酵素カフェ

初めての「お伊勢参り」猿田彦神社〜おはらい町〜外宮

日本の秋は、台風とガチンコしなければ「お出かけ」に最適な季節で、

9月30日の清里高原は日差しが眩しい好天気で、

この秋(11月22日)には8歳になるベンガル・ピノちゃんも、

暑くも寒くもない・・お外が気持ち良さそうですが、

一昨日はピノちゃんに一晩お留守番してもらい、伊勢神宮まで行って来ました!

江戸時代、一生に一度は「お伊勢参り」と言われていたそうですが、ウチはまだ一度も行ったことがなく、興味を持ったのは、坂本氏の「ご先祖様宇宙人」情報からで、

江戸時代の「お伊勢参り」と東京大神宮の天照皇大神とは?

伊勢神宮には内宮と外宮がある・・と知ったのも、つい最近ですが、坂本氏によると「ご先祖様族宇宙人」が最初に降りて来たのは白山で、

ウチは3.11の直前から、休日セルフビルドで家を建て始めたので、しばらく旅行もしてなかったのですが、

セルフビルドがやっと落ち着いた2018年3月11日、「かに」目当てに久しぶりに旅行したのが北陸で、ついで・・という感じで白山比咩神社に行った際は、

山中温泉から白山比咩神社・富山湾、北陸地方「ゾロ目の旅」と忘れやすい人が「やってはいけない2つのこと」

白山という場所が、「イザナギ・イザナミ」がホントに降りて来たところだとは夢にも思いませんでした〜〜

よーするに「イザナギ・イザナミ」とは、最初に降りて来たアマテラスご先祖様族で、アマテラスさんが落ち着いた先が「伊勢」という日本神話には「作り話」もアルけど、実際に起きたことが織り交ぜられているようです。

さて9月28日水曜日、山梨県清里を朝7時半頃に出て、伊勢西インターを降りたのは12時頃で、まずは「猿田彦神社」に参拝しました。


内宮のスグ隣に位置する「猿田彦神社」は明るい雰囲気で、表側もイイけど、

裏側もイイ感じで、

裏にまわると、猿田彦の「御神田」がありました。


猿田彦神社は「道案内」の神様とのことで、最初に寄った次第ですが、

猿田彦神社のスグ隣は「おはらい町」の端っこで、

あらかじめ調べていた「とうふや」に入り、

あなご重膳とあなご天重膳でランチしたら、個人的には関西風のふんわり煮たあなごが好みですが、

どちらも、これで「並」? なボリュームで、お腹大満足です。

五十鈴川沿いの「とうふや」で食べてる間に雨が降り出しましたが、

平日にも関わらず、「おはらい町、おかげ横町」は賑わっていて、

赤福本店前では沢山の行列が出来ていて、

皆さん、軒下で赤福を堪能してました。

で、傘を取りに猿田彦神社側の駐車場まで戻る途中、

「くみひも」の店を見つけ、

実演中の店主さんから「くみひも」の話をいろいろ聞き、

記念に・・と、「くみひも」のアイディア商品2200円をゲットして外に出たら、

雨は止んでいたので、そのまま探索を続けたら、赤福本店ではますます行列が多くなり、

外宮→内宮の順でまわる「ならわし」とのことですが、内宮は翌日の朝早くに参ることにして、

内宮側の駐車場を下調べして、

なかなか楽しい雰囲気ではある、


「おはらい町、おかげ横町」を後にして、

内宮から車で10分ほどの外宮に行ったら、

明治神宮みたいに広々とした外宮は、



すごいイイ雰囲気に満ちており、

もう4時前のせいか、人も少なくて、


まず、正宮に参拝したら、

外宮に鎮座する「豊受大御神」は、

************

天照大御神さまのお食事を司る
豊受大御神
衣食住を始め
すべての産業の守り神

https://www.isejingu.or.jp/about/geku/shogu.html

************

とのことで、かなり厳重な警護ではあるけど、

確かに、桁外れにすご〜くイイ「気」だな〜を実感し、

「おはらい町、おかげ横町」での疲れが吹き飛びました。



石もすごくて、

別宮である「⾵宮」「⼟宮」「多賀宮」も素晴らしく、

「多賀宮」参拝の直後、

神々しい光が差し込みまして・・

高校時代「写真部」の旦那さんとしては、時間帯的に狙っていた・・とのことですが、

ドンピシャのタイミングに感謝です!

何度も何度も「伊勢ー白山」を訪れている伊勢 白山道氏は、

「生かしていただいて ありがとうございます」が最強の祝詞とおっしゃってますが同感で、

************

祝詞とは祝(いわう)詞(ことば)です。
神に捧げる、祝いの言葉です。
決して、願いごとを祈願する文でもないし、
悪事を祓う言霊でもないのです。
神に感謝を捧げる気持ちを含む言葉は、
どんなモノでも立派な祝詞になります。
この感謝の祝詞は、神を動かします。

「生かしていただいて ありがとうございます」が、
これから最強の祝詞になります。
やはり呪文にも、賞味期限があり、時代時代で効力の強弱があります。
言霊は生き物ですから、時代が変われば変わるのです。
この「生かしていただいて ありがとうございます」の
日常での想起は、人間を変化させます。
霊的進化を促進させます。
さあ、始めてみませんか?

************

還暦過ぎて初めての「お伊勢参り」外宮は、まさに無条件でそんな気持ちになれる素晴らしい体験でした〜

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK