酵素カフェ

11ポータル満月に知る「月の真実」と地球人類のとてつもない可能

科学の進歩的にも「月があるからダメなんです」と、天才的な科学者たちは皆言ってると、

ベテラン占星術家のマドモアゼル愛さんは申してますが、

占星術的には、12星座の「全体性」を獲得出来ないように、月星座によって「感情的・肉体的欠損」が仕組まれてるとのことです。

マドモアゼル愛さんの月星座別肉体的ウィークポイントと最強の健康法

しかしその一方で、月があるからこそ「感情的な学び」が起き、人類を進化させるのでは・とも言ってますが、

実際、月に「装置」が置かれた目的は、「人類進化のため」であると、少年時代から宇宙人と交流してる坂本廣志氏は伝えてます。

地球に到着してから円盤に乗り換え、十文字山に着いて減圧が行わえている間、みんなでケーキを美味しく食べました。

私がどうしても月に行きたいとヤコフにお願いすると、みんなが反対したので、益々興味を持って行きたくなり、ヤコフに頭を下げてお願いしたのですが、やっぱり駄目と言われて聞き入れてもらえませんでした。

仕方ないので、ミヨコにお願いすると「私たちも月には行きたくないのですよ」と言ったので、どうしてかと理由を聞くと、「人類の進化を早く見るために、人類の寿命を縮める装置が作動しているから、月に行ったら私たちも長く生きられなくなるんです」と言いました。

初めてその事実を知った私は驚いて「そんなことが月でされているんですか。人々の寿命を縮めているんですか」と聞くと、ヤコフが「7万年前に天孫降臨した時にご先祖様が人類進化のために装置を作られました。月の裏側に置いてあります」と言いました。

ミヨコさんというのは「高等生命体1番の1」の宇宙人で、天孫降臨ご先祖様は「高等生命体1番の2」の宇宙人で、高等生命体の寿命は約2万年です。

で、このミヨコさんという宇宙人が「もう、月に来るな!」と警告したから、アポロ計画は頓挫しました。

『アポロ宇宙船乗組員に月周辺で警告したのは、中等グレイではなく混血種のミヨコの種族です。高等生命体1番の1です』

う〜〜ん、どうしてアポロ計画って中途半端で終わってしまったのか・・疑問でしたので、ナルホドです。

「インスタ映え」だったかもしれないアポロ11号のビックリ話

どうやら「人類の寿命を縮めて」転生回数を増やし、人類の進化を早める・・という目的のようで、つまり、

感情には、とてつもなく大きな力があり、重力と相まって「人類の寿命を縮める」ことが可能なのかもしれず、

こういうことを知ってる支配層は、感情や無意識に作用する「月」を、大衆操作に利用してきた歴史があります。

で、マドモアゼル愛さんは月が地球の衛星になったのは2万年前と言ってますが、

坂本氏の宇宙人情報によると、2万年前は「現白人」系の始まりです。

7万年前の天孫降臨時は宇宙人、生物学的には5万年前から半人間、4万年前から純人間です。後期旧石器時代(4〜1万年)の新人クロマニヨン人とも共存もして、特に現白人はこの新人の身体を元に、遺伝子&魂操作されて創られたのです。その始まりが2万年前です。

で、高等生命体には女性しかいなくて、人類初めての男子スサナオは、3.5mもあったそうです。

「戦闘民族の下等生命体の星から遺伝子」を取ってきたのです。その星は八岐大蛇撃退したスサナオです。初めての男性です。八百万神に反逆した男の半宇宙人、身長3.5m白色で目はグリーンで、髪が金髪の美男子です。これをアーリア人と言ったのです。

アーリア神話って、ホントだったようですが、

地球は「二元性の実験の星」で、「男女が和する」のは高等生命体でも不可能だった・・難問で、地球人類にはとてつもない可能性があることが、宇宙の注目の的になってるのは確かなようです。

で、我が国の「神武天皇」はアーリア人とのことで、日本民族には戦闘民族のアーリア種族の遺伝子も入っているので、

『日本人を怒らせたら、真に目覚めさせたら怖いのです』と、坂本少年は宇宙人に伝えられます。

結局のところ、宇宙科学的にも占星術的にも「感情を制覇」すると、

新しい時代にシフトするためのバッチフラワーの勧めと使い方

幸せ長寿なパワーがゲット出来そうですが、

明日の満月は、月を守護星とする蟹座で起こり、「家族のしがらみ」などを手放すチャンスです。

ボイドタイムより要注意かもしれない月の移行期と蟹座のクレマチス

*********
<今回の満月の特徴は?>

【満月が起こる場所】蟹座
【満月になる時刻】1月11日4:21

【蟹座満月のキーワード】「家・家族」「深い愛情」「人生の基盤」「受容性」「世話をする」……etc.
 
2020年最初の満月は、蟹座で起こります。蟹座は感受性や共感性が豊かな、愛情深い星座。身内と認めた存在や愛しい存在を守ることなど、世話をする力に優れています。居住地や家そのもの、家族・親しい人なども蟹座が司る領域。そのため、この満月では、自分の家や居場所、職場環境、身近な人間関係などを見直すといいでしょう。

 しかも今回の満月は、月食です。半影月食と呼ばれる肉眼ではわかりづらい食ですが、占星術においては通常の満月よりも運気への支配力が強くなります。また、この日の星回りは、月食満月が真向かいの山羊座にいる水星・土星・冥王星とぴったり向かい合う配置。人生の土台やホームグラウンドについて、根本から改善できそうなタイミングです。

 どんなところが居心地がいいか、どんな人たちと過ごしたいか、どんなプラベートタイムが心安らぐか、などを素直な気持ちで見つめてみてください。そして蟹座月食満月に、自分らしい基盤やホームグラウンドを作るための手放し&改善を誓いましょう!

★蟹座満月にオススメの手放しテーマ★
 今回の満月は、蟹座的な長所が裏目に出た場合の「心配性」や「人見知り」などを手放すのにも最適です。そのほかにも「ひきこもり傾向」「家族のしがらみが強すぎる」などの問題があったら、この満月で手放していきましょう。

★蟹座満月の手放しテーマ★
「好き嫌いの感情や不安に流されやすい」
「変化することや新しいものが苦手」
「社会的な失敗が怖くて野心や目標が持てない」……etc.

https://uranaitv.jp/content/509701
*******

満月と新月には同じくらい「月」からのパワーが高まり、そのパワーを建設的な方向に使うのか、破壊に使うのかは個々の気分、感情の状態次第であり、

蟹座に対応するバッチフラワーは「夢見心地」になってる状態のクレマチスです。

マドモアゼル愛さんの「心理的母親殺し」とクレマチスタイプが目覚めると起きること

二元性の地球だからこそ、より大きな「統合」に至る可能性があるようですが、

高等生命体宇宙人になると「新しい知識を入れて進歩することが1番の楽しみ」となり、しかしながら坂本氏が持ち込んだ「地球の食べもの」の美味しさに宇宙人は大喜び・・とのことで、
特にミヨコさんは「甘いもの」がお好きなようですので、

折しも11ポータルの「鏡開き」で「月食」な2020年の最初の満月は、

11:11ポータルを前に「スサノオ尊を祭る」南相木村に行って来ました〜

お汁粉じゃなくてケーキとかでもイイかもですが、とにかく穏やかに楽しく過ごしましょう!

「電磁波防御 cmcbioペンダント」の副次作用と「脳の血流量が低下」に影響するもう一つの要素

引き寄せを超える「最適化の法則」ゼロポイントフィールドにつながる方法

環境汚染を最小にする「ベビーマグちゃん」を使ってみました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で







COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 初春のお慶びを申し上げます。

    関西の出身なので、十五日までは松の内。
    鏡開きも、昔ながらの20日スタンダードなのですが、イルカさんの話を聞いていたら、
    11日もいいなぁと思いました。笑

    今年もどうぞよろしくお願いいたします。

    • タヌキさん、

      えっ、関西の出身なんですか・・意外かも?
      確かに、11ポータルってなんかいいですよね。

      こちらこそ、よろしくです!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK