酵素カフェ

アトランティス時代の3つの階層の病気の治し方と無能な上司のかわし方

アトランティス時代の3つの階層の病気の治し方と無能な上司のかわし方

シュタイナー教育で有名なルドルフ・シュタイナーは、あのヒットラーが、ひどく忌み嫌って抹殺したがってたそうです。で、このシュタイナーさん、「地球にはアトランティス期やレムリア期が実在した」と明言してるわけですが、

フラワーエッセンスの生みの親と呼ばれているエドワード・バッチ博士がシュタイナーの講演会に出ていたという説があり、なるほどと合点がいきました。

と言うのは、アトランティスの人々は3つの階層にわかれていて、それぞれお好みの病気の治し方があったそうです。

①純粋に物質主義的な人間は、アロパシーと呼ばれる今の現代医学
②物質的な科学と霊的な科学を統合する人間は、ホメオパシー医学
③どちらの医学ともはなれて霊的な道を選んでいった純粋に霊的な人たちは、フラワーエッセンスを利用し、それとよく調和した。

医者であるバッチ博士は、①と②を経由してフラワーエッセンスの道を選んだわけで、奥さんに先立たれ、自分もガンで余命わずかと宣告され、③の道を探求し始めたら、ガンはどこかに消えてしまったそうです。

アトランティス時代の何かを想い出したのかもね、シュタイナーさんのお話聞いて・・

さて、昨日7月15日、1ヶ月前に14歳で天使になったトイプードルの蘭ちゃんのために、長年お世話になったトリマーさんがお花を持ってきてくれました。
DSC_7308ブリリアントなお花に蘭ちゃん大喜び!DSC_7301
果報ものですね〜蘭ちゃん!

今、気づいたのだけど7月15日はお盆ですね。知らずして、この日の夕ご飯は、かぼちゃと茄子が中心の精進料理でした。

そういえば、彼女が入ってくる時、クレちゃんが玄関でお出迎えしたのはビックリ。IMG_1225ふつー、様子みてから出てくるのです。ひょっとして、蘭ちゃんも一緒にいたのかな?

長年犬を飼っていて、獣医よりトリマーさん選びの方が大切だと実感してます。定期的に3時間余りお世話になり、全身さわってもらうわけですからね。

で、このトリマーさん、知り合った頃はまだ20代で今は30代半ばなんだけど、見た目は全然年取ってない・・何か気を使っているのかと思いきや、仕事が忙しくて一日一食のことも多いそうです。

犬が好きでトリマーになっても、続けられる人は少ない中、今だに初心を維持してられるのは、何といっても愛情深いから。ペット業界でもペットを商売の道具とだけ見る人もいるようです。

彼女が長年勤務しているペットショップは、スーパーマーケットで言えば紀伊国屋みたいな老舗で、さすがに中国産ジャーキーは、置かないそうです。

老舗だけに、原産国を聞いてくるお客さんも多いそうで、まあ、いいことです。

しかし、それとは別に、やはり会社組織ならではの問題があるそうで、例えば、日本語もろくにしゃべれない中国人トリマーさんを教育しなくちゃならなくなったり・・

で、やっぱり中国の人って日本人と違って教えるのが大変、基本ベースが手前勝手らしい・・

幸いにもその中国人は辞めたのですが、今度は新しく来た店長さんが全くやる気がなく、お店のスタッフが皆迷惑しているそうです。

会社って、どーして、そうトンマな人事するんでしょうね〜

忙しい時に「お腹が痛い」とか「腰が痛い」で頻繁に休むそうで、店長の役割を果たさない。ベテランの彼女はサービス残業に明け暮れる毎日。

ワンコや猫ちゃんという生体を預かっている以上、スタッフが頑張ってる中、この店長が来てから士気が下がり続け、お客さんからも「最近、お店の雰囲気悪くない?」と言われたそうです。

そんな中、彼女はトリミング中、スコティッシュフォールドに噛まれて大出血。

スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドは、イギリスにその起源を有する、猫の一品種。スコットランドで発見された突然変異の猫の個体から発生したこの品種は、折れ曲がったその独特の耳を何よりも際立った特徴としている。
Wikipediaより
yjimageyjimage

年に2回しか来ない子だったそうですが、彼女には珍しいことです。結局、自分で消毒しただけで大事にはいたらなかったのですが、そんな時でも何ら対処せず、翌日は休んでしまった店長さんへのストレスが溜まっている彼女に、バッチフラワーを作ってあげました。

選んだのは、この5種類。

DSC_7322まずは残業続きで、かなりお疲れのようですからオリーブ。オリーブは身体的な疲労回復のためのエッセンスです。
DSC_7336DSC_7337このオリーブと、ホームビーンという精神的な疲労感、やる気のなさに使うレメディを合わせると夏バテにいいのですが、常にやる気のある彼女にホームビーンは必要なさそう・・店長さんに飲ませたいかも?

DSC_7338

お店というか、店長さんからの影響をかなり強く受けているようなのでクラブアップルとウォールナット。この組み合わせは、ちょっと霊感が強いというか、ヒーラー体質の人にいいのです。

お店の慢性的な状態に、どうやっても変わらないかも?的な、「あきらめ」の気分があるようなのでゴースも。ゴースは慢性病やガン宣告を受けた人が、本気で現状を変える力を与えてくれます。DSC_7335

何となく直感力にチコリが気になりました。チコリは自分では気づかずに子どもを密かにコントロールしちゃうようなお母さんによく使います。DSC_7333

トリマーの仕事自体は大好きだという彼女、まずは自分の気持ちを整えて、本社に直訴するなり、やれることをやればいいと思います。現場で働いてる人が大切にされない会社なら、見切りをつけてもいいかも?

実直な職人気質で、今まで特にバッチフラワーに興味を示さなかったのですが、今回はかなりまいっていたのか、積極的でした。アトランティスの霊的な人も好んだフラワーエッセンスの力で、使えない店長さんを吹き飛ばしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK