酵素カフェ

「DNAに免疫が組み込まれた日本人」情報と30万年前マルドゥク星で起きたこと

4月に入って、いよいよ東京ロックダウンが現実味を増してきましたが、

「振り子」をかわす最強テクは「笑い」であり、このヒトラーそっくりさんには大爆笑!

ロックダウン以上の衝撃だった「マスク2枚配布」情報ですが、

坂本氏情報によると、本物ヒトラーさんは日本人とアーリア人は共通の遺伝子を持つことを知っていたので日本と手を組んだそうです。

で、この方、ホントにヒトラーさんの孫だそうで・・
ドイツでは、感染者数に対して死亡が少ないのはさすがです。

さて、今回のコロナ騒動は「世界統一政府への布石」だと熱〜く語っていたアイクさん、

アイク氏の「コロナによる解決システムの導入」とソマチッドを活性化する低周波

どーして無事でいられるのか・・と思ってましたが、どうやら「遺伝子」のようです。

2017年春分の日に101歳で逝去した故デービッド・ロックフェラー氏は、

お若い頃、けっこうイケメンで、

確かに、デービッド・アイク氏と似てますね〜

アイクさん情報は、あまりに衝撃的だったのでキネシオロジーでチェックしたことがありますが、

誤解されてるスピリチュアルと秀逸なデーヴィッド・アイク の覚醒情報

「啓示を受けてる時のデーヴィッド・アイクさん」は、覚醒レベルでした。

アイク氏の主張は、地球は20万年ほど前にレプティリアンに乗っ取られたという話が基軸になってますが、

デービッド・アイク氏の「アバター」評と「ブルー・エイビアンズ」からのメッセージ

「ラー文書」、そして坂本氏情報でも、「現」地球バージョンが始まったのは7万年ほど前からです。

そして、スピ系ではよく「マルドゥクの悲劇」というのが出てますが、

実際に木星に行って、宇宙人から直接情報を得ている坂本氏情報によると、

マルドゥクには爬虫類系の女性が住んでました。

*********
*マ(マルドゥク)人:マルドゥク星は30万年前に、太陽系再生に失敗で、破壊されてしまった惑星、破壊前は、水・金・地・月・(マ)・木・土・・・で、第4惑星が月で、第5惑星マルドゥクの衛星が火星でしたが、太陽系再生の失敗でマルドゥク粉砕後、小惑星帯が出来て、その内側で火星が惑星に昇格し、月が地球の衛星に降格して、現在の様になった。マルドゥク星には高等生命体1番の種族の爬虫類系の女性の宇宙人が住んでいた。(坂本廣志とポン太のQ&A集第二巻より):{ポンポコりん編集部}
*********

そして、ハトホルたちはマルドゥクをこう伝えてます。

<惑星マルデック>

あなたがたの太陽系史の初期において、金星と地球のあいだにもう一つ惑星が存在しており、私たちのなかには準肉体に宿ってその惑星で暮らしていたものもいました。ところがその惑星が爆発し、住んでいた仲間たちは死んでしまいました。言い換えれば、その存在から肉体が取り去らたのです。

その惑星の名はマルデックといいました。当時のわたしたちは、今ほどこの物質的宇宙における精妙な領域の性質をはっきりとは理解してなかったため、マルデックの破壊によってかぎりなく深い悲嘆と喪失感に打ちのめされました。・・けれどもそうした悲しみや災いをとおして、わたしたちはあなたがたの宇宙の構造や、精妙な領域の性質、また意識の継続性などについて、それまで理解できていなかったことを学んだのです。・・

意識の継続性にくわえて、わたしたちは精妙なエネルギー諸体どうしの関係性を見出し、肉体と「カー」とのつながりも、さらに深く理解するようになりました。というのも、破滅に追いやられたものたちの中には、もとのレベルに残留できるほど強い「カー」をプラーナ体として有していたものもいたからです、かれらは、準肉体がなくとも「カー」のなかで完璧に存在するという体験を神官たちに語りました。

ハトホルたちは、その高次の性質を失うことなく、波動の低い物質領域に入ることができるかの「実験」のためにマルデックの準肉体(爬虫類系の女性?)に宿ったとのことですが、

同じくチェネリング情報のラー文書では、マルデックってアトランティスと似た状況だったそうです。

「ラー文書」による人類の起源と50万年前に起きたマルデックから地球への移送

で、先の坂本氏情報によると、日本の裏表トップには「マ人」DNAが入っていて、

*********
■闇200人や明仁陛下のDNAは、マ人:御先祖:天女以外、ブルーが1割混血しています。
*********

坂本氏やデービッド・ロックフェラーも「マ人」入りDNAで、

マルドゥクDNAには、マジンガーZみたいな超能力があるんですが、

太陽に当たり過ぎると、肌がうろこ状になったり(アトピー?)もするそうです。

これらの情報で伺われるのは、肉体的DNAと魂はイコールではないけど近似してるということで、

非常に進化した物理的存在・監理者宇宙人は遺伝的つながりを重視しており、

坂本氏が無事なのは、自分の遺伝子を彼らに提供した「血縁」であるからでもあります。

で、昨日、フェイスブック経由でこんなコメントをいただきまして・・

<コロナウイルスに抵抗せず、感染して熱を出し、免疫を作ることが大切です。この生涯における免疫は以降の数多くの生涯にもDNAとして受け継がれるのですから。欧米で感染者、死者数が多いのは、日本人とは異なり、彼らの宇宙年齢が低く、まだ免疫ができていないソウルが多いからなのです。>

ナルホド。。と思い、その方のフェイスブックを覗いたら、こんなことが書かれてました。

日本は波動が高い国です。ですから日本に転生しているソウルの最低寿命は3憶歳であって、それ以下の宇宙年齢のソウルは日本には転生してきていません。逆に、日本以外の国には、宇宙年齢が比較的若いソウルが転生しています。次元世界では、ソウルは数十万の生涯を経験します。これらの中でウイルス感染が生じた生涯の数は、宇宙年齢が高いほど数が多いのは当然のことです。宇宙年齢が若いソウルにはまだウイルスに対する免疫を持たないソウルがいます。日本では比較的宇宙年齢が高いソウル、すなわちDNAに免疫が組み込まれたソウルの数が非常に多いのです。日本はいわば集団免疫ができている国だということができます。これが日本での感染者数、重症患者数が少ない理由なのです。

facebook

坂本氏情報でも「日本人の魂とそれ以外は違う」と言ってましたので、ナルホドと思った次第です。

しかしいくら宇宙年齢が高くても、感情的に「ブルブル」しちゃってると一気に⤵️しちゃうのは同じでして、

この時期にお薦めのバッチフラワーは、こんな組み合わせです。

アスペン・・先行き不安、理由がはっきりしない恐怖感に
ロックローズ・・パニックを起こしそうな激しい恐怖感に
クラブアップル・・過度に潔癖症になり、かえって血が濁ることに

この3つの基本セットに、それぞれの感情に応じて、

例えば、ストレートな怒りを感じているなら「ホリー」ですが、

「批判的な気持ちで一杯なのに、つい寛容に振る舞ってしまう」なら、ビーチが必要です。

で、自分の場合、8種にもなってしまったのですが・・

バッチフラワーは、自分の気持ちを確認し、選ぶこと自体が気持ちの整理となり、

飲み始めたら速攻で気分が⤴️しました〜

それにしても冷静に考えると、ドイツでも8万人超えした中、日本はまだ3000人未満ですし、

毎年のインフル発症数を考えると、

今シーズンのインフルエンザの累積の推定患者数は、2/4~2/10(2019年第6週)までで約1,045万人と1,000万人を上回りましたが、第6週の推定患者数は約102万人と2週間連続して減少が見られており、インフルエンザの患者数は今後さらに減少していくものと予想されます。

https://kansensho.jp/sp/article.html?id=IE00000340&ssl=on

「日本のコロナ感染はさほど増えてない・・」ことの方が、確かに不思議ではあります。

というわけでロックダウンが起きても起きなくても平静でいることが大切で、

感情こそが、すべてをつなぐ鍵であり、今地球で起きてることは、「マルデックの悲劇」を一掃する宇宙規模の大イベントなのかもしれませんね〜

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で







COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. おもしろ動画、シェアさせて戴きました!
    いつもありがとうございます。

  2. イルカさん お久しぶりです。
    夕方のニュースで富山のソウルパワーというライブハウスでコロナのクラスター発生でソウルパワーでドキッとしました。
    今日のイルカさんの内容もソウルの話題も。
    ツィッターでもフォローさせてもらいました。
    征さん、10日くらいあとにお会いする予定です。
    イルカさん、いつもありがとうございます。

    • 安田さん、お久しぶりです。

      そうですか、富山が・・2020年になって突然世界が変わってきたというか、正念場という感じで、日本海側も要ウォッチですね。

      Mちゃんやリアル酵素カフェに来てくれてる方が、最近、征さんのセミナーに行ったとのことで、そのエネルギッシュさとわかりやすい説明に感激してましたよ。
      自分だけ5G対策しても、生物全般に対する影響とか・・ホント、その通りだと思います。

      直接はお会いしたことのないのですが・・ペルーの先生や分倍河原のヨガ仲間からよ〜く「征さん」の話を聞いてまして、本も読んで学ばさせていただきました。どうぞよろしくお伝えください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK