酵素カフェ

「新奇性選好」を生かすワイルドオートと母なる大地の「安全基地」

「新奇性選好」を生かすワイルドオートと母なる大地の「安全基地」

人間の脳には「新奇性選好」という、

新しいものを好む傾向が組み込まれていることが知られてますが、

乳幼児期には旺盛な「新奇性選好」は年齢とともに個人差が大きくなり、

だんだんと安全パイを好む人が多くなってくるようです。

乳幼児においても、探索行動が旺盛なのは「安全基地」あってこそ・・ですので、

個人差の中には「心の安定度」も含まれているのかもしれませんが、

逆に、不安渦巻く内面を感じないように外側にばかり関心を向け、目新しいモノを追いかけている場合もあるのでケースバイケースです。

バッチフラワーのワイルドオートのタイプは、

子どもの頃から集団行動を好まず、何か特別なことをしたい・・しなくては・・という気持ちに駆り立てられています。

ワイルドオートのタイプは一般に才能に恵まれ、

好奇心旺盛で新しいことを色々手がけ、ある程度まで成功したりしますが、

やがてはつまらなくなり、「ほんとうにコレかな?」という迷いから別なことに手を出すので、

迷いのループからなかなか抜け出すことが出来ません。

つまりワイルドオートのマイナス状態とは、自分の使命が何であるのかわからないことから来る焦燥感・不安的な気持ちで、結果として優柔不断となります。

優柔不断・選択に迷う人のためのバッチフラワーはワイルドオート以外にもあり、

こちらにその違いを記してますが、

七夕前の九州豪雨と第4密度移行中に起きる「意識の飛躍的なジャンプ」

ワイルドオートが必要な人は、次から次へ行動に移すので野心家に見られ、しかし、本人は目的意識が定まらず、満足出来ない状態です。

こういったワイルドオート状態には、威圧的な親の影響があることが報告されてますが、

威圧的というのは、親の思い通りに子どもを動かしたい・・という意味ですから「過保護」も含まれす。

ワイルドオートを飲むと、自分の願いが徐々にはっきりしてくるので、職業選択や中年の危機の際によく使われるレメディーです。

ワイルドオートは、イネ科スズメノチャヒキ属の多年草で高さは150㎝ほどになり,
2_000000003371

茎やのぎの細胞膜に珪素(シリコン)の沈着があり、それは、光を強く取り入れてることを意味します。

なぜなら、珪素(シリコン)には植物に光りや熱のパワーを伝え、それらが糖やデンプンに変化するのを助け、種子を十分に熟させる働きがあるからです。

旦那さんの疲れ目に速攻効果のあった「マコモ抽出液」のエッセンスにも、
DSCF4084珪素が含まれてますが、

珪素は光を感知する目、触覚にかかわる皮膚、爪、髪の毛に存在しますので、

「視野が広がった・・」という、旦那さんの使用感もうなずけます。

ワイルドオートもマコモも米もイネ科ですが、こうした仕組みでイネ科植物は「光=生命力」を多く取り入れているのです。

さて、そんなイネ科植物を山梨県・南部町で、
DSCF4449

コツコツと無農薬で作っているペルーラムさん宅にお邪魔してレジリエンス力をUPした翌日、
DSCF5399

おばさん二人を泊めてくれただけでもありがたいのに、

「ついでがあるから・・」と甲府駅まで送ってもらい、
fullsizeoutput_35

6人家族の「お母さん」でもあるY姉さんは東京に帰りましたが、

「甲府まで出るなら清里においでよ!」という旦那さんのお言葉で、そのまま清里まで送っていただきました。

同じ山梨県でも南の端と北の端ですので甲府は中間地点ですが、

標高1200m以上の清里高原は別世界、しかし今年は全般的に暖冬で雪も少なく、
DSCF5261先週降った雪もなくなってました。

一足先に清里に行った旦那さんは、大工仕事に励んでいて、

吹き抜けの天井に、
fullsizeoutput_4f

スピーカーを乗せる「板」を取り付ける作業を完了!
DSCF5464
DSCF5466

で、夕食は長野の「パチャママ」に行きました。

縄文つながりの母なる大地、長野の「パチャママ」に行ってきました〜

「パチャママ」とはペルーの言葉で「母なる大地」で、真冬でも16度だというペルー・リマで育ったラムさんは、外気温マイナス7度に驚いてましたが、

「パチャママ」の南相木村はマイナス20度にもなる時があるそうです。

しかしながら、その料理は心がこもっていて暖かく、

DSCF5419料理はしないけど、美味しいモノ好きなラムさん、

DSCF5422前菜の蕎麦サラダから、

DSCF5423
「お、美味しい〜」の連発で、
DSCF5425

特にイワナの唐揚げにはノックダウンされたようで、
DSCF5424

山梨を縦断して清里まで来た甲斐があったみたいで、
DSCF5427彼にとって「食」は探索行動のための「安全基地」です。

このカウンターの下には薪が燃えていて、
DSCF5429ほんのり温かいので、ウチは皆下戸ですが、
DSCF5435ホントは熱燗なんか置いたらサイコーでしょうネ。
DSCF5437

前回は白子を付けてもらったスペシャルバージョンでしたが、

長野県南相木村の「母なる大地」パチャママのディナーに行ってきました〜

この「イワナの唐揚げスタンダードコース」はデザート&飲み物付きで2000円で、

夜は予約制、たった3人のために店を開けてくれたオーナーさんに感謝です。

古民家を改装した「パチャママ」には和室もあり、
fullsizeoutput_3c昨夜来た家族連れの子どもは「初めてのコタツ」に喜んでいたそうです。

すっかりお腹が満足して清里に戻り、ラムさんは夜中に南部町に帰りましたが、
fullsizeoutput_3d

寒がりのラムさん、冬場は帽子が手放せないのはスキンヘッドだからで、

シャンプーもドライヤーもいらない究極のエコヘアーだと言ってますが、

シャーマンやスピリチュアルな探求者たちが、しばしば爪や髪の毛を伸ばしたままにしているのは、それらをエネルギーの波動を捉えるアンテナとみなしているからで、

映画「はじまりへの旅」では、

隠蔽されてきたクエン酸効果と映画「はじまりへの旅」

父親のサバイバル教育に従っていた長男が、
358906_01_15

はじめて反抗する際、髪をばっさり切っていたのが印象的でした。
a1663b7ad83b85a3fb1b2515a936457c

バッチフラワーを開発したバッチ博士は、
dr-bach

「私たちの人生は、自分の性格を魂のどれだけ近いところに持って行けるかによって、変わってきます。近ければ近いほど得られる調和と安らぎは大きく、そして、よりはっきりと真実の光りが、崇高な幸福の光りが輝くことでしょう」

と、言ってますが、ワイルドオートを必要とする人たちは、自分の目標イメージがわからず、魂とのずれを感じている迷える学究の徒です。

DSC_7450

シリコンバレーあたりには、PC時代の魔術師、現代のシャーマンがたくさん生息してますが、潜在的には、珪素のもつ光のパワーを十分に蓄えている彼らの「新奇性選好」は、

光を充分に蓄えた「安全基地」あってこそ、存分に生かされるのでしょうネ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK