酵素カフェ

デイビッド・ボウイが予知した「オミクロン」と12月12日にシャットダウンされるCERNのゲート

ワクチン2回打っても、その効果は一月半で激減してしまうことを、

東京新聞の記者が身をもって「検査」した記事が12月6日付で出てました。

インボー&スピ系だけでなく、いくら専門家(医者)が言っても「デマ」にされてきましたが、

そろそろ大衆も茶番に気づいてきたので、こういった記事が掲載されるようになったのでしょうか?

ペルーラムさんの兄上は、2回目の接種後、抗体がグーンと上がった後から体調が悪くなったとのことですから、人工的に無理強いて抗体を作るのは、カラダにとって「毒」であるのは確かだと思われます。

そして多少の毒なら、排泄する「力」が人間にはあるわけですから、家族や友人が打ってしまったからといって悲観する必要もなく、それぞれの「自由」を尊重するのがナイスな対応だと思います。

さて、12月7日の清里高原は、あいにくの曇り空ですが、

朝の外気温が8度近くもあり、

今は冬用タイヤなしでも走行可能ですが、このところ気温の変動が激しいので、

明日はどうなるか・・分かりかねます。

昨日は霧が出ている中、甲府まで出て行き、

「チリンドロ」というオシャレなイタ飯屋でランチして、

甲府駅周辺を探索しましたが、山梨県の県庁所在地・甲府市の人口は約20万人で、

八王子市は57万人ですが、県庁所在地だけあって、探せばイイお店がありそうです!

探索で気に入ったのは、高台で眺望の良い舞鶴城公園で、昨日も曇り空でしたが、

晴れてれば、甲府盆地周辺の山々、富士山が一望出来ます。

そして、レンガ造りの山梨県議会の隣、山梨県防災新館1階に「山梨ジュエリーミュージアム」があり、
無料で、山梨で産出された水晶の原石などが見学出来て、なかなか楽しかったです。

水晶といえば、2009年、日本に帰国した直後のペルーの先生が「水晶」のことを言っていたことを思い出しますが、

ペルーの先生が探していた山梨の水晶は「花崗岩・ニニギ石」だったかもしれない!

鉱物にも含まれている水晶には、宇宙と繋がる何かが、あるのかもしれませんね。

今となっては、一緒にドライブして、探し周ったこと事態がイイ体験だったな〜 という感じですが、

最新のチャネリング情報によると、「世界全体が量子システムに繋がるには、2年から5年かかる」とのことで、それは大衆の準備次第とのことです!

質問: 経済のクラッシュが起きるのか?それともスムーズな移行になるのか?

答え:もう量子金融システムへの移行は完了している。今は試運転段階だ。ただ大衆がパニックにならない様に表面的には、しばらくは従来の銀行が存在して、何も変わっていない様にみえる。

Q(量子)デジタル・ウォレット、Qクレジットカード、Q-IDと接続するQデジタル通過などが今準備されている。Qphone とQラップトップなどのインフラストラクチャー(下部構造)が出てきたら、公に開始される。

これが開始されたら、マネーローンダリング、人身売買や麻薬の売買、汚職のためのお金の流れは停止される。

銀行やクレジットカードのローンの負債はなくなる。

今銀行の口座にある貯金はQデジタル・ウォレットに移行される。

いずれは銀行は全てなくなる。

税金も贅沢品以外には課金されない。

質問:退職金はどうなるのか?

答え:今後は、神の金(ゴールド)を生まれた時から死ぬまで与えられるので、「退職金」という言葉は死語になる。「シニア」等のラベルはなくなり、全員が年齢に関係なくCitizen of the World「世界の市民」と呼ばれるようになる。

https://blog.goo.ne.jp/truthseeker/e/458aa2909f4e66152e3e50cc00bef3f8

このスピ情報に注目したのは、「CERN」と「オミクロン」のことが出ていたからで、

ー 前回4つのマーキングポイントのうちの2つ目がCERN(欧州原子核研究機構)、スイスと出ましたが、CERNには、世界最大の大型ハドロン衝突型加速器 があります。これはスイスとフランスの境界の地下175m付近、ジュネーブ近郊にあり、円周28キロの機械、光速や音速よりも早く稼働するもの。(量子物理の研究もしている)

これが闇の組織の悪魔の儀式に使われていました。ここからダーク(ネガティブ)なエナジーを地球に取り込んでいたポータルだったのです。エナジー・ビーム兵器もここから発射されていたイメージを受け取りました。そのシステムがもうすぐ完全に解体されます。解体作業は、銀河宇宙連合も協力して、多種族の存在達が手伝ってくれている。

ー 「これはスピリチュアルな戦争であり、静かな戦争だが非常に多くの命を奪おうとする大きな戦争だ」と高次元の存在達が私に伝えて来た。

質問:いつ頃、解体作業は終わるのですか?

答え:2021年12月12日には、その地域に広がっているネガティブなダーク・エナジーは消去される。闇が使っていたポータルは全て閉鎖される。今後は、闇の組織がこの加速器を利用する事はない。善良な量子物理の研究にのみ使われる。

ー この機関にあった資金(通貨と金)を全て軍が今移動させている。そのためにこの地域周辺が道路も閉鎖されロックダウンになっている。今、このポータルの解体作業と資金の移送という2つの大きな事がスイスで起きている。

ー スイスの資金の移動が一つのマーカーだ。(オミクロンは、このミッションが実施開始された暗号なのかもしれませんね

ー 次は、英国での資金移動ミッションが起きて、最後が女王死去の報道となる。

(前回は、バイデンとカマラの退去劇ではないかとミシェルさんが予測していましたが、今週は新たな情報がダウンロードされて来て、その予測は違う様ですが、いずれにしても来年には、その退去劇も起きるのではないかと思います)

質問:英国が世界の軍のリーダーになっていくのですか?

答え:いいえ。リーダーは米国だが、英国も戦略の中で重要な政治的立場になる。量子金融システムへの移行における立場のことだ。量子金融システムへの移行への青信号という意味の重要なマーキング・ポイントになる。

ー 現在スイスが移行がもうじき完了する。次が英国。既に完了している国あるいは地域は、ニューヨーク、ジンバブエ、日本、香港、イラン、ロシアと南米だ。

ー カナダとオーストラリアでは、汚職や地下の掃除がまだ終わっていない。スターリンクとネサラ・ゲサラのテンプレートの基盤が整うのを待っている。

ー 青信号が出たからと言って、すぐに大衆が使えるようになるわけではない。まだQデバイスの登場など、課題が沢山あり数年かかる。2022年から2024年の間に開始されるであろう。

ー 2022年は、水瓶座の時代に入り、技術の時代になるので、テクノロジーの飛躍をみることになる。だから2022年から事は加速する。

ー 水面下では2022年から軍の法律が適用される事になるが、公式には発表されず、政治家達は、変わらず表面的に演技を続ける。

ー オーストリアとドイツのロックダウン解除が来年2月に起きたら、スイスでのミッションが完了したという事になる。

ー DAVOS(世界経済フォーラム)も例年は、スイスのこの地域で1月に開催されて来たが、2022年は開催中止となっている。クラウス・シュワブは、世界経済フォーラムの創設者であり、彼も例年は当然出席していた。世界のリーダー達が集まるフォーラムである。来年の開催中止の理由は、数名が脅迫を受けていて開催が危険となったとしているが、私(ミシェル)が受けた理由は、ここに出席する予定である多くが現在拘留中あるいは保護観察中であるからで、人類に対する犯罪の罪に関して裁判が始まるのを待っている状態だからだという事です。その中の二人の名前をもらいました。一人はジャスティン・トルドー(カナダ首相)、もう一人はクラウス・シュワブである。

https://blog.goo.ne.jp/truthseeker/e/458aa2909f4e66152e3e50cc00bef3f8

「CERN」は現実のことで、以前から気になってましたが、

使えなくなったCERNハドロン衝突型円形加速器と11月23日の新嘗祭

ニーステロとCERNがしたトンデモない事の日本への影響

2016年に逝去したデイビッド・ボウイが2000年を前に「オミクロン」を歌っていたのはビックリです!

Bowie Knew! BOWIE ~ OMIKRON ~ PROMO 1999

12月3日付け

デイビッド・ボウイは1999年にオミクロンという曲をリリースしていました。

以下はデイビッド・ボウイの1999年の新曲「オミクロン」のプロモーションビデオ
です。

ボウイの声:さあ、オミクロンというストレンジャーが登場したよ。オミクロンは
悪魔を征服するよ。昔々、私は君と同じように人間だった。悪魔が私のアパートに
突然現れ私と妻を殺害したんだ。君はこの次元に魂が囚われた最初のビデオゲーム
プレイヤーではない。
オミクロン、オミクロン、君はこれが来るとは思わなかった。。。
君の魂の生存が危機に瀕している。君の魂を救う唯一の方法はアスタロト
(Astaroth=ヨーロッパの伝承に伝わる悪魔の一人)を殺すことだ。
しかし彼がどこに隠れているのか誰も知らない。
女性の声:本当に怖かった。悪魔があなたを捕まえに来ているわ。
彼は怒り狂っている。
彼はあなたの魂が欲しいのよ。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52070726.html

インボーで殺された・・という噂もあるデイビッド・ボウイですが、

個人的にはボウイって「星の子」確定で、

地球に降り注ぐ新種の「微生物」とデヴィッド・ボウイのアンダー・プレッシャー

地球で存分に「体験」して69歳、「ロックの日」に帰還した・・って気がしており、

「デヴィッド・ボウイ-最後の5年間」を観て、晩年の彼はすごく謙虚なフツーの男性で、

2000年に娘さんが生まれてから特に、社会の問題に深く関心を寄せていたことがわかりました。

動物達が時として、何かを敏感に予知するように、

クリエーター達は時に、自身の肉体に「水晶」を持ってるかのように時代を先取りしますが、

デイビッド・ボウイが「オミクロンというストレンジャーが悪魔を征服するよ」と歌ったのは、実に興味深く、

そういえば、「12:12」ゲートの情報もありましたから、

TGC「12:12」ゲートの「双子座満月」と榛名神社の「足腰健康守」

先のチャネリング情報の、

「2021年12月12日には、その地域に広がっているネガティブなダーク・エナジーは消去される」

を、ちょっと期待しつつ、現実的な変化を見守りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK