酵素カフェ

実例:「後悔と自責で苦しんでいる」親御さんと「数字は氷山の一角」な現状

2024年の梅雨明け予想は、

関東甲信は月22日とのことですが、雨本番はこれからでしょうか?

清里高原ではここ数日、雨にはならず、昨日の夕方、5時半頃にピノちゃんとお外に出て、

草原まで散歩したら、ちょっと寒い位だったせいか、

ピノちゃん、全速力でダッシュして駆け回り、

久しぶりに、ベンガル猫の野性味を発揮してました!

夕暮れ時の草原は、梅雨っぽい曇り空で、

今日7月10日は、午後から本降りとなり、午前中に小カブを収穫しておいてヨカッタです。

ランチにキッシュを焼く気になったのは、かなり涼しいからで、
気温が高いと、パイ生地がだれてしまいます。

ナント言っても、食べられるうちが花だな〜 と、半年前から介護生活に入った、MY母親の変化を見ていてつくづく実感で、

病院でも老人ホームでも、「ご飯が美味しくて・・もっと食べたいくらいよ〜」と言っていたのに、最近はほとんど食べなくなってしまいました。

そして昨年の今頃は、「だるいわ〜」とか言いながらも、フツーに家事をこなしていたのに、あっという間の急転換で、

脳神経学者ケビン・マッケーン博士の「アルツハイマー病と認知症」の過剰死急増予想と実例:「要介護1」→「要介護4」飛び級

個人的には、母の「骨髄異形成症候群」は、5回打ったワクチンの影響が大きく、

「血液の異常」のせいで、ターボ認知になっていたと思われますが、

「師走」の語源と通常ではあり得ない「ターボ認知」

なにせ88歳なので、医者は「加齢のせい」で片付けますし、父もそう信じているので、これ以上(父に対して)とやかく言うつもりはありませんが、小学生のお子さんを亡くした方の気持ちは計り知れません。

こういった事実を、マスコミが報道すれば、父も少しは感じることがあるかもしれませんが、気づいちゃう人が増えないように、報道規制しているのでしょうね。

ですので、この数はあくまで氷山の一角であり・・(接種直後ではないので)当事者が因果関係に気づかなければ、ナイことになってしまいます。

母の場合、6回目接種をノーしたので、(ワクチンの影響を)感じてはいたようですが、

昨年12月11日、血液の異常(貧血)で緊急入院し、入院中に(完全に)認知症になってしまいました。

そして病院から、(92歳の父が引き取るのは無理だから)有料老人ホームを何件か紹介され、急遽、自宅に近いホームに入居したのですが、12月30日に入居して、その日の晩に転倒しちゃったのは、

2024年1月1日能登半島震度7と48時間以内がbetterな「大腿骨頚部骨折」

その頃の母は、元気にウロウロ歩ける状態だったからで、「大腿骨骨折」で車椅子生活となった後もしばらくは、口は達者で食欲もあったのが、急激に弱ってきたので、今の老人ホームを引き揚げて、近所のサナトリウム病院に入れる・・と、父は言い始めました。

今は3週間に1度、ホームから片道30分ほどの病院まで、輸血に連れ出している状態ですが、そのサナトリウムは、

「一般内科および老年内科と認知症の治療を主体とした精神科を併設する病院です」

とのことで、移動しなくても輸血が出来るのはメリットなんですが、なにせ病院ですし・・

グーグルレビューによると、う〜〜ん、微妙かな? って感じです。

*******************

●2023.11.13(月曜日)に訪問しました。
コロナワクチン接種をしました。
人気がないのか💦接種はスピーディーに終わりました。

●外来は親切に対応してくれますが入院はおすすめしません。特に精神科病棟は絶対入院させない方がいいです。面会時にたまにこっそり見ていたのですが、遅い時間帯に職員が患者さんにそっち行くんじゃねえよとか怒鳴ったり罵声してるの何回か見ました。凄い酷い言葉づかいでした。それと身内が入院してた時に変なアザや爪でつねった跡があったりおかしなことがありました。内科病棟の方では患者さんが苦しそうにしてるのに職員の集まる所で長いこと雑談してたり、患者さんの食事で食べないんだったら下げるぞとか言ってせかしてるの見た事があります。まぁ精神科の病棟よりは内科病棟の方がましなのかもしれません。見てないところで態度が変わる職員がいるっていう事です。親切な職員も沢山いますが。挨拶もしない職員も沢山います。こっちが挨拶してもそっぽ向いたまま挨拶する人も結構います。入浴も入院は週に1回だけです。あと職員が患者さんにコロナを結構な人数感染させてます。体の弱い方は命にも関わってくると思います。外来は良いと思いますが入院は大切な家族のことを想うなら辞めた方がいいです。

●お見舞いに行くのがいつも昼食時のタイミングなのでスタッフの対応の様子がよくわかります。
いい感じで丁寧です。ちゃんと人格を尊重するというスタンスが感じられます。
病院はとても綺麗です。今年内装を綺麗にしました。いつも清潔な感じがします。
コンビニも併設されて、待合場所に、イートインコーナーがきちんと分離されました。
医師も、きちんと説明してくれますし、家族の気持ちを後押ししてくれる提案もしてくれます。
病院の隣は日本電源の変電所で、ツツジと桜が見事です。
裏は多摩霊園です。ずっと立派な桜並木があります。病室や、デイルームから緑、紅葉、桜を見ることができます。
鶴川駅や若葉台駅まで送迎バスが出ています。

●面会禁止とかいつまでやってんのか?
家族に会えない応対により認知症が進んでしまうのを分かってんのか?
様子を見てると職員のコロナが多い→入院患者に移す。
あのぎゅうぎゅう詰職員バスを見て納得。

※4月追記
長らくお世話になっていたかかりつけ医の先生が居なくなりました。
余所者も排除し出したし。
この病院はやばいですね。

●父が長期療養となり転院してお世話になりました。
面会できるという条件で探し、横浜から車で1時間、遠いと躊躇はしましたが、結果的にはとても良かったです。
先生、看護師さん、介護師さんその他職員の方々は皆礼儀正しく、患者や家族に寄り添ってくださる姿勢で、色々ご配慮頂き救われる思いでしたし、安心して父を託すことができました。
2ヶ月程で父は亡くなりましたが、お陰様で幸せな最後を迎えられたと家族全員感謝しております。

*******************

大きな病院だと、大勢の方々が働いてますので、一概には言えませんが、

母のことを気遣ってくれているイトコ夫婦が、「レビー小体型認知症」の母親をこの病院に入れた経験から、

近年増えている「レビー小体型認知症=DLB」と「腸」にも浸食するスパイクタンパク質

あそこはダメだよ・・と言っていたので、一応、父の意向を報告したら、早速、父のところに出向き、病院より「特養」を探すように勧めてくれました。

当初の予定より、有料老人ホームの費用がかさみ(月に30万円以上)、父としても、特養に「入れる」ならそれがベストなんですが、町田近辺では「空き」がありません。

で、イトコは親切にも、西多摩方面の特養のリストをメールしてくれまして、そこからタグって行ったら、一件だけ「空いてます」がヒットし、

先週、旦那さんと一緒に見学に行ったら、今の老人ホームより入居者の表情が生き生きしていて、ここならイイかも?って思いましたが、母の場合、やはり「輸血」がネックでして・・特養の担当医が、そういう人を受け入れるかどうかは「面談」して決めるそうです。

ですので、この特養がダメならあきらめて、父の言う通り、サナトリウム病院に入れようと思ってますが、費用的にも特養の方がリーズナブルでした。

7月に入り、標高の高い清里高原でも次々と花が咲き出し、

どこからか種が飛んで来て、群生した黄色い花が今年も満開となり、

道端に生えていたのを、玄関前に植えた、

ギボシの花も咲き出し、


自生していた樹には、可愛い実がなってます。

母が育てていたキンギョソウも、

ゼラニウムも、

次から次へと新芽をつけていて・・鉢植えだから、冬場は家に入れて「冬越し」出来るかも?

一年前には想像出来なかったMY実家の現状ですが、母自身は、なんとなくこの展開をわかっていた・・ような気がしなくもなく、

12月の初めに実家に行った際、母が「あと一年、生きたかったわ〜」と言っていたのが印象的で、いずれにせよ、出来る範囲で最善を尽くしたいと思ってます。

強ミヤリサン 錠 330錠
https://amzn.to/3IncJs9

還元くん 低電位水素製造ボトル 陶器
https://amzn.to/3V4AYTr

干しぶどう 有機レーズン
https://amzn.to/3TgPCEJ

ALCE NERO(アルチェネロ)有機ジェノベーゼ・バジル・ペースト
https://amzn.to/4bDLBTe

前祝いの法則
https://amzn.to/43pWAfi

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK