酵素カフェ

金城光夫氏の3次元と5次元の「愛のプロセス」の違い

金城光夫氏の3次元と5次元の「愛のプロセス」の違い

2020年の東京オリンピックまでカウントダウンですが、

「JOC竹田会長が起訴」が起き、
AIO2CK2016050538121596098-00031819281

なぜ「今さら」、そしてフランスなのか・・については、

日本ではあまり報道されてないようですが、今、フランスで起きている「黄色いベスト運動」が関係してるのかもしれません。
ManifGiletsJaunesVesoul_17nov2018_(cropped)

こんな世界情勢の中、

「ホントに、東京オリンピック出来るのでしょうか??」

の、声もチラホラですが、

日本人は、一度決めたことはやり遂げる性向がありますので、

頑張ってるアストリートの皆さんにためにも、無事開催されることを祈ります。

さて、ウチは一応都民なんですが、休日は山梨県で暮らす生活を十年以上していて、
DSCF4656

ネット時代の今、地方で困ることは別にナイ・・と実感してます。

しかし、あえて言えば、「美味しいラーメン屋さんがナイ!」という感想でしたが、

昨日行った、長野の「蔵人」はなかなかでした!

DSCF4865

茅野駅近くの住宅街にポツンとある「蔵人」は、
DSCF4862
古い、小さな蔵を使ったお店で、

驚いたことに大きな駐車場がほぼ満杯で、

暖かい店内では、
DSCF4867

たくさんの人が「待って」ます。
DSCF4868

今まで、「並んで」ラーメン食べたことなかったのですが、

値段も普通だし、
DSCF4864
「お味噌」が美味しそーなので、
DSCF4866

待つこと20分、山小屋風の店内で頂いた、
DSCF4873

焼き味噌ラーメン750円も、
DSCF4877
DSCF4880

味噌トンコツガツン1080円も、
DSCF4876
濃厚味噌スープがナイスで、たいへん満足なお味でした!

先日行ったパチャママでは、
DSCF4311
金メダリストを育てたオーナーさん手作りの、
DSCF4320

美味しくて、かつ、カラダにイイ料理を堪能出来ましたし、

少なくとも外食産業に関しては、長野県は意欲的な印象で、オリンピックが開催された地には、何らかの足跡が残ってるのかもしれませんが、

それはオリンピックに限らず、どんなイベントでも同じであり、

沖縄で「王」という生き方をしている金城光夫氏は、

私たちの宇宙で「ビッグバーン」というイベントが発したのは、

「愛と調和」を広げるためだと言います。

******

<宇宙の真理>

宇宙の真理というと、大げさに考えてしまうかもしれませんが、そんな大げさなことではありません。

宇宙の真理とは足もとにあるのです。

今、いる場所が宇宙であり、この瞬間が宇宙なのです。
今、ここで、あなたは何を思っているんでしょうか?
その広がりが宇宙なのです。

思いの広がり

それこそ、宇宙の真理です。
ビッグバーンが宇宙の始まりだと言われていますが、
ビッグバーンとは何でしょうか

それは、神の思いが爆発した瞬間なのです。

神の思いとは・・

「愛と調和です」です。

宇宙とは愛と調和の広がりそのものなのです。

3次元の物理世界や、5次元の思いの世界、更には高次元の神の世界まで、全てに共通するのが、愛と調和の広がり、つまり愛なのです。

動植物やその他の生物に共通するのは、生存本能です。

生きること

それが愛と調和なのです。

そして更に、人間には自由意志が与えられました。

その自由意志があるため、時に人間は愛と調和から離れているのではないかと思われるような行動を取ったりします。

それは、人間の常識からすると、とても愛とは思えない事だったりします。

でもそれは神の意志に反しているわけではありません。

全体からすると、まさにそれが神業なのです。

愛からかけ離れたような行動を誰かが行ったおかげで、別の誰かに愛が生まれたりするのです。

世の中にいる凶悪者が事件を起こすと、それを目撃した人は、それは「愛では無い」と分かります。

そして、悲しみという感情が湧き上がり、二度とこのような事はないようにしようと、周りにも訴えます。

その張本人となった被害者やその家族は深い悲しみに落ちます。

自分が被害を受けていなくても、その被害者の気持ちを思うだけで、悲しみが伝わるはずです。

その伝わる心が愛なのです。

時代背景を見ると、とても愛とは思えない戦争の時代があったりもしますが、その戦争自体が愛ではなく、その経験から想うことが愛なのです。

人間の感情からすると、そんな経験などいらないと思うかもしれません。

そう思う事が愛なのです。

そういう思いを生み出すために、そうではない経験を人はしているのです。

それが、3次元の世界で愛を感じるためのプロセスなのです。

神の世界には、愛と調和しかありません。

しかし、3次元を生きている人間には、その相対となる経験が必要です。

それが二元性の世界なのです。

愛だけでは、愛を感じることができません。

二元性の世界で愛を感じるためには、その相対となる、
愛以外がある必要があります。

しかし、この宇宙に愛以外は存在しません。

そこで、仮想の世界で愛以外が存在する遊園地のような場所を創ったのです。

それが、3次元の世界、地球であり今までの地球はそれを楽しむための遊園地だったのです。

しかし、地球は5次元に上昇しました。

5次元とは特殊な次元です。

それは、3次元の物理的な世界でありながら、高次元の感覚で生きることができる世界だからです。

3次元では、愛でないものを通して愛を経験するという喜びがありました。

5次元では、愛の拡張を経験することができるのです。

愛でないものを通して愛を経験するというのは、間接的な主観です。
鏡に映っている自分のような感じです。
主観でありながら、そえは間接的なのです。

愛の拡張とは直接的です。

出来事や、他人に対する接し方の問題ではなく、直接、自分が愛になることなのです。

他人を思いやる気持ち
それは愛です。

しかし、その思いやる相手がいなければ、愛は生まれません。

愛を経験するためには、思いやる相手が必要になります。
つまり、二元性の世界では、自分よりも惨めな人を思いやることで愛を経験するのです。
ですから、自分より惨めな人を創り出す必要があります。

一見矛盾してるかもしれませんが、二元性の世界で愛に溢れている人が、惨めな人を創造しているのです。

警察官が成り立つためには、悪い人が必要なのです。
医者が成り立つためには、病人が必要なのです。

正義の味方が成り立つためには、悪者が必要なのです。

救世主が成り立つためには、最悪な世界が必要なのです。

もう救世主はやめましょう。
世の中を良くしたいという思いは捨てましょう。

その思いが悪い世の中を創造しているのですから・・

ビッグバーンとは、世直しのために起こったのではなく、満ち溢れた喜びの爆発なのです。

神の世界の愛は、一元性です。

ただ、愛、のみ

なのです。

******

金城氏の「押し寄せの法則」からの抜粋ですが、
61ORneW2WnL

足立育郎氏も「波動」とは、

「愛と調和」だとします。

そして、3次元では愛を学ぶために「二元性」が必要だったけど、

5次元では「愛でないものを通して愛を経験する」という、「二元性」を必要としまぜん。

個人的には、オリンピックってあまり興味ないのですが、

やるからには「愛と調和」が広がるイベントになるとイイですネ。

さて、茅野に行ったのは何もラーメン食べるのが目的ではなく、

諏訪大社に「お炊き上げ」持って行きました。
DSCF4890

「鏡開き」翌日の諏訪大社・春宮では参拝者はチラホラでしたが、
DSCF4896
DSCF4895

今回、目に止まったのは、この「むすびの杉」で、
DSCF4883

「縁結び」の神様的には、
DSCF4885
二つに分かれた魂が、

根っこで「一つ」に結ばれる・・ことを示唆してるのでしょうが、
DSCF4887

一見、まだ「二元性の世界」のようでいて、

地球の根っこは、もう「一つ」になってるのかもしれませんネ!


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 4 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. JOC竹田さんがわが身可愛さに「ボクが悪いんじゃないヨ~!」とかいって、オリンピック委員会や電通のコトをアレコレ言い出したりすると愛と調和への布石ですネ。
    天皇(皇族)自ら「特別扱いするな」とかいってるのに、取り巻き連はまだまだ特別扱いされたいみたいなので、フランスの嫌がらせは丁度よかったのかも。

    ところでアマゾンビデオは無料だとあんまり面白いのがないですけど、低視聴率だったのが幸い?して「重版出来!」が今のところ無料なのでこのドラマはお奨めかと。
    先日紹介したティアーズフォーフィアーズなルールオブザワールドが主題になっていつつも、今までスピとかが盛んに裏返してたのを更に裏返してもとに戻ったように見えて、でも以前とは微妙に違う感じが今っぽいですヨ。

    あとフランスと言えばクロマニヨン人が最初に発見された(工事現場で)国ですけど、先週から始まった新番組の主題歌になってシンコロしてたのでこれも紹介しときますネ。

    • 重版は、(珍しく)お先に鑑賞してして、とってもオモシロかったです。も一度みようかな〜

      <オリンピック委員会や電通のコトをアレコレ言い出したりすると愛と調和への布石ですネ。>

      エンタメの世界が現実に反映してるよーですネ!

      クロマニヨン人、音はレトロだけど歌詞がイイですネ〜ご紹介アリガトウです♡

  2. こんにちは。
    いつもブログを読ませていただいています。
    紹介されていた金城光夫さんの『二元性の世界では、自分よりも惨めな人を思いやることで愛を経験するのです。ですから、自分より惨めな人を創り出す必要があります。~5次元では「愛でないものを通して愛を経験する」という、「二元性」を必要としまぜん。』というフレーズ、なるほど、、と思いました。
    昨年まで家族の在宅介護をしていて、その間様々なケアワーカーさんとの関わりがあったのですが、介護が必要になった人=可哀そうな大変な人、、という意識を持たれている(そういう視線で見られている)と感じる時があり、そのことに違和感を持っていました。
    そういう気持ちを引きずってしまっていたのですが、昨年の秋に家族も他界して、私もそろそろ気持ちも現実的なことも5次元的に(?)切り替えなきゃ、と今日のブログを拝読して想いました!

    いつもありがとうございます。

    • mariさん、そうですか・・お疲れ様でした。

      <介護が必要になった人=可哀そうな大変な人、、>

      「鏡の法則」からすると、そういう見方をしちゃう人の方が実は「可哀そう」なのかもしれませんネ。

      いずれにせよ体験からの気づきは大きな宝物で、貴重なコメントありがとうございました!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top