界の雛形」とされることと、日本が被爆国であることは関係あると思われ、

「龍体文字」で、平和を願う「字」は平和の「へ」です。

DSCF2601

[へ]

「へ」が意味するのは、ズバリ平和です。「みんな仲よく、争いのない世界にしましょう」という神様の願いが込められています。

大、あるいは犬のような形が印象的な「へ」ですが。

2015年、噴火が心配されていた頃の箱根で見た大文字焼は、
DSC_3569

まず、「大」の字がパッと輝き、
DSC_3598

「大」とご相伴するように、
DSC_3599
DSC_3606
次々と花火が打ち上げられ、
DSC_3615
DSC_3616

たくさんの人が、感嘆とともに「空」を見上げるうちに、
DSC_3617
だんだん、「大」の字が消え去っていき・・

DSC_3619

DSC_3629

DSC_3631

DSC_3632

「大」の字と花火が一つになって、同化するかのような演出で幕を閉じます。
DSC_3633

「大文字焼」の由来は諸処あるようですが、

私たちの「人生」一つ一つは打ち上げ花火であり、
DSC_3609

戦乱の世であったり、離婚係争中だったり、人生いろいろあっても、

平和を意味する「へ」が、
DSCF2601
常に同伴していることを顕わしているのかもしれませんネ!


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 私も今週、本を購入。
    いま、体中に龍体文字を貼り付けています。
    まずは健康に効果のある「きに」を。
    朝おきたら、内蔵からの痛みみたいなものがありませんで、快調です。
    しばらく、写経ならぬ、写文字を続けてみようと思っています。

    • かえでさん、コメントありがとうございます。

      <朝おきたら、内蔵からの痛みみたいなものがありませんで、快調です。>

      寝てる間にも効いてるんですネ!

      <写経ならぬ、写文字>

      イイですネ〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top