酵素カフェ

世界支配者vsライトワーカーの玉蔵さん

世界支配者vsライトワーカーの玉蔵さん

昨日、アマゾンから2冊の本が届いたのだけど、たいへん珍しいことに、めったに本を読まない旦那が、そのうちの一冊を鞄に入れて仕事先に向かいました。


51TRYvwrLpL__SL160_
で、この本、昨夜チラッと目を通しただけでも、今まで体験的にちょっと気になっていたことが会得できそうな興味深い内容・・例えば、ペルーの先生が急に水晶のことを言い出して、一緒に山梨県内を探しまわったのですが、中央高速沿いの山梨県あたりはクリスタルの影響で次元のスポットだとか・・!?

うちは2008年に山梨県清里に土地をゲットし、
KC3O0009
2011年初頭からセルフビルドで家を建てはじめました。
KC3O0040
建築士ではあっても、大工ではない旦那がひとりでコツコツやってて、途中、3.11や想定外の出来事もあって、三年目の2014年中には、何とか住めるようにしたいと思ってます。

で、この本によると、2014年の終わり頃に何かが起こる可能性があるそうです。
土地探しをしている頃から8年以上、東京と山梨を週に1回往復する生活をしているのですが、今年2月14日の記録的大雪で当事者になった実感からすると、ちょっと気になる情報でした。

ほんとうに、いよいよ1414かな~って感じがしたのです。

というわけで、著者の玉蔵さんのブログをのぞいてみたら、とてもいい話があったので抜粋します。

**************************
さて、ちょっとこれは自戒を込めて

最近、いろんなイベントをやったり、公演で遠くに行ったり。
どうも家族を疎かにしていたようです。

良く正義のためとか。
社会活動のためとか。
宗教とか政治活動とか。
自分が正しいと思うことを熱心にやる人がいます。
それはそれで素晴らしいことなのですが。

でも、よく肝心の嫁さんや、家族をほっぽらかして泣かせてる場合もありますよね。

ワタスも最近、そんな感じになっていますた。

うーん。いかん。。
ちょと忙しくし過ぎた。。

人間、目的と手段がひっくり返ってしまう場合が多い。
世界を平和にするためには、多少の犠牲はしょうがない。
世界が平和になるためには戦争で多少人が死ぬのはしょうがない。

実はそうした心がこの世界を戦争ばかりにしているのです。

ワタスの場合もフリーエネルギーが実現できるなら、家族なんてほっといていい。
本末転倒なことをやっていますた。

ワタスはこの世界はひとりひとりの集合意識が作り上げていると思っています。
現実はひとりひとりの心の波が作り上げている。
例えば、この我々の夜空に見える天体も。景色も。
ホログラムのようなものです。
人類の集合意識が変化すれば、また天体も変化する。

だから、ひとりひとりが安心して幸せな気持ちになれば我々の世界もそう変わる。
世界を変えたければ、大それたことをやる必要なんてない。

知人で落ち込んでる人や、寂しい思いをしてる人に優しく声をかけたり。
暗くなってる人を励まして、明るい気分にするだけの方が効果が断然大きい。

だからワタスももうちょっと落ち着こう。
もうバカげた忙しさはやめよう。
自分の家族をほったらかしで、何が社会運動だ。
あーやめやめ。

これからは、身近な人にほんのちょっと優しくする。
ひとりひとりが幸せな気持ちになれば、笑顔になれば。
そうすればそんなに頑張らなくても自然と嫌な存在、奴らは消えていく。

今から家族を笑わせる。
しばらく疎遠にしてた親類に電話をしてみる。
メールの返事を忘れてた人に今日送る。

コンビニ行った時。
レジの人にありがとうと笑顔で言おう。
ファミレスでウェイトレスさんに笑顔でありがとうと言おう。
ガソリンスタンドの店員さんにもそう言う。

そして、妻が作った食事を食べて。
おいしくかったよと言う。

ほんのちょっとの心の温かさの積み重ね。
まったく目立たない地味な親切。
実はとてつもないパワーを持つ。
たったひとりでもできること。

それがこの世を良くする方法。

ちょっと今日はそんな風に思いますた。

本当にありがとうございますた。

以上「黄金の金玉を知らないか?」より抜粋
*********************
何か正直でいい感じの人ですね~玉蔵さん!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で







COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. わたしも「大事なコトの為ならば子供が犠牲になるのは仕方ない」みたいな考え方ってヤダヨ人なんですよネ。

    「平和のため、国のため、人類の為なのだ!わかるな!」とかいって。

    子供にとって親に置き去り、見捨てられトラウマとかがひいては世の中、社会の諸悪の根源といっても過言ではない気がします。

    • うん、本当にそう思いますよ。以前、電車の中で、ぐずる子供に目もくれず、東洋医学の本を夢中で読んでるお母さんがいて、やっぱり目の前の現実を大切にと自戒しましたわ。

      • たぶんこの問題(嫉妬ジェラシーとか)は非常に根の深い、人類の誕生の経緯に関係しているコトと思われ、たとえエリートがパワーマネーグリッドを操作しなくなっても残ってしまう独占ヤキモチパワーグリッドとなってしまっているので、ワンワンワールド(ワンワールドを踏み台に到達する真のワンワールド)になった後だんだんと本質を理解、癒されていった結果、ニャンニャンワールドとなるというのが今のわたしの考えです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK